サイモン・ヘイル(Simon Hale、1964年 - )は、イギリス出身の作曲家編曲家、およびキーボーディスト

サイモン・ヘイル
Simon Hale
生誕 1964年(59 - 60歳)
出身地 イギリスの旗 イギリス
バーミンガム
ジャンル オーケストラ
オルタナティブ・ロック
ジャズ
職業 作曲家
ミュージシャン
担当楽器 ピアノキーボード
活動期間 1985年 - 現在
共同作業者 ダンカン・シーク英語版
ジャミロクワイ
ビョーク
イアン・ブラウン
ザ・ベイズ英語版
マッドネス
レイ・デイヴィス
公式サイト www.simonhale.co.uk

生い立ち 編集

1964年イギリスバーミンガムで生まれ、サウスマンチェスターとバーミンガムの2つの地で幼少期を送った[1]1982年ロンドンへ上京し、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジにて、1985年までポピュラー音楽について学んだ[2]

妻は、ソプラノ歌手クライア・ムーア英語版[3]。兄は、シャーデーのメンバー・アンドリュー・ヘイル

来歴 編集

ジャミロクワイビョークBTダンカン・シーク英語版マッドネスインコグニートスーパーグラスザ・ビューティフル・サウスジョージ・ベンソンシャルロット・チャーチロビン・ギブなどのアーティストの楽曲の編曲を手掛けたことで知られる。

編曲と同時に、映画『この世の果ての家』とブロードウェイミュージカル春のめざめ』のために書き下ろされたダンカン・シークの楽曲のオーケストラ・アレンジメントも手掛けた。後者は、2007年第61回トニー賞で、「ベスト・オーケストレーション」を含む8部門での受賞を果たしている[4][5]

なお、キャストレコーディング音源は、2008年第50回グラミー賞にて、「最優秀ミュージカルアルバム賞」を獲得した。ヘイルは、自身の作品を1994年にリリースしている。『イースト・フィフティーン』と銘打ったこのアルバムは、ピアノトランペット/フリューゲル・ホーンテナー・サックスパーカッションストリングスなどの演奏曲が収録されている。

2008年1月にリヴァプールフィルハーモニーホール英語版で行われたフレッシュフェスティバルでは、ザ・ベイズ英語版とともにパフォーマンスで参加。コンサートは、ヘイルとジョン・メトカルフ英語版によってほぼ全編ステージで即興で演奏された[6]2009年には、オーストラリアの歌手ティナ・アリーナの7作目のスタジオアルバムで1作目のカバーアルバムでもある、『Song of Love & Loss』でオーケストラを手掛けた。

また、リンカーン・センターミュージカル作品『神経衰弱ぎりぎりの女たち』でも管弦楽の編曲を担当。2010年11月4日ブロードウェイの「べラスコ劇場」で公開された[7]。同作品は、2011年5月にドラマ・デスク・アワード「編曲賞」にノミネートされた[8]。また、2011年6月に行われたメルトダウン・フェスティバル英語版では、ロイヤル・フェスティバル・ホールでのレイ・デイヴィスのパフォーマンスでコーラス・アレンジを手掛けた。

2012年6月には日本武道館で開催された布袋寅泰の『GREATEST SUPER LIVE GUITAR×SYMPHONY HOTEI with THE ORCHESTRA World Premiere』に指揮者およびピアニストとして参加し、東京ニューシティ管弦楽団とも共演した。

兄のアンドリュー・ヘイルと共に共同で制作したゲームソフト「L.A.ノワール」のサウンドトラックでは、ピアノ演奏や編曲、レコーディングでの指揮も担当した。同作は、英国アカデミー賞「最優秀音楽賞」を受賞した[9][10]。その他にも、2011年の末にはスティーヴン・ソンドハイムシェフィールドの劇場での新作品で編曲を担当[11]2014年夏にボストンで開催され翌2015年にはブロードウェイにも登場した、ミュージカル『ファインディング・ネバーランドの編曲も手掛けた。

2015年には、自身が参加したサム・スミスのアルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』でグラミー賞にノミネートされたほか、映画『007 スペクター』のサム・スミスの主題歌「ライティングズ・オン・ザ・ウォール」でも編曲を手掛けた。2019年には、第73回トニー賞で、自身が編曲を手掛けたミュージカル『トッツィー』が「最優秀編曲賞」にノミネートされた。

2016年宇多田ヒカルのアルバム『Fantome』にストリングスアレンジで参加。次作『初恋』にも加わった[12]

2020年には、Mr.Childrenの20枚目のアルバム『SOUNDTRACKS』にも、20年来の付き合いだというスティーヴ・フィッツモーリスとともに参加した[13][14]2022年にはベスト・アルバム『Mr.Children 2015-2021 & NOW』収録曲「生きろ」[15]に参加。

作品 編集

  • 『East Fifteen』(1994年)

プロデュース作品 編集

編曲 編集

参加作品 編集

脚注 編集

  1. ^ Simon Hale”. Discogs. 2020年10月17日閲覧。
  2. ^ Profile of Simon Hale at Goldsmith's College
  3. ^ Cotswold news & latest information | Cotswold Life”. Oxfordshire-life.co.uk. 2014年6月23日閲覧。
  4. ^ [1] Archived 12 October 2007 at the Wayback Machine.
  5. ^ Gill, Andy (2007年9月21日). “Simon Hale”. The Independent (London). オリジナルの2011年8月19日時点におけるアーカイブ。. http://archive.wikiwix.com/cache/20110819102705/http://arts.independent.co.uk/music/reviews/article2984243.ece 
  6. ^ Wyse, Pascal (2008年1月4日). “It's totally liberating. And scary as hell”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/music/2008/jan/04/jazz.urban 
  7. ^ Lincoln Center Theater : Women on the Verge of a Nervous Breakdown”. Lct.org. 2014年6月23日閲覧。
  8. ^ Archived copy”. 2011年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月5日閲覧。
  9. ^ Explore the Awards | BAFTA Awards”. Bafta.org. 2014年6月23日閲覧。
  10. ^ Rosenberg, Adam. “'L.A. Noire' Five-Movement Soundtrack Draws Heavily from Film Noir | Adam Rosenberg”. Rolling Stone. 2014年6月23日閲覧。
  11. ^ Archived copy”. 2011年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月22日閲覧。
  12. ^ Utada Hikaru - 初恋”. 2018年6月23日閲覧。
  13. ^ 宇多田ヒカルのニューアルバム『初恋』を手掛けたグラミー受賞エンジニア、スティーヴ・フィッツモーリスが語る『初恋』の音作り ”. mora (2018年6月27日). 2020年10月17日閲覧。
  14. ^ Mr.Children、全曲海外レコーディングで制作したニューアルバム『SOUNDTRACKS』を12月にリリース”. Yahoo Japan News (2020年10月1日). 2020年10月17日閲覧。
  15. ^ Mr.Children、森本千絵制作の「生きろ」MVで音楽を通して生きる意志に触れる”. 音楽ナタリー (2022年5月10日). 2022年5月10日閲覧。

外部リンク 編集