メインメニューを開く
鉄道駅に見られるサインシステムの例(東京駅、2009年2月)

サインシステムとは、鉄道駅商業施設などの公共施設等に設置される案内標識(案内サイン)の体系

特に公的機関が公共空間に設置する地理や方向、施設の位置等に関した情報を提供する媒体としての標識、地図、案内誘導板等の総称を公共サインという[1]。本項では主に公共サインのサインシステムについて述べる。

概要編集

万人に向けた適切な情報伝達をめざしピクトグラムなどを組み合わせてわかりやすい誘導を促す。サインマニュアルと呼ばれる設置基準などを定め、基準に沿ってデザインされた案内標が通路の天井部や壁面等に設置されていることが多い。一般には、駅の出入口に設置されている緑色標識や、出口を表す黄色い標識、路線を表すラインカラーの標識等がそうである。

歴史編集

サインシステムの種類編集

案内サイン
一定範囲内の施設の位置などを告知するためのサイン(地図など)[1]
誘導サイン
施設の位置する方向やルートを告知するための、名称、矢印、ピクトグラム、距離などを表示するサイン[1]
記名サイン
施設の名称を告知するため施設名やピクトグラムなどを表示したサイン[1]
説明サイン
施設や地域資源に関する情報などを説明するサイン[1]
規制サイン
禁煙など利用者の一定の行動を抑制するためのサイン[1]

サインシステムのデザイン編集

サインシステムのデザインの要素には、サインの大きさや形状、文字の書体(フォント)、文字の大きさ、ピクトグラム、色彩、素材などがある[1]

デザインの要素編集

ピクトグラム
ピクトグラムは抽象化、単純化された絵文字等で表現される視覚言語の一つで、文字と同じく理解には学習または慣れが必要であり、図記号の普及度により情報伝達に差が生じる[1]。案内用の図記号は日本では絵文字、絵表示、マーク、アイコンなどと呼ばれることもある[2]。また、欧米ではピクトグラムのほか、アイソタイプ、ピクトグラフ、サイン、シンボルなどと呼ばれる[2]
フォント
かつてはゴシック4550のようにサイン用の専用フォントが設計されることもあったが、現在では新ゴなど一般的なフォントが利用されることが多い。

ISOの案内用図記号編集

国際的には国際標準化機構(ISO)による案内用図記号(グラフィカルシンボル)の標準化が行われており「ISO 7001 案内用図記号」に定められている[2]

JISの案内用図記号編集

日本では2002年3月、JIS規格に「JIS Z 8210 案内用図記号」が定められた[2]

東日本旅客鉄道での例編集

 
ピクトグラムやカラフルな色遣い、大きな番線表示などが工夫されているJR東日本が設置する最新のサイン。(JR東日本・JR東海東京駅、2009年8月)

東日本旅客鉄道(JR東日本)は、日本で一番大きな規模の鉄道会社であり、無数のを抱えている。サインシステムを大規模に導入しており、現在ではJR東日本のほぼすべての営業区域で基本的には同じサインが見られるようになっている。

1990年に初めて体系的なサインマニュアルが制定された後、いろいろな過程を辿って現在のものになっており、最近では2007年に大きく改訂されている。徐々に新しいサインが導入されているが、現在は各世代のサインが入り混じっている。

日本語に新ゴ M(当初はゴナ)、欧文にHelvetica及びFrutigerが使用され、標準案内用図記号によるピクトグラムが使用されている。また、近年ではLED式の電照による案内板も設置され始めている。

国鉄時代のサイン

国鉄では、鉄道掲示基準規程による全国的なサインの統一が図られていた。しかし、この規程はサインそのものに対する曖昧なデザインの指定であり、サインの設置場所やサインの内容までは厳密に規定していなかった。国鉄分割民営化とともに、各会社で鉄道掲示基準規程を引き継いだが、その後、JR各社で新しいサインシステムが開発・採用されていった。

新宿駅のサイン

JR東日本の独自のサインシステム導入は、1989年の新宿駅サイン計画から始まる。 1988年から1989年にかけて、デザイン事務所GKグラフィックスにより全面的に新宿駅のサインが企画された。和文書体にゴナを使用したこのサインは、各路線のラインカラーを全面に生かして設計された。出口系統の表示は背景を黄色にするなど、客が直感的に理解できるような工夫が多く盛り込まれた。

最初のデザインマニュアル(1990〜)

1990年には、その成果を生かしたJR東日本デザインマニュアルが作成された。これにより、駅や電車のサインを含めたデザインが規定され、以後JR東日本のサインシステムはこのマニュアルに準拠することとなった。 しかし、広大な営業区域を擁するゆえに、この時期のサインにはJR東日本の支社によって細部が異なるデザインが散見される。

 
ピクトグラム、4ヶ国語表記が見られる1世代前の蛍光灯内照式サイン。(東京駅、2009年8月)
サインマニュアルの制定(2001〜)

1990年代が終わるにかけて、デザインマニュアルに則ったサインの整備はさまざまな問題に直面した。ユニバーサルデザインの上で、文字の表記やピクトグラムの活用が必要となってきたのである。 2001年には、デザインマニュアルは大幅に改訂され、2年をかけて新たにサインに特化した「案内サインマニュアル」が制定された。この改訂によって、今日ではJIS規格化されている標準案内用図記号がサイン全般に導入された。

また、2002年には、日本で開催された2002 FIFAワールドカップの影響を受け、新しく日英中韓の4カ国語表示を規定している。

 
現行サインシステムの例。LED内照式が使われており、各目標物毎に矢印がつけられている(東京駅、2009年8月)
サインマニュアルの改訂(2007〜)

そして近年では、2007年に案内サインマニュアルが大きく改訂されている。JR東日本の5年にわたる調査研究により、サイン自体のデザインが大きく変更された。 特に客を誘導するサインの中の矢印の付け方が大きく変わったのが特徴である。目標物の表示と矢印が離れすぎている場合を解消するため、この改訂では各目標物毎に太線で区切り、それぞれに矢印が付けられている。

また、このころより、LED照明式サインという新しいタイプのサインが導入されている。LED照明を利用しているため従来のものより薄型であり明るい。さらに、蛍光灯のように明るさにムラがなく寿命も長く、各駅で導入が進んでいる。

出典編集

参考文献編集

関連項目編集