メインメニューを開く
ミュンヘンドイツ)のサウナ
サウナ風呂へ向かう、水着を着用した男女(フィンランド

サウナ風呂(サウナぶろ)、または略して単にサウナ: Sauna)とは、フィンランド式の蒸し風呂

構造と入浴法編集

空気を高温にしたサウナ室に全又は水着、もしくはタオル着用で入って身体を温めて、をかく。室内に入る前や途中、上がる際に水風呂に入ったり、シャワーを浴びたりして身体を冷やすとともに(温冷交代浴)、汗や汚れを落とす。本場のフィンランドでは屋外に出て冷気に身を晒したり、自然の湖に入ったりすることもある。サウナ室内の設定温度は60度程度から100度程度まである。

乾式と、フィンランド式サウナ(ロウリュ)、スチームバス、ミストサウナなど湿式がある。日本古来のかま風呂や、温泉の蒸気を利用した蒸し湯なども湿式サウナの一種である。

 
サウナ風呂内部

乾式の場合、室温は80~100もあるが、乾燥しているため火傷の心配がない。ただし、金属性の装身具を身体に装着すると、過熱し危険である。また、壁に触れると低温やけどを起こすことがある。呼吸は、内臓に悪影響が懸念され、呼吸が推奨される。

乾式サウナで濡れたタオルを室内で絞ると、室内に水蒸気を発生し、熱伝導率が高まり熱く感じる。これは水蒸気が空気の300倍の熱伝導率を有するためである。

サウナ室内に置かれた熱した石に水をかけて発生した水蒸気を浴びる「ロウリュ」、白樺の葉付きの枝で身体を叩いて血行を促進する「ヴィヒタ」といった習慣もある[1]

発祥編集

蒸し風呂の文化は古来、日本を含む世界各地にあった。古代ローマ帝国テピダリウム(微湿浴室)とラコニクム(発汗室)、オスマン帝国などイスラム教圏のハマム、ロシアバーニャメキシコのテメスカル、朝鮮半島の汗蒸などである[2]

このうちサウナの発祥はフィンランドとされる。1000年以上の歴史があり、フィンランドの多くの家庭にサウナがあり、総数は約550万人の人口に対して約300万とする推計もある。

 
湖畔にあるフィンランドのサウナ小屋

日本への普及編集

日本では1964年東京オリンピック後に普及した。マッサージ、熱した薬草香油の薫りを浴びさせるアロマテラピーサウナ、マッサージや美容サービスなどと組み合わせた施設もある[1]

大型ホテル・旅館の共同浴場、健康ランドスーパー銭湯カプセルホテルスポーツクラブなどに多く設置されている。近年では一般的な規模の銭湯でも小さなサウナ室を併設していることろも増えている。また、単独でサウナと称している施設もあり、それらの中には簡易な宿泊施設として利用できるものもある。北欧と違い男女混浴であることはない。

日本のサウナ大使は2名、長嶋茂雄とマンガ家のタナカカツキである。

サウナにおける裸編集

北欧ドイツなどにはサウナが町の随所にあるが、そのような、例えばフィンランドやドイツのホテルに併設されているような物では、全混浴は、ごく一般的なことであり、習慣としてとらえる人がほとんどである。それらの国においても、例外なく全員が全でサウナに入るわけでなく、自宅であるか、あるいは親しい間柄の人かなどの理由で、水着やタオルなどを着用する場合もある[3]

サウナを使用後、には、全のままに飛び込ぶ全裸水泳(スキニー・ディップ)を、には、全面凍った海に開けられた穴に全で飛び込み泳ぐアイススイミングを行うことが楽しまれている[4]

家庭用サウナ編集

 
小型の家庭用サウナ(神戸メディケア製)

家庭で使用するサウナで、少人数用が主流を占め、遠赤外線ミストサウナなどもあり、多くのメーカーが発売している[5]

その他編集

フィンランドヘルシンキをはじめ、サウナが普及しているや地域では動画共有サイト『YouTube』に利用方法をまとめた動画[6]や体験記を投稿している人が多い。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集