サウラブ・シュクラ

サウラブ・シュクラ(Saurabh Shukla、1963年3月5日 - )は、インドボリウッドで活動する俳優映画監督。代表作には『Satya』『バルフィ! 人生に唄えば英語版』『Jolly LLB』『Kick』『PK』『Jolly LLB 2』『Raid』があり、2014年にナショナル・フィルム・アワード 最優秀助演男優賞英語版を受賞した[1]

サウラブ・シュクラ
Saurabh Shukla
Saurabh Shukla
ダーダーサーハバ・パールケー映画財団賞授賞式に出席するサウラブ・シュクラ(2019年)
生年月日 (1963-03-05) 1963年3月5日(58歳)
出生地 インドの旗 インド ウッタル・プラデーシュ州ゴーラクプル
職業 俳優映画監督脚本家
活動期間 1984年 -
テンプレートを表示

キャリア編集

1984年に劇団に入団し、1986年から『A View from the Bridge』『Look Back in Anger』『Ghashiram Kotwal』などの作品に出演した。1991年に国立演劇学校英語版に入学して演劇を学び、1994年にシェーカル・カプールの『女盗賊プーラン』に出演して最初のブレイクを果たした。同年にテレビシリーズ『Tehkikaat』に出演してヴィジャイ・アナンド英語版の相棒役を演じ、1997年の『9 Malabar Hill』では脚本も手掛けている。

1998年にラーム・ゴーパール・ヴァルマ英語版の『Satya』で共同脚本とギャング役を務め、キャリアの転機を迎えた[2]。同作ではスター・スクリーン・アワード 最優秀脚本賞英語版アヌラーグ・カシャップ英語版と同時受賞している。2008年に『スラムドッグ$ミリオネア』に出演し、2013年にはアヌラーグ・バス英語版の『バルフィ! 人生に唄えば英語版』に出演して再び注目を集め、「アヌラーグとランビール・カプールは私を生き返らせてくれました」と語っている[3]

主なフィルモグラフィ編集

出演編集

 
第61回ナショナル・フィルム・アワード英語版授賞式で最優秀助演男優賞を受賞するサウラブ・シュクラ

製作編集

出典編集

  1. ^ 61st National Film Awards For 2013”. Directorate of Film Festivals (2014年4月16日). 2014年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月16日閲覧。
  2. ^ Beyond Kallu Mama
  3. ^ Sharma, Sampada (2018年3月5日). “From gaining popularity as a credible actor to winning a National Award, Saurabh Shukla’s journey has been tremendous”. The Indian Express. http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/saurabh-shukla-kallu-mama-jolly-llb-5085421/ 2018年3月5日閲覧。 

外部リンク編集