メインメニューを開く

サガスSagace1980年 - 1989年)はフランス競走馬種牡馬である。1984年凱旋門賞優勝馬。翌年も凱旋門賞で1位入線したが、2着に降着となった。

サガス
欧字表記 Sagace
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1980年
死没 1989年
Luthier
Seneca
母の父 Chaparral
生国 フランスの旗 フランス
生産 Daniel Widenstein
馬主 Daniel Widenstein
調教師 Patrick-Louis Biancone(フランス
競走成績
生涯成績 13戦8勝
テンプレートを表示

目次

戦歴編集

1983年にデビューし、3戦目で初勝利。続くニエル賞に勝ち、凱旋門賞へと出走するが11着に敗れた。生涯で2着以内に入れなかったのはこの1度のみである。1984年ガネー賞で2着、前哨戦のフォワ賞に勝ち凱旋門賞へ出走、ノーザントリックを2馬身抑え優勝した。翌1985年はガネー賞、イスパーン賞とG1を連勝。フォワ賞にも勝ち3年連続で凱旋門賞へと出走、レインボウクエストを抑えて1位で入線した。連覇かと思われたが、レース中にサガスがレインボウクエストの進路を妨害したとして2着に降着となった。このレースを最後に引退、種牡馬となった。

引退後編集

アメリカ種牡馬入りしたが、1989年に9歳の若さで夭逝、わずか3世代しか産駒を残すことは出来なかった。その少ない産駒の中からブリーダーズカップ・クラシック優勝馬アルカングや、凱旋門賞馬サガミックスの母サガネカを輩出している。

血統表編集

サガス血統(リュティエ系(トウルビヨン系) / Coronach 4×5=9.38%、Brantome 4×5=9.38%、Blandford 5×5=6.25%) (血統表の出典)

Luthier
1965 黒鹿毛
父の父
Klairon
1952 栗毛
Clarion Djebel
Columba
Kalmia Kantar
Sweet Lavender
父の母
Flute Enchantee
1950 鹿毛
Cranach Coronach
Reine Isaure
Montagnana Brantome
Mauretania

Seneca
1973 鹿毛
Chaparral
1966 鹿毛
Val de Loir Vieux Manoir
Vali
Niccolina Niccolo Dell'Arca
Light Sentence
母の母
Schonbrun
1966 鹿毛
Pantheon Borealis
Palazzo
Scheherezade Ticino
Schwarzblaurot F-No.16-c

父リュティエはフランス産の競走馬で、ジャック・ル・マロワ賞などに勝利、種牡馬としても成功を収めた名馬。牝系はSラインと言われるドイツの名門牝系であり、スリップアンカーエプソムダービー)、ザグレブアイリッシュダービー)、スタイヴァザント(ドイチェスダービー)、日本ではビワハイジマンハッタンカフェがこの牝系に属している。

外部リンク編集