メインメニューを開く

サクソンウォリアー(英:Saxon Warrior[1])は、日本生産、アイルランド調教の競走馬種牡馬。主な勝ち鞍は2018年2000ギニー(GI)、2017年レーシングポストトロフィー(GI)。

サクソンウォリアー
Owner Mr Derrick Smith.svg
デリック・スミスの勝負服
欧字表記 Saxon Warrior[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2015年1月26日(4歳)
ディープインパクト
メイビー
母の父 Galileo
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
Orpendale, Chelston & Wynatt[2]
馬主 Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor[2]
調教師 エイダン・オブライエンアイルランド[2]
競走成績
生涯成績 9戦4勝
獲得賞金 1,323,030.92[3]
 
勝ち鞍
GI 2000ギニー 2018年
GI レーシングポストトロフィー 2017年
GII ベレスフォードステークス 2017年
テンプレートを表示

目次

戦績編集

デビュー前編集

アイルランドのクールモアスタッドディープインパクトの血を求めて2011年のカルティエ賞最優秀2歳牝馬メイビー(Maybe)を日本に送り[4]2015年1月26日に北海道安平町ノーザンファームで誕生したのがサクソンウォリアーである[1][5]。離乳後の同年10月にアイルランドへ渡った[6]

なお、生まれはノーザンファームであるが、日本国外では繁殖牝馬の所有者を生産者とするのが一般的であるため、ノーザンファームによる生産とはされていない[7]

2歳(2017年)編集

アイルランドの名門エイダン・オブライエン厩舎の所属となる。8月にカラ競馬場での新馬戦でデビューし、父譲りの末脚を発揮して初陣を飾る。2戦目のベアスフォードステークス(GII)ではライアン・ムーアが手綱を取り、デビューからの2連勝で重賞初制覇となった。3戦目はイギリスドンカスター競馬場で行われるレーシングポストトロフィー(GI)に出走。これまでの2戦とは一転して逃げの手に出て、直線でロアリングライオンに一旦は交わされながらも差し返す勝負根性を見せ、無傷の3連勝でGI初制覇を果たした。この勝利により、イギリスの主要ブックメーカーは揃ってサクソンウォリアーを2018年の英ダービー(GI)の1番人気に推した[4]

3歳(2018年)編集

年明け初戦となった2000ギニーではケンタッキーダービーに騎乗するムーアに代わってドナカ・オブライエンが手綱を取り、デビュー4連勝でのクラシック制覇を果たした。日本生産馬としては初のイギリスクラシック制覇となった[8]。この勝利は、エイダン・オブライエン調教師にイギリスクラシック三冠(2000ギニー、英ダービー英セントレジャー)を意識させたほどであった[9]。無敗の二冠制覇を目指して出走した英ダービーでは圧倒的1番人気に支持されるが、中団追走から直線で伸びきれずマサーの4着に敗れた[10]

愛ダービーでも圧倒的1番人気に支持されるが、先行する二頭を捕まえられず3着に敗退する[11]。ここで陣営は距離短縮を決断し、中6日でエクリプスステークスに出走。英ダービー馬マサーが出走を取り消して7頭立てとなり、1番人気に支持されたがゴール前でロアリングライオンの強襲に遭い、クビ差の2着に惜敗した[12]インターナショナルステークスでもロアリングライオンの後塵を拝し、格下のサンダリングブルーにも交わされ4着に敗れた[13]。9月15日のアイリッシュチャンピオンステークスでは好位追走から一旦は先頭に立つも、またもロアリングライオンに交わされ2着となった。続く一戦には2000ギニー以来のマイル戦となるクイーンエリザベス2世ステークスが予定されていたが、アイリッシュチャンピオンステークスの直後に屈腱炎が判明して引退、種牡馬入りが決まった[14][9]

現役引退にあたり、エイダン・オブライエン調教師は、2000ギニー後に中長距離路線を選択したことについて「たぶん、私の失敗だったと思います。私は彼をマイル(の距離)で使い続ければよかったのかもしれません」とアイルランド放送協会のインタビューで語っている[9]。主戦騎手のライアン・ムーアも、「最も悲しいのは彼がマイル戦を走ることを見ることができなくなったことです」とコメントした[15]

競走成績編集

以下の内容は、Irish Racing.com[3]の情報に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2017.08.27 カラ 未勝利 芝8f 1着 D.オブライエン 3馬身1/4 (Meagher's Flag)
0000.09.24 ナース ベレスフォードステークス G2 芝8f 1着 R.ムーア 2馬身1/2 (Delano Roosevelt)
0000.10.28 ドンカスター レーシングポストトロフィー G1 芝8f 1着 R.ムーア クビ Roaring Lion
2018.05.05 ニューマーケット 英2000ギニー G1 芝8f 1着 D.オブライエン 1馬身1/2 (Tip Two Win)
0000.06.02 エプソム 英ダービー G1 芝12f 4着 R.ムーア 4馬身1/2 Masar
0000.06.30 カラ 愛ダービー G1 芝12f 3着 R.ムーア 3/4馬身 Latrobe
0000.07.07 サンダウン エクリプスステークス G1 芝10f 2着 D.オブライエン クビ Roaring Lion
0000.08.22 ヨーク インターナショナルステークス G1 芝10f 4着 R.ムーア 5馬身 Roaring Lion
0000.09.15 レパーズタウン 愛チャンピオンステークス G1 芝10f 2着 R.ムーア クビ Roaring Lion

種牡馬時代編集

2019年からアイルランドクールモアスタッドで種牡馬入りする。初年度の種付け料は3万ユーロで、クールモアスタッドの新種牡馬5頭の中では最も高額の値付けとなった[16]。同年のシーズンオフからはオーストラリアでもシャトル供用される。

血統表編集

サクソンウォリアー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系
[§ 2]

ディープインパクト
2002 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ウインドインハーヘア
Wind in Her Hair
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere

*メイビー
Maybe
2009 鹿毛
Galileo
1998 鹿毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Urban Sea Miswaki
Allegretta
母の母
Sumora
2002 鹿毛
*デインヒル Danzig
Razyana
Rain Flower Indian Ridge
Rose of Jericho
母系(F-No.) 1号族(FN:1-t) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer5×4×5=12.50%、 [§ 4]
出典
  1. ^ サクソンウォリアー 5代血統表2018年5月5日閲覧
  2. ^ サクソンウォリアー 5代血統表2018年5月5日閲覧
  3. ^ サクソンウォリアー 5代血統表2018年5月5日閲覧
  4. ^ サクソンウォリアー 5代血統表2018年5月5日閲覧


出典編集

  1. ^ a b c サクソンウォリアー|JBISサーチ(JBIS-Search)
  2. ^ a b c Saxon Warrior | Race Record & Form Racing Post. 2018年5月5日閲覧
  3. ^ a b Saxon Warrior (JPN). Irish Racing.com. 2018年9月18日閲覧
  4. ^ a b 奥野庸介. 来年の英ダービー、主役はディープの子供/コラム. 日刊スポーツ(2017年12月26日付). 2018年5月5日閲覧
  5. ^ コラム|TOKYO THOROUGHBRED CLUB. OFFICAL SITE. 2018年5月5日閲覧
  6. ^ 合田直弘. ディープインパクト産駒サクソンウォリアーが愛G2制し2018年英ダービー1番人気に. netkeiba.com(2017年9月25日付). 2018年5月8日閲覧
  7. ^ ディープ産駒、日英仏3カ国制覇なるか/英ダービー. 日刊スポーツ(2018年5月29日付). 2018年6月3日閲覧
  8. ^ 日本産馬初!サクソンウォリアー、英クラシック制覇. サンケイスポーツ(2018年5月6日付). 2018年5月8日閲覧
  9. ^ a b c [オブライエン師、引退サクソンに英3冠期待していた https://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=201809180000491&year=2018&month=9&day=18]. nikkansport.com(2018年9月18日付). 2018年9月18日閲覧
  10. ^ 【英ダービー】ディープ産駒サクソンウォリアー敗れる ゴドルフィンのマサーが巻き返しV. netkeiba.com(2018年6月3日付). 2018年6月3日閲覧
  11. ^ サクソンウォリアー3着も師は「満足」/愛ダービー. ニッカンスポーツ(2018年7月1日付). 2018年7月10日閲覧
  12. ^ 【英・エクリプスS】ロアリングライオンがG1初勝利! 連闘サクソンウォリアーわずか及ばず2着. netkeiba.com(2018年7月7日付). 2018年7月10日閲覧
  13. ^ 【英GI】2番人気ロアリングライオンV. サンケイスポーツ(2018年8月24日付). 2018年8月26日閲覧
  14. ^ 【愛チャンピオンS】ディープ産駒サクソンウォリアー 2着も腱の損傷で電撃引退サンケイスポーツ、2018年9月16日公開 2018年9月17日閲覧
  15. ^ サクソンウォリアー引退にムーア「すごく残念」. nikkansport.com(2018年9月18日付). 2018年9月18日閲覧
  16. ^ 愛のディープ産駒サクソンウォリアー種付け料発表. 日刊スポーツ(2018年11月9日付). 2018年11月11日閲覧

外部リンク編集