メインメニューを開く

サクラショウリとは日本競走馬である。名種牡馬パーソロンが送り出した初めての牡馬クラシックホースであり、おもな勝ち鞍に1978年東京優駿(日本ダービー)1979年宝塚記念があるほか、1978年優駿賞最優秀4歳牡馬を受賞した。種牡馬としてもサクラスターオーなどを出した。主戦騎手は小島太

  • 馬齢については原則旧表記(数え年)とする。
サクラショウリ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1975年3月1日
死没 1999年2月7日(24歳没)
パーソロン
シリネラ
母の父 フォルティノ
生国 日本の旗 日本千葉県成田市
生産 シンボリ牧場
馬主 (株)さくらコマース
調教師 久保田彦之(美浦
競走成績
生涯成績 24戦8勝
獲得賞金 3億360万8000円
テンプレートを表示

戦績編集

デビュー4戦目に勝ち上がり、朝日杯3歳ステークス3着で3歳時を終えた。

4歳時は京成杯3着・東京4歳ステークス1着・弥生賞2着・皐月賞3着と勝ち切ることは少なかったものの常に好走を続ける。そして臨んだ日本ダービーでは2番人気となり、アグネスホープを半馬身差抑えて勝利した[1]。秋になってセントライト記念1着・京都新聞杯2着で挑んだ菊花賞では、単枠指定の1番人気に推されたが、インターグシケンの5着に敗れ、クラシックを終えた。暮れの有馬記念も5着。

古馬になってからはアメリカジョッキークラブカップ目黒記念宝塚記念に勝つなど活躍。しかし秋になってからは精彩を欠き、着順こそ悪くないものの勝ち馬に離されるレースが続く。6歳のアメリカジョッキークラブカップも4着に完敗。さらに続く目黒記念を大敗、これを契機に引退した。

通算成績は24戦8勝。掲示板を外したのは5歳時の有馬記念と引退レースとなった目黒記念のみと、負けたレースでも常に好走を続けた。

引退後編集

引退後は種牡馬となり、二冠馬サクラスターオーやサムソンビッグきさらぎ賞)、サクラトモエオー(ジュニアカップ)、アスカクラウン(ダイヤモンドステークス2着)らを輩出したが気性の悪い産駒が多く、全体的には低調だった。サクラスターオーは父が獲れなかった皐月賞と菊花賞を勝ち、親子で3冠を獲得する形になっている。

代表産駒であるサクラスターオーがレース中のアクシデントで早逝してしまったため、同じ父親を持つメジロアサマメジロティターンを、シンボリルドルフトウカイテイオーを輩出しているが、本馬は最後まで後継種牡馬には恵まれなかった。

1995年には種牡馬からも引退。新和牧場で余生を送っていたが、1999年に老衰のため死亡した。

主な産駒編集

母の父としてのおもな産駒編集

血統編集

サクラショウリ血統トウルビヨン系 / Avena、Choclo 4×4=12.50%、Tourbillon 5×5=6.25% (血統表の出典)

* パーソロン
Partholon
1960 鹿毛
父の父
Milesian
1953 鹿毛
My Babu Djebel
Perfume
Oatflake Coup de Lyon
Avena
父の母
Paleo
1953 鹿毛
Pharis Pharos
Carissima
Calonice Abjer
Coronis

* シリネラ
Shirinella
1968 芦毛
* フォルティノ
Fortino
1959 芦毛
Grey Sovereign Nasrullah
Kong
Ranavalo Relic
Navarra
母の母
Shirini
1961 青毛
Tehran Bois Roussel
Stafaralla
Confection Fun Fair
Choclo F-No.22-a

脚注編集

  1. ^ この勝利はシンボリ牧場生産馬初の東京優駿(日本ダービー)制覇となり、2着のアグネスホープもシンボリ牧場生産馬だった。

外部リンク編集