メインメニューを開く

サクラメガワンダー日本競走馬。近親には天皇賞優勝馬サクラチトセオーエリザベス女王杯優勝馬サクラキャンドルがいる。おもな勝ち鞍はラジオたんぱ杯2歳ステークス鳴尾記念2回、金鯱賞。馬名の由来は冠名サクラに母の名前の一部「メガ」と父グラスワンダーの名前の一部「ワンダー」を組み合わせたもの。

サクラメガワンダー
Sakura Megawonder 20061029R1.jpg
2006年10月29日 東京競馬場
欧字表記 Sakura Mega Wonder
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2003年3月25日(16歳)
グラスワンダー
サクラメガ
母の父 サンデーサイレンス
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 新和牧場
馬主 (株)さくらコマース
調教師 友道康夫栗東
競走成績
生涯成績 29戦7勝
獲得賞金 4億2009万4000円
テンプレートを表示

7勝すべてを地元関西で挙げている。

戦績編集

2歳編集

2005年7月の2歳新馬でデビューし、4着。8月の未勝利戦では上がり3F32秒9の末脚を見せるも、サイレントプライドに敗れ2着。11月の未勝利戦で3戦目にして初勝利を挙げると、次走エリカ賞ではタマモサポートアドマイヤメインという後の重賞勝利馬2頭を下し連勝。重賞初挑戦となったラジオたんぱ杯2歳ステークスでは1番人気のアドマイヤムーンを差しきって優勝、3連勝で初重賞制覇を飾った。

3歳編集

2006年はクラシックを目指し東上する。だが、弥生賞ではアドマイヤムーンの雪辱を許し4着。その後も皐月賞6着、東京優駿(日本ダービー)では10着と春シーズンは不本意な成績に終わる。秋には菊花賞ではなく天皇賞(秋)を目指し毎日王冠から始動するが9着、本番の天皇賞でも9着と古馬の壁に跳ね返された。次走は約1年ぶりに関西でのレースとなる鳴尾記念に出走。マルカシェンクを半馬身抑えて復活の優勝を飾った。

4歳編集

2007年京都金杯から始動。先行抜け出しでマイネルスケルツィに並びかけるかと思われたが、追いつくどころか、エイシンドーバーに逆に交わされ3着に敗れた。休養後のマイラーズカップでは、同じような競馬で5着、さらに安田記念では13着に敗れた。続く函館記念では2番人気に推されるも3着に敗れ、同じく北海道で開催される札幌記念に出走を予定していたが、馬インフルエンザ騒動によりレース開催が中止となり、9月2日に延期された。レースでは、中団から進み、最後の直線では外から伸びてきたものの、前を行くフサイチパンドラなどを捕らえられず3着に敗れた。札幌記念後のカシオペアステークスでは、単勝1.4倍の圧倒的1番人気の支持に応え快勝した。カシオペアステークス後は第24回マイルチャンピオンシップに出走登録を行ったが除外され、11月25日のアンドロメダステークスに出走し、単勝1.4倍の圧倒的な1番人気に支持されるが、トップハンデ57.5キロの影響もあり3着だった。11月29日に発表された重賞・オープン特別競走レーティングでは、カシオペアステークスを制したことにより105ポンドの評価を得た。

5歳編集

2008年の初戦も京都金杯となるが、4着に敗れた。3ヶ月休養後のオーストラリアトロフィーではオーシャンエイプスとの叩き合いとなり2着となった。続く金鯱賞では4着で、次の宝塚記念では12番人気ながら4着となり、宝塚記念後は天栄ホースパークへ放牧に出され、9月13日に帰厩した。

帰厩後は、秋の始動戦となる毎日王冠に向けて調整され、予定通り第59回毎日王冠に出走。直線で脚を伸ばしたが、追いつけずに4着だった。その後出走した、本番の天皇賞(秋)では6着だった。続いて2年前に制した鳴尾記念に出走。中団からレースを進め、4コーナーでまくると、最後は鋭く伸びてナムラマースに3馬身差をつける快勝で重賞3勝目を飾った。

6歳編集

2009年京都記念から始動、1番人気に支持されたが、クビ差でアサクサキングスの2着に敗れた。その後、5月30日金鯱賞に1番人気で出走。好位から最後の直線で先頭に立ち、一気に後続を引き離して快勝、重賞4勝目を挙げた。続く宝塚記念では好位集団でレースを進め、最後の直線でドリームジャーニーの追い込みに屈したもののディープスカイをかわして2着に入った。夏場の休養を挟み、ぶっつけで天皇賞(秋)に出走したが見せ場がなく13着に敗れた。11月12日、左前浅屈腱炎を発症していることが発覚[1]、全治までは約9か月の見込みとなっていたが[1]、2年以上の休養の末、復帰はかなわず競走馬を引退した。

引退後編集

2012年からレックススタッドで種牡馬入りする[2]。初年度の種付料は30万円(受胎条件)または50万円(出生条件)。初年度は19頭に種付けしたものの7頭の受胎にとどまり、翌年からはひと桁の種付け頭数に減少。2014年7月2日付で用途変更され、種牡馬を引退した。種牡馬引退後は功労馬繋養展示事業の助成を受け、功労馬として余生を送る[3]

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F
時計
勝ち馬/(2着馬)
2005 7. 10 阪神 2歳新馬 16 4 8 25.8 (6人) 4着 岩田康誠 54 芝1600m(稍) 1:39.4 (35.3) 0.6 ダイアモンドヘッド
8. 6 新潟 2歳未勝利 11 3 3 4.8 (3人) 2着 柴田善臣 54 芝1600m(良) 1:36.3 (32.9) 0.1 サイレントプライド
11. 12 京都 2歳未勝利 14 5 7 3.2 (1人) 1着 O.ペリエ 55 芝1800m(重) 1:49.0 (34.7) -0.2 (ヴィクトリーラン)
12. 10 阪神 エリカ賞 10 8 10 3.2 (2人) 1着 安藤勝己 55 芝2000m(良) 2:03.4 (35.0) -0.2 (タマモサポート)
12. 24 阪神 ラジオたんぱ杯2歳S GIII 12 5 7 3.7 (2人) 1着 安藤勝己 55 芝2000m(良) 2:01.9 (34.6) 0.0 アドマイヤムーン
2006 3. 5 中山 弥生賞 GII 10 1 1 2.9 (2人) 4着 安藤勝己 56 芝2000m(良) 2:02.1 (35.0) 0.6 アドマイヤムーン
4. 16 中山 皐月賞 GI 18 6 12 8.7 (4人) 6着 内田博幸 57 芝2000m(良) 2:00.5 (34.6) 0.6 メイショウサムソン
5. 28 東京 東京優駿 GI 18 5 9 12.5 (6人) 10着 内田博幸 57 芝2400m(稍) 2:29.2 (36.0) 1.3 メイショウサムソン
10. 8 東京 毎日王冠 GII 16 7 14 36.8 (13人) 9着 後藤浩輝 55 芝1800m(良) 1:45.9 (34.0) 0.4 ダイワメジャー
10. 29 東京 天皇賞(秋) GI 16 2 3 41.0 (12人) 9着 内田博幸 56 芝2000m(良) 1:59.9 (36.0) 1.1 ダイワメジャー
12. 9 阪神 鳴尾記念 GIII 17 2 3 3.7 (1人) 1着 O.ペリエ 55 芝1800m(良) 1:46.9 (33.4) -0.1 マルカシェンク
2007 1. 6 京都 京都金杯 GIII 16 5 9 4.9 (2人) 3着 岩田康誠 56.5 芝1600m(稍) 1:34.1 (34.9) 0.2 マイネルスケルツィ
4. 14 阪神 マイラーズC GII 15 1 1 7.2 (3人) 5着 岩田康誠 57 芝1600m(良) 1:33.1 (34.0) 0.9 コンゴウリキシオー
6. 3 東京 安田記念 GI 18 1 1 39.4 (14人) 13着 鮫島良太 58 芝1600m(良) 1:33.2 (35.1) 0.9 ダイワメジャー
7. 22 函館 函館記念 JpnIII 11 6 6 4.4 (2人) 3着 岩田康誠 57 芝2000m(良) 2:03.0 (35.1) 0.2 エリモハリアー
9. 2 札幌 札幌記念 JpnII 16 5 9 5.5 (3人) 3着 岩田康誠 57 芝2000m(良) 2:00.3 (33.9) 0.2 フサイチパンドラ
11. 3 京都 カシオペアS OP 17 2 3 1.4 (1人) 1着 O.ペリエ 56 芝1800m(良) 1:45.3 (34.2) -0.2 (ブラックカフェ)
11. 25 京都 アンドロメダS OP 11 1 1 1.5 (1人) 3着 M.デムーロ 57.5 芝2000m(良) 1:58.8 (35.2) 0.1 アサカディフィート
2008 1. 5 京都 京都金杯 GIII 16 6 12 7.5 (4人) 4着 福永祐一 57.5 芝2000m(良) 1:34.0 (34.6) 0.3 エイシンデピュティ
4. 26 京都 オーストラリアT OP 15 8 14 3.1 (2人) 2着 福永祐一 57 芝1800m(良) 1:47.4 (33.5) 0.0 オーシャンエイプス
5. 31 中京 金鯱賞 GII 17 3 5 7.4 (3人) 4着 福永祐一 57 芝2000m(稍) 1:59.5 (35.2) 0.4 エイシンデピュティ
6. 29 阪神 宝塚記念 GI 14 4 5 40.3 (12人) 4着 福永祐一 58 芝2200m(重) 2:15.6 (37.0) 0.3 エイシンデピュティ
10. 12 東京 毎日王冠 GII 16 1 1 23.7 (7人) 4着 福永祐一 57 芝1800m(良) 1:45.1 (33.4) 0.5 スーパーホーネット
11. 2 東京 天皇賞(秋) GI 17 3 5 32.1 (7人) 6着 福永祐一 58 芝2000m(良) 1:57.5 (34.5) 0.3 ウオッカ
12. 6 阪神 鳴尾記念 GIII 17 8 16 1.8 (1人) 1着 福永祐一 56 芝1800m(良) 1:46.0 (35.6) -0.5 ナムラマース
2009 2. 21 京都 京都記念 GII 12 7 11 1.8 (1人) 2着 福永祐一 57 芝2200m(良) 2:14.6 (35.4) 0.0 アサクサキングス
5. 30 中京 金鯱賞 GII 18 8 17 2.1 (1人) 1着 福永祐一 57 芝2000m(良) 1:58.4 (34.0) -0.2 シャドウゲイト
6. 28 阪神 宝塚記念 GI 14 5 8 8.3 (3人) 2着 福永祐一 58 芝2200m(良) 2:11.6 (35.0) 0.3 ドリームジャーニー
11. 1 東京 天皇賞(秋) GI 18 7 14 39.6 (9人) 13着 福永祐一 58 芝2000m(良) 1:58.5 (34.4) 1.3 カンパニー

血統表編集

サクラメガワンダー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ロベルト系
[§ 2]

*グラスワンダー
1995 栗毛
父の父
Silver Hawk
1979 鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Gris Vitesse Amerigo
Matchiche
父の母
Ameriflora
1989 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Graceful Touch His Majesty
Pi Phi Gal

サクラメガ
1998 栗毛
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
母の母
サクラクレアー
1982 鹿毛
*ノーザンテースト
Northern Taste
Northern Dancer
Lady Victoria
*クレアーブリッジ
Clare Bridge
Quadrangle
Abeyance Lass
母系(F-No.) 13号族(FN:13-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Hail to Reason 4×4=12.50%、Northern Dancer 4×4=12.50% [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ サクラメガワンダー 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com サクラメガワンダー 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ サクラメガワンダー 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com サクラメガワンダー 5代血統表2017年9月12日閲覧。


半弟に2017年の札幌記念を優勝したサクラアンプルール(父キングカメハメハ)がいる。

脚注編集

外部リンク編集