メインメニューを開く

ササゲ属 Vignaマメ亜科に属するの一つ。全世界の熱帯域に自生する[1]。豆は"bean"と呼ばれるタイプで、有用な栽培種をいくつか含む。インゲン属と近縁であり、かつてインゲン属とされていた種もいくつか本属に移されている。Hortus Third によると、本属とインゲン属は生化学的特徴、花粉の形態、雌蘂托葉などの形態が異なる。

ササゲ属
Vigna unguiculata Blanco2.286-cropped.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: インゲン連 Phaseoleae
: ササゲ属 Vigna
学名
Vigna Savi
シノニム
  • Azukia Takah. ex Ohwi
  • Condylostylis Piper
  • Dolichovigna Hayata
  • Haydonia R. Wilczek
  • Liebrechtsia De Wild.
  • Plectrotropis Schumach.
  • Scytalis E. Mey.
  • Voandzeia Thouars
亜属
  • Ceratotropis
  • Haydonia
  • Lasiospron
  • Plectrotropis
  • Vigna

草本(稀に小低木)である。葉は三出羽状複葉。黄・青・紫などの花を総状花序につける[2]

アズキケツルアズキササゲリョクトウなどの有名な食用種が属し、豆はそのまま調理する、すり潰す、発芽させモヤシとする、などの形で利用される。

属名は17世紀のイタリアの植物学者で、ピサ植物園の園長を務めたDomenico Vignaへの献名である[3]

分類編集

少なくとも90種が属する[1][2][4]

Lasiospron 亜属編集

新大陸産で、ササゲ属内では最も初期に分岐したグループ[4]

ササゲ亜属編集

ササゲ亜属 Vigna - 主にアフリカ産。側系統群となると考えられる[4]

Haydonia 亜属編集

アフリカ産のグループ。単系統群を構成する[4]

アズキ亜属編集

アズキ亜属 Ceratotropis (Piper) Verdc. - アジア産のグループ。単系統群を構成する[4]

Incertae sedis編集

脚注編集

  1. ^ a b Aitawade, M. M., et al. (2012). Section Ceratotropis of subgenus Ceratotropis of Vigna (Leguminosae–Papilionoideae) in India with a new species from northern Western Ghats. Rheedea 22(1), 20-27.
  2. ^ a b Vigna. Flora of China.
  3. ^ Charters, M. Plant Names T-Z. The Eponym Dictionary of Southern African Plants.
  4. ^ a b c d e Delgado-Salinas A, Thulin M, Pasquet R, Weeden N, Lavin M. (2011). “Vigna (Leguminosae) sensu lato: the names and identities of the American segregate genera”. Am J Bot 98 (10): 1694–715. doi:10.3732/ajb.1100069. PMID 21980163. 

外部リンク編集