メインメニューを開く

サザエさんの脱線奥様』(サザエさんのだっせんおくさま)は、1959年(昭和34年)12月26日に公開された日本映画である。製作は宝塚映画製作所(のちの宝塚映像)、配給は東宝カラー東宝スコープ

サザエさんの脱線奥様
監督 青柳信雄
脚本 笠原良三
原作 長谷川町子
製作 杉原貞雄
出演者 江利チエミ
音楽 神津善行
撮影 西垣六郎
製作会社 宝塚映画製作所
配給 東宝
公開 日本の旗 1959年12月26日
上映時間 79分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 サザエさんの新婚家庭
次作 サザエさんの赤ちゃん誕生
テンプレートを表示

目次

概要編集

シリーズ第7作目で、『サザエさんの婚約旅行』以来の宝塚映画作品となった。以後、最終作『福の神 サザエさん一家』まで宝塚映画が製作することとなる。

本作は、サザエがマスオを追って大阪へ出発する話で、脱線トリオ中田ダイマル・ラケットなどの東西コメディアンが助演、また、当時絶大な人気を誇ったTV番組「番頭はんと丁稚どん」(毎日放送制作・NET系列)から、芦屋雁之助芦屋小雁茶川一郎大村崑が番組と同じ役で出演し、大村のギャグ「キャラメル、もろた」のシーンもある。

ストーリー編集

社宅ながら新居が出来、新婚生活を楽しむサザエ・マスオ夫婦。二人は新婚祝いのお礼に、マスオの同僚を招待。だがマスオはなかなか来ない。それもそのはず、マスオは花村専務から、関西へ出張を言い渡されたのだ。

やがてマスオから「出張が長引きそうだから、大阪に来い」という葉書が来た。サザエは一路大阪へ。そして電車の車内で、サザエは花村専務の娘・むつみと出会った。むつみは大阪の薬種問屋の息子・久地良太とお見合いのために、大阪へ行くのだ。やがてサザエは大阪の叔父・西野一家に着く。だがマスオはすでに九州に出張、さらに西野家の応接間には良太がおり、叔父・万造に「見合を断ってくれ」と頼む。何とむつみ・良太の仲人は叔父だったのだ。そこでサザエは良太とむつみを会わせようとした。やがてお見合い当日、むつみと良太は途中で姿を消し、仲人役の万造・チニ夫婦は大不機嫌。だが二人が現れ、意見が合って結婚すると宣言した。実は見合いがイヤだっただけなのだ。

やがてマスオから「明日帰る」の電報が届いた。そして後日、サザエとマスオは奈良の若草山公園へ出発した。やっと二人きりと思いきや、修学旅行で来ていたカツオと鉢合わせ。

スタッフ編集

キャスト編集

同時上映編集

関連項目編集

外部リンク編集