サザーク・ロンドン自治区 (サザーク・ロンドンじちく、: London Borough of Southwark) は、イングランドロンドン南部にある、インナー・ロンドンを形成するロンドン自治区の一つで、テムズ川を挟んでシティ・オブ・ロンドン(シティ)の南に隣接する。サザークの名前は9世紀に遡る。現在の自治区は1963年ロンドン政府法の規定に基づき、1965年に設置された [2]:5

サザーク区
London Borough of Southwark
ロンドン自治区
標語:United to Serve
グレーター・ロンドン内における区の位置
グレーター・ロンドン内における区の位置
地位ロンドン自治区
主権国家イギリスの旗 イギリス
構成国イングランドの旗 イングランド
リージョンロンドン
典礼カウンティグレーター・ロンドン
設置1965年4月1日
区役所所在地サザークツーリー・ストリート
行政
 - 種別ロンドン区
 - 議会サザーク・ロンドン区議会
 - 統治体制リーダーと内閣制 (労働党)
 - 首長(政治職は設置せず)
 - ロンドン議会議員Florence EshalomiLambeth and Southwark区選出)
 - 英国議会下院議員Harriet Harman (Lab),
Neil Coyle (Lab),
Helen Hayes (Lab)
 - 欧州議会ロンドン選挙区
面積
 - 計28.85km2
域内順位303位位(全317地域中)
人口(2018年中期推計値)
 - 計317,256
 - 順位37位位(全317地域中)
 - 密度11,000/km2
 - 民族構成[1]39.7% イギリス系白人
2.2% アイルランド系白人
0.1% ジプシー系白人又はアイリッシュ・トラベラー
12.3% その他の白人
2% 白人とカリブ系黒人の混血
1.3% 白人とアフリカ系黒人の混血
1% 白人とアジア系の混血
1.9% その他の混血
2% インド系
0.6% パキスタン系
1.4% バングラデシュ系
2.8% 中国系
2.7% その他のアジア系
16.4% アフリカ系黒人
6.2% カリブ系黒人
4.2% その他の黒人
0.8% アラブ系
2.4% その他の民族
等時帯GMTUTC+0
 - 夏時間(DSTBSTUTC+1
郵便コードSE
市外局番020
ONSコード00BE
GSSコードE09000028
警察機関ロンドン警視庁
消防機関ロンドン消防局
ウェブサイトwww.southwark.gov.uk

区域内のサウスバンクにはロンドン・ブリッジ駅があり、ザ・シャードをはじめとする観光地への接続拠点となっている。

本地域にはシェイクスピア演劇グローブ座が復元されており、国立美術館テート・モダン帝国戦争博物館のほか、1817年に大衆に開館したイギリス最古の公立ダルウィッチ美術館(ダリッジ・ピクチャー・ギャラリー)などがある。また、帝国戦争博物館の向かい側には聖ジョージ大聖堂が建つ。

テムズ川には1963年に退役したイギリス海軍の巡洋艦ベルファストが係留され、16世紀の海賊ドレークが使ったゴールデン・ハインドの複製もある。テムズ河畔バトラーズ・ウォーフには桟橋ドックがあったが、1980年代から再開発が進んだ。

地区編集

  画像をクリックして拡大

経済編集

経済面ではシティテムズ川対岸にあたるため、プライスウォーターハウスアーンスト・アンド・ヤングなどの会計監査ファーム、ドバイシンガポールなどにもあるLawrence GrahamなどのローファームActis Capitalなどの運用会社投資ファンドが集中している。

同様に新聞メディアでは、タワー・ブリッジの上流西隣ロンドン・ブリッジ界隈にあるThe News Building に、News UK傘下各紙(タイムズサンデー・タイムズタブロイド紙のザ・サン)のほか、米ダウ・ジョーンズ、及び同ダウ傘下の米ウォール・ストリート・ジャーナルなどが入居している。
さらに、Wireless Group傘下のラジオ各局(TalksportTimes RadioVirgin Radio UK)、出版社ハーパー・コリンズなども入居しているが、以上挙げた各社とも全てルパード・マードック率いる米ニューズ・コーポレーション傘下になる。

また、フィナンシャル・タイムズ本社がサザーク・ブリッジ界隈 2 Southwark Bridge Road にあったが、2019年に1980年代まで入居していたシティのBracken House に戻った。

サウス・バンク地区には、2018年に入り世界最大の広告代理店グループWPPグループの主要本社機能がメイフェアから the Sea Containers House に移転し、また、ハーグとロンドンに二本社体制を敷くセブン・シスターズ(石油メジャー)のロイヤル・ダッチ・シェルは、行政区域は西側隣接ランベス区内になるが、サウス・バンクのロンドン・アイに接してロンドン本社のシェル・センター (Shell Centre) を置いている。

教育編集

ロンドンサウスバンク大学の学生数は2万3千人になる。ロンドン芸術大学は二つのカレッジを置く。また、欧州一と言われる医療大学のキングス・カレッジ・ロンドンは近隣ガイズ病院などと統括教育を行っている。

イギリス一の規模になるパブリック・スクール ダリッジ・カレッジがある。

交通編集

関係者編集

出身者
居住その他ゆかりある人物

脚注編集

  1. ^ 2011 Census: Ethnic group, local authorities in England and Wales, Office for National Statistics (2012). 2011年の国勢調査に使われた設問などについては、英語版Classification of ethnicity in the United Kingdomを参照。
  2. ^ 阿部孝夫 "先進諸国における地方自治システム" 『地域政策研究』第2巻 第1・2合併号 高崎経済大学地域政策学会 1999年10月 2018年6月21日閲覧
  3. ^ Harrod, Horatia (2014年4月16日). “Charlie Chaplin: London's greatest son”. 2021年3月31日閲覧。