サッカーイラン代表

イランの男子サッカーナショナルチーム

サッカーイラン代表(サッカーイランだいひょう)は、イラン・イスラム共和国サッカー連盟(FFIRI)によって構成される、イランサッカーナショナルチームである。

サッカーイラン代表
国または地域 イランの旗 イラン
協会 イラン・イスラム共和国サッカー連盟
FIFAコード IRN
愛称 Team Melli
監督 イランの旗 アミール・ガレノイー英語版
キャプテン エフサン・ハジサフィ
最多出場選手 ジャバド・ネクナム(151試合)
最多得点選手 アリ・ダエイ(109得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合
 イラン 0-0 アフガニスタン アフガニスタンの旗
(1941年1月1日)
最大差勝利試合
 イラン 19-0 グアム グアムの旗
(2000年11月24日)
最大差敗戦試合
 イラン 1-6 トルコ トルコの旗
(1950年5月28日)
FIFAワールドカップ
出場回数 6回(初出場は1978
最高成績 グループリーグ敗退 (1978, 1998, 2006, 2014, 2018, 2022)
AFCアジアカップ
出場回数 15回
最高成績 優勝 (1968, 1972, 1976)
テヘランにあるアザディ・スタジアム

中央アジアサッカー協会(CAFA)所属。愛称の「チーム・メッリ」は、ペルシア語で国民のチームの意。

概要 編集

イラン代表はAFCアジアカップで3度、アジア大会で4度、西アジアサッカー選手権で4度、CAFAネーションズカップ英語版で1度の優勝歴を有する[1]

FIFAワールドカップには1978年大会で初出場を果たした。これまで1998年大会2006年大会2014年大会2018年大会2022年大会に出場しているが、全ての大会でグループリーグ敗退となっている。なお、W杯での初勝利は1998年大会のアメリカ戦である。

歴史 編集

2010年代 編集

2010年大会のアジア最終予選では、敗戦こそサウジアラビアの1敗のみだったものの勝ちきれない試合が多く韓国北朝鮮の後塵を拝し予選で敗退した。2017年6月12日、アジア3次予選で首位通過が確定し2018年大会への出場が決定した。なお、この2018年大会予選では2次予選、3次予選全18試合を無敗で終え、さらに2015年11月12日のトルクメニスタン戦以降、予選新記録となる1121分無失点の記録を更新した。

ロシアW杯開幕前の2018年6月11日、ナイキはアメリカ政府のイラン制裁措置に基づきイラン代表へのシューズ提供の停止を発表した[2]。その2018年大会では、グループリーグでポルトガルスペインモロッコと同組になった。初戦のモロッコには試合終了間際アディショナルタイムに相手のオウンゴールで1-0と勝利し、ワールドカップ20年ぶりの勝利を挙げた。しかし2戦目のスペインには0-1と敗れ、3戦目のポルトガルには先制されたものの後半終了間際にPKで追いつき1-1と引き分けた。最終的に過去最高の勝ち点4を獲得したものの、ともに勝ち点5だったスペインとポルトガルに及ばずグループ3位で決勝トーナメント進出はならなかった。

AFCアジアカップ2019に出場したものの準決勝で日本に敗れ、6年に渡る対アジア39戦無敗という記録がついえた[3]。大会後にカルロス・ケイロス監督はイラン政府とイランサッカー連盟によるサポートがなく、カタールの援助なしでは合宿も準備も練習試合もできなかったであろう窮状に語気を強めた[4]

2020年代 編集

FIFAランキングでアジア首位の状態で挑んだ2022 FIFAワールドカップでは、イングランドウェールズ、そして政治的背景が色濃いアメリカと同じグループBに組み分けされた。初戦のイングランド戦では後半にメフディ・タレミが2ゴールを挙げるも2-6と大敗[5]。しかし、ウェールズ戦では試合終盤に相手GKのウェイン・ヘネシーがレッドカードを受けて退場したことで数的優位に立ち、後半ATに2得点を決めて2-0の劇的勝利を飾った[6]。ウェールズ戦で勝利したことで引き分け以上でグループリーグ突破となるアメリカ戦では、38分にクリスチャン・プリシッチにゴールを決められてそのまま追いつくことができないまま0-1の惜敗。その結果、6大会連続でのグループリーグ敗退となり、悲願の決勝トーナメント進出は今大会も果たせずに終わった[7]

2023年3月13日、アミール・ガレノイー英語版がイラン代表の新監督に就任した。2006年から2007年まで同チームを指揮しており、18年ぶりの再招へいとなった[8]AFCアジアカップ2023に出場し、準々決勝でFIFAランキングが格上の日本と対戦。前半に日本代表の守田英正に先制を許すも後半に1点を返し、更にはアディショナルタイムPKを獲得してアリレザ・ジャハンバフシュがゴールを決め[9]、2-1で前回大会の屈辱を晴らしベスト4へ進出した[10]

成績 編集

FIFAワールドカップ 編集

開催国 / 年 成績
  1930 不参加
  1934
  1938
  1950
  1954
  1958
  1962
 1966
  1970
  1974 予選敗退
  1978 グループリーグ敗退 3 0 1 2 2 8
  1982 参加辞退
  1986 参加資格取消
  1990 予選敗退
  1994
  1998 グループリーグ敗退 3 1 0 2 2 4
   2002 予選敗退
  2006 グループリーグ敗退 3 0 1 2 2 6
  2010 予選敗退
  2014 グループリーグ敗退 3 0 1 2 1 4
  2018 3 1 1 1 2 2
  2022 3 1 0 2 4 7
合計 出場6回 18 3 4 11 13 31

AFCアジアカップ 編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1956 棄権
  1960 予選敗退
  1964 棄権
  1968 優勝 4 4 0 0 11 2
  1972 5 5 0 0 12 4
  1976 4 4 0 0 13 0
  1980 3位 6 3 2 1 16 6
  1984 4位 6 2 4 0 8 3
  1988 3位 6 2 2 2 3 4
  1992 グループリーグ敗退 3 1 1 1 2 1
  1996 3位 6 3 2 1 14 6
  2000 ベスト8 4 2 1 1 7 3
  2004 3位 6 3 3 0 14 8
     2007 ベスト8 4 2 2 0 6 3
  2011 4 3 0 1 6 2
  2015 4 3 1 0 7 3
  2019 ベスト4 6 4 1 1 12 3
  2023 6 4 1 1 12 7
合計 15/18 74 45 20 9 143 55

CAFAネーションズカップ 編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
   2023 優勝 3 3 0 0 12 2
合計 1/1 3 3 0 0 12 2

アジア競技大会 編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1951 準優勝 3 2 0 1 2 1
  1954 不参加
  1958 グループリーグ敗退 2 0 0 2 0 9
  1962 不参加
  1966 準優勝 7 4 0 3 9 6
  1970 グループリーグ敗退 2 0 1 1 2 3
  1974 優勝 7 7 0 0 20 1
  1978 棄権
  1982 ベスト8 4 2 0 2 3 2
  1986 5 3 1 1 13 2
  1990 優勝 5 4 1 0 7 1
  1994 グループリーグ敗退 4 1 2 1 5 2
  1998 優勝 8 7 0 1 25 7
合計 10/13 47 30 5 12 86 34

西アジア競技大会 編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1997 優勝 ? ? ? ? ? ?
  2002 準優勝 4 1 3 0 5 4
  2005 3位 4 3 1 0 10 2
合計 3/3 8 4 4 0 15 6

ECOカップ 編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1965 優勝 2 1 1 0 4 1
  1967 準優勝 2 1 0 1 2 1
  1969 2 1 0 1 4 6
  1970 優勝 2 1 1 0 8 1
  1974 準優勝 2 1 0 1 2 2
  1993 優勝 4 4 0 0 10 1
合計 6/6 14 9 2 3 30 12

西アジアサッカー選手権 編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  2000 優勝 5 4 1 0 7 1
  2002 3位 4 1 2 1 4 3
  2004 優勝 4 4 0 0 17 3
  2007 4 3 1 0 5 1
  2008 4 4 0 0 13 2
  2010 準優勝 4 2 1 1 8 5
合計 6/6 25 18 5 2 54 15

オリンピック 編集

歴代記録 編集

出場数ランキング 編集

 
最多出場者であるジャバド・ネクナムは、通算151キャップを数える。
2024年2月7日現在
  水色は現役代表選手
順位 名前 出場 得点 期間
1 ジャバド・ネクナム 151 38 2000-2015
2 アリ・ダエイ 149 109 1993-2006
3 エフサン・ハジサフィ 142 7 2008-
4 アリ・カリミ 127 38 1998-2012
5 ジャラール・ホセイニー 115 8 2007-2018
6 メフディ・マハダヴィキア 110 13 1996-2009
7 カリム・アンサリファルド 104 30 2009-
8 アンドラニク・テイムリアン 101 9 2005-2016
9 カリム・バゲリ 87 50 1993-2010
マスード・ショジャエイ 8 2004-2019

得点数ランキング 編集

 
最多得点者であるアリ・ダエイは通算109ゴールを挙げており、これはクリスティアーノ・ロナウドリオネル・メッシに次いで世界第3位の記録である。
2024年2月7日現在
  水色は現役代表選手
# 名前 得点 出場 期間 得点率
1 アリ・ダエイ 109 149 1993-2006 0.74
2 サルダル・アズムン 51 80 2014- 0.64
3 カリム・バゲリ 50 87 1993-2010 0.57
4 メフディ・タレミ 45 81 2015- 0.56
5 アリ・カリミ 38 127 1998-2012 0.30
ジャバド・ネクナム 151 2000-2015 0.26
7 カリム・アンサリファルド 30 104 2009- 0.29
8 ゴラム・ホセイン・マズルーミ英語版 19 40 1969-1977 0.48
9 ファルシャド・パイアス英語版 18 34 1984-1994 0.53
10 レザ・グーチャンネジャード 17 44 2012-2018 0.36

歴代監督 編集

歴代選手 編集

脚注 編集

  1. ^ CAFAネーションズカップは2023年に新設された、中央アジアサッカー協会が主催する中央アジアの国際サッカー大会。
  2. ^ ナイキ、イランに靴提供中止=米政府の制裁措置で-サッカーW杯”. 時事ドットコムニュース. 2018年6月14日閲覧。
  3. ^ 森保Jがイランの無敗記録ストップ! 対アジア勢40試合ぶりの黒星/アジア杯”. SANSPO.COM(サンスポ). サンケイスポーツ (2019年1月29日). 2019年2月9日閲覧。
  4. ^ 「とんでもない大ウソつきだ!」柴崎を引っぱたいたアズムンがイラン連盟に怒り心頭!”. www.soccerdigestweb.com. サッカーダイジェスト. 2019年2月9日閲覧。 “ケイロス氏「カタール協会が助けてくれなければ、我々にはなにもなかった。大会前の合宿も、準備も、練習試合もなかっただろう。カタールがすべて払ってくれたんだ。かたや、イランはなにも与えてくれなかった。まったくのゼロだ!」”
  5. ^ アジア最強の堅守イランが衝撃の6失点大敗…ケイロス監督「過去は変えられない。勝つか、学ぶか」”. Goal.com (2022年11月22日). 2023年6月10日閲覧。
  6. ^ イラン、後半ATの劇的2発でウェールズ撃破! カタールW杯で初の一発レッド退場、数的優位を活かして今大会初勝利”. Goal.com (2022年11月25日). 2022年12月4日閲覧。
  7. ^ プリシッチの決勝弾を守り切ったアメリカ、イランに競り勝ち2大会ぶり決勝トーナメントへ!”. Goal.com (2022年11月30日). 2022年12月4日閲覧。
  8. ^ イラン代表の新指揮官にガレノイー氏! 過去に選手&監督を経験”. 超ワールドサッカー (2023年3月13日). 2023年3月29日閲覧。
  9. ^ 日本代表が強豪イランに1ー2で敗れる...後半終了間際に悪夢のPK弾許す、守田先制も無念の逆転負け【アジア杯】”. TBS NEWS DIG (2024年2月3日). 2024年2月27日閲覧。
  10. ^ 日本代表、3大会ぶりアジアカップ制覇の夢ついえる…逆転負けでイランに屈する | Goal.com 日本”. www.goal.com (2024年2月3日). 2024年2月3日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集