サッカーインド代表

サッカーインド代表は、全インドサッカー連盟 (AIFF) によって編成されるサッカーのナショナルチームである。

サッカーインド代表
国または地域 インドの旗 インド
協会 全インドサッカー連盟
FIFAコード IND
愛称 Blue Tigers
監督 クロアチアの旗 イゴール・シュティマッツ
最多出場選手 スニル・チェトリ(115試合)
最多得点選手 スニル・チェトリ(72得点)
1stカラー
2ndカラー
初の国際試合
 オーストラリア 5–3 インド 
(シドニー, 1938年9月3日)
最大差勝利試合
 オーストラリア 1–7 インド 
(シドニー, 1956年12月12日)
 インド 6–0 カンボジア 
(ニューデリー, 2007年8月17日)
最大差敗戦試合
 ユーゴスラビア 10–1 インド 
(ヘルシンキ, 1952年7月15日)
FIFAワールドカップ
出場回数 0回
AFCアジアカップ
出場回数 4回
最高成績 準優勝 (1964年)

概要編集

インドはかつてはアジアの強豪国の一つに数えられていた。1950 FIFAワールドカップ・予選にアジアから出場した3カ国のうち(当時、アジアは第二次世界大戦直後で、植民地から独立した国は国家建設に忙しく、その他の国も復興の最中で余裕が無かった)、ビルマ(現:ミャンマー)とフィリピンが予選を棄権したため、1950 FIFAワールドカップ本大会出場権を得た。ところが、大会直前になって参加を辞退した。辞退の理由は、裸足での参加を国際サッカー連盟 (FIFA) に拒否されたためといわれ、1952年ヘルシンキ五輪(インド代表は同五輪に出場し、裸足でプレーしている[1])の後、サッカー競技規則第4条競技者の用具の項でシューズ着用義務が明確に規定されるようになった。

上述のように、長年にわたり1950年W杯の出場辞退の理由が裸足でのプレーを拒まれたためと考えられてきたが、2011年にロサンゼルス・タイムズ紙が調査した結果、一番の大きな理由は、当時のインドにとってはオリンピックの方が重要で、FIFAワールドカップの重要性は認識されておらず、財政難のAIFFがオリンピックに集中したかったためと判明した(もう一つの棄権理由とされるW杯の旅費も、実際にはW杯組織委員会が大部分を負担すると約束していたことが分かっている)[2]

1956年メルボルンオリンピックで4位入賞を果たし、ネビル・ドゥスーザ英語版が開催国のオーストラリア代表戦でハットトリックを達成した。この大会以外にも、1948年、1952年、1960年にも出場しているのでオリンピックには4大会連続で出場している。アジア競技大会においては、1951年、1962年に優勝、1970年に3位になったことがある。

南アジアサッカー連盟に所属。南アジアサッカー選手権は優勝6回、準優勝2回を数え、AFCチャレンジカップでも優勝を1回経験している。

FIFAワールドカップ編集

AFCアジアカップの成績編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1956 不参加
  1960 予選敗退
  1964 準優勝 3 2 0 1 5 3
  1968 予選敗退
  1972 不参加
  1976
  1980
  1984 グループリーグ敗退 4 0 1 3 0 7
  1988 予選敗退
  1992
  1996
  2000
  2004
       2007
  2011 グループリーグ敗退 3 0 0 3 3 13
  2015 予選敗退
  2019 グループリーグ敗退 3 1 0 2 4 4
合計 4/17 13 3 1 9 12 27

南アジアサッカー選手権の成績編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1993
優勝
3
2
1
0
4
1
  1995
準優勝
3
1
1
1
2
3
  1997
優勝
4
3
1
0
12
3
  1999
優勝
4
3
1
0
6
1
  2003
3位
5
2
1
2
8
5
  2005
優勝
5
4
1
0
9
2
 
 2008
準優勝
5
4
0
1
9
3
  2009
優勝
5
4
0
1
3
2
  2011
優勝
5
4
1
0
16
2
  2013
準優勝
5
2
1
2
4
5
  2015
優勝
4
4
0
0
11
4
合計
11/11
48
33
8
7
84
31

AFCチャレンジカップの成績編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦
  2006
準々決勝敗退
4
1
2
1
  2008
優勝
5
4
1
0
  2010
グループリーグ敗退
3
0
0
3
  2012
グループリーグ敗退
3
0
0
3
  2014
予選敗退
合計
4/5
15
5
3
7

ネルー・カップの成績編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1982 グループリーグ敗退 5 1 2 2 6 8
  1983 グループリーグ敗退 3 0 0 3 2 5
  1984 グループリーグ敗退 5 1 0 4 1 7
  1985 グループリーグ敗退 3 0 0 3 2 5
  1986 グループリーグ敗退 5 0 1 4 0 14
  1987 グループリーグ敗退 3 0 2 1 2 4
  1988 グループリーグ敗退 5 0 1 4 2 12
  1989 グループリーグ敗退 5 0 0 5 2 9
  1991 グループリーグ敗退 4 0 0 4 2 9
  1993 グループリーグ敗退 4 0 3 1 3 5
  1995 グループリーグ敗退 4 1 1 2 3 9
  1997 4位 4 0 3 1 4 5
  2007 優勝 5 4 0 1 13 3
  2009 優勝 5 3 0 2 6 5
  2012 優勝 5 3 1 1 7 4
合計 15/15 65 13 14 38 55 104

歴代監督編集

歴代代表選手編集

脚注編集

  1. ^ 松岡完「ワールドカップの国際政治学」朝日新聞社、1994年、P71
  2. ^ 裸足でのプレーを拒否されたため、1950年ブラジルワールドカップを棄権したのですか?-ロサンゼルス・タイムズ2011年7月19日

関連項目編集

外部リンク編集