サッカーウェールズ代表

サッカーウェールズ代表英語: Wales national football team, ウェールズ語: Tîm pêl-droed cenedlaethol Cymru)は、ウェールズサッカー協会により編成されるウェールズサッカーの男子ナショナルチームである。ホームスタジアムはカーディフにあるカーディフ・シティ・スタジアム

サッカーウェールズ代表
国または地域 ウェールズの旗 ウェールズ
協会 ウェールズサッカー協会
FIFAコード WAL
愛称 The Dragons
(ウェールズ語: Y Dreigiau)
監督 ウェールズの旗 ライアン・ギグス (停職中)
ウェールズの旗 ロバート・ペイジ (暫定監督)
最多出場選手 クリス・ガンター(102試合)
最多得点選手 ガレス・ベイル(33得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合
 スコットランド 4–0  ウェールズ
(グラスゴー, 1876年3月26日)
最大差勝利試合
 ウェールズ 11–0 アイルランド 
(レクサム, 1888年3月3日)
最大差敗戦試合
 スコットランド 9–0  ウェールズ
(グラスゴー, 1878年3月23日)
FIFAワールドカップ
出場回数 1回(初出場は1958
最高成績 ベスト8(1958
UEFA欧州選手権
出場回数 2回
最高成績 ベスト4(2016

歴史編集

FIFAワールドカップでは唯一本大会に出場した1958年大会[1]でグループステージ2位からベスト8に入った。

UEFA欧州選手権は本大会が準決勝進出の4チームのみで行われていた時代の1976年大会で予選のグループステージを1位突破し、初のベスト8入りを果たした。

2016年大会では予選グループB2位でチーム史上初の本大会出場を果たすと、グループステージでスロバキアイングランドロシアと同じ組に入り、2勝1敗でグループ1位通過を果たす。決勝トーナメントは準決勝でポルトガルに敗れたが、ベスト4に入った。

概要編集

放送メディア編集

ウェールズ代表のテレビ中継はウェールズ語S4C英語Sky Sportsがそれぞれ2022年まで放映権を保持している。

ユニフォームとロゴ編集

ホームカラーにユニフォームは代表設立当初から一貫して赤色である[2]。ウェールズ代表チームの紋章は、ウェールズ国旗と同じ赤い竜が中心にある。ケルトの建国伝説にある邪悪な黒い竜を退治し、ウェールズの大地を作った竜の図は1951年から使われているが、2011年に現代的な絵柄に変更されるとともに、顔も左向きから振り返るような右向きになった。これは新しい方向への挑戦を表す。竜の背景の白と囲む緑は13世紀にイングランドと戦った王の旗にちなむ。緑の線の中には黄色い花があるが、これはラッパ水仙で、守護聖人・聖デビッドと発音が似ているため使われた。11個の花はサッカープレイヤーの数を象徴する。下の文字GORAU-CHWARAE・CYD・CHWARAEは「チームプレーを第一とする」の意味[3]

ユニフォームサプライヤー編集

サプライヤー 期間
アドミラル 1976-1980
アディダス 1980-1987
ヒュンメル 1987-1990
アンブロ 1990-1996
ロット 1996-2000
Kappa 2000-2008
チャンピオン 2008-2010
アンブロ 2010-2013
アディダス 2013-

ホームスタジアム編集

2000年から2009年の間は、カーディフにあるミレニアム・スタジアムでホームゲームを行っていた。このスタジアムは1999年に国立競技場として建設され、ラグビーワールドカップ1999の会場にも指定された。1989年以前、カーディフ・シティFCスウォンジー・シティAFCレクサムFCのホームスタジアムを借りてナショナルマッチを開催していたが、1999年にミレニアム・スタジアムが竣工してからは常にこのスタジアムを使用している。

監督編集

現監督・スタッフ編集

 
2018年から監督を務めるライアン・ギグス
ポジション 名前
監督 ライアン・ギグス
アシスタントコーチ アルベルト・スタイフェンベルフ
ロバート・ペイジ
パフォーマンス部門トップ トニー・スタードウィック
GKコーチ トニー・ロバーツ
フィジカルコーチ アダム・オーウェン
ジョン・フートン
パフォーマンス理学療法士 イアン・ミッチェル
理学療法士 ショーン・コネリー
デイヴィッド・ウェークス
広報 デイヴィッド・ローウェ
クリス・シニア
ポール・ハリス
パフォーマンス分析 イーサー・ウィルス
ジェームズ・ターナー

歴代監督編集

斜体表記は暫定監督として就任した監督。

FIFAワールドカップの成績編集

開催国 / 年 成績
  1930 不参加
  1934
  1938
  1950 予選敗退
  1954
  1958 ベスト8 4 0 3 1 2 3
  1962 予選敗退
 1966
  1970
  1974
  1978
  1982
  1986
  1990
  1994
  1998
   2002
  2006
  2010
  2014
  2018
合計 出場1回 4 0 3 1 2 3

UEFA欧州選手権の成績編集

歴代選手編集

通算記録編集

試合編集

2021年11月17日現在

名前 出場 得点 期間
1 クリス・ガンター 106 0 2007-
2 ガレス・ベイル 100 36 2006-
3 ウェイン・ヘネシー 98 0 2007-
4 ネヴィル・サウスオール 92 0 1982-1997
5 アシュリー・ウィリアムズ 86 2 2008-2018
6 ガリー・スピード 85 7 1990-2004
7 クレイグ・ベラミー 78 19 1998-2013
8 ジョー・レドリー 77 4 2005-2018
9 ディーン・ソーンダース 75 22 1986-2001
10 ピーター・ニコラス 73 2 1979-1991
イアン・ラッシュ 28 1980-1996

得点編集

2021年11月17日現在

名前 得点 出場 期間 得点率
1 ガレス・ベイル 36 100 2006– 0.36
2 イアン・ラッシュ 28 73 1980-1996 0.38
3 トレヴァー・フォード 23 38 1942-1957 0.61
アイヴァー・オールチャーチ 68 1951-1966 0.34
5 ディーン・ソーンダース 22 75 1986-2001 0.29
6 アーロン・ラムジー 20 71 2008– 0.28
7 クレイグ・ベラミー 19 78 1998-2013 0.24
8 ロバート・アーンショウ 16 58 2002–2012 0.28
クリフ・ジョーンズ 59 1954-1970 0.27
マーク・ヒューズ 72 1984-1999 0.22
11 ジョン・チャールズ 15 38 1950–1965 0.39

紋章編集

ウェールズ代表チームの紋章は、ウェールズ国旗と同じ赤い竜が中心にある。ケルトの建国伝説にある邪悪な黒い竜を退治し、ウェールズの大地を作った竜の図は1951年から使われているが、2011年に現代的な絵柄に変更されるとともに、顔も左向きから振り返るような右向きになった。これは新しい方向への挑戦を表す。竜の背景の白と囲む緑は13世紀にイングランドと戦った王の旗にちなむ。緑の線の中には黄色い花があるが、これはラッパ水仙で、守護聖人・聖デビッドと発音が似ているため使われた。11個の花はサッカープレイヤーの数を象徴する。下の文字GORAU-CHWARAE・CYD・CHWARAEは「チームプレーを第一とする」の意味[3]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 1958年大会ではイスラエルがアジア・アフリカ代表としていったんは出場権を得たものの、政治・宗教的な問題で相手国に悉く対戦を拒否され予選を1試合も行わず予選通過したことがFIFAで問題視され、欧州予選の各グループ2位から抽選で選ばれたウェールズとのプレーオフ開催となり、これに勝利したウェールズが本大会出場となった。
  2. ^ A new identity for football in Wales”. faw.cymru. Football Association of Wales (2019年8月7日). 2021年3月19日閲覧。
  3. ^ a b エンブレムの世界 ウェールズ代表『サッカーマガジン』2012年1月24日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌23884-1/24, 075頁。

外部リンク編集