サッカーギリシャ代表

ギリシャの男子サッカーナショナルチーム

サッカーギリシャ代表(サッカーギリシャだいひょう、ギリシア語: Εθνική Ελλάδος)は、ギリシャサッカー連盟(HFF)によって構成される、ギリシャサッカーナショナルチームである。

サッカーギリシャ代表
国または地域 ギリシャの旗 ギリシャ
協会 ギリシャサッカー連盟
愛称 Το Πειρατικό海賊
監督 ウルグアイの旗 グスタボ・ポジェ
最多出場選手 ギオルゴス・カラグーニス(139試合)
最多得点選手 ニコス・アナストプーロス(29得点)
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
初の国際試合 1929年4月7日イタリア
1-4
最大差勝利試合 1949年11月25日シリア
8-0
最大差敗戦試合 1938年3月25日ハンガリー
1-11
FIFAワールドカップ
出場回数 3回(初出場は1994
最高成績 ベスト16(2014年
UEFA欧州選手権
出場回数 4回
最高成績 優勝(2004年

歴史

編集

1980年代から1990年代

編集

UEFA欧州選手権1980予選においてハンガリーソ連フィンランドと同じグループに入り、最初に2連敗するが残りを3勝1分で切り抜け1位突破を果たし、初めて主要国際大会への出場を果たした。本大会では1分2敗でグループ4位に終わったが、優勝した西ドイツとグループリーグ第3戦で引き分けた。

1994年ワールドカップ・アメリカ大会に初出場しナイジェリアブルガリアアルゼンチンと対戦したが、ヨーロッパ地区予選を一番乗りで突破した時間差アドバンテージを全く活かせないまま3戦全敗(0得点10失点)となり、グループリーグ敗退を余儀なくされた。1998年ワールドカップ・フランス大会地区予選グループ最終戦は勝てば出場権獲得というホームのデンマーク戦だったが0-0に終わり、グループ3位で突破を逃した。

2000年代

編集
 
UEFA EURO 2004決勝戦のポルトガル戦でのアンゲロス・ハリステアスの決勝ゴール

2004年UEFA EURO 2004では開催国ポルトガルフランスチェコといった強豪を抑えて初優勝を成し遂げた[1]。代表チームは、古代ギリシャファランクスを彷彿とさせる典型的な堅守速攻型のチームであり、主にディフェンスに固めた超守備的サッカー(現代サッカーで基本の守備戦術とされるゾーンで守るという事をせず、マンツーマンで守る)を展開している。その反面、得点力不足が課題とされており、攻撃はロングボールやハイクロスを多用しながら高さを活かした戦術を採っている。

ユーロ2004を制したことで、2006年ワールドカップ・ドイツ大会への出場も期待されたがヨーロッパ予選でウクライナトルコデンマークに次ぐ4位に終わり予選敗退に終わった。さらに、2006年7月3日から10日間FIFAからサッカーの国際活動を禁止された。

UEFA EURO 2008予選では、ドイツW杯予選でも同組になったトルコをはじめノルウェーなど実力が拮抗したと見られるグループCに入った。緒戦3戦は僅少得点ながら無敗を続けたが、第4戦となる2007年3月24日のアテネでのトルコ戦にて1-4の大敗を喫した。翌3月25日がオスマン帝国からの独立記念日1821年ギリシャ独立戦争の開戦日)にあたっていた事もあり、トルコのメディアからは屈辱的な報じられ方をされたという。この敗戦はギリシャ代表にとって少なからぬ危機となったが、その後立て直しに成功し10戦目となる10月17日のアウェー戦・イスタンブールではヨアニス・アマナティディスのループシュートで0-1の勝利を収め、ホーム戦での雪辱を果たすと共に予選通過を果たした。結局敗戦はアテネでのトルコ戦のみ、10勝1分け1敗の勝ち点31で予選首位通過を果たした(なお、予選で勝ち点30を上回ったのはギリシャだけである)。本大会ではスウェーデンロシアスペインに敗れ3戦全敗でグループリーグ敗退に終わり、大会連覇は成らなかった。

2010年代から2020年代

編集
 
サッカーギリシャ代表 (2010年)

2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではプレーオフの末にウクライナを下し、1994年大会以来2度目のワールドカップ出場を果たした[2]。2010年6月に南アフリカで行われた本大会では、グループリーグ初戦で韓国と対戦して0-2で敗れたが、第2戦のナイジェリア戦ではディミトリオス・サルピンギディスヴァシリス・トロシディスの得点で2-1と逆転勝ちを収め、ワールドカップ初勝利をあげた[3]。しかし第3戦のアルゼンチン戦では0-2で敗れ1勝2敗でグループ3位、1994年大会に続いてグループリーグ敗退となった[4]

2012年6月のUEFA EURO 2012本大会ではグループリーグ最終戦でロシアに勝利し、グループA2位で2大会ぶり2度目のベスト8へと進出したが、準々決勝でドイツに敗れた。

2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではグループ2位でプレーオフへ進出し、ルーマニアと1勝1分けで2大会連続出場を決めた。本大会ではグループCで戦うこととなり、初戦のコロンビア戦は0-3で敗れた[5]。2戦目の日本戦では前半にMFのコンスタンティノス・カツラニスが退場となったが、数的不利の中0-0で引き分けた[6]。勝利が絶対条件で迎えた第3戦のコートジボワール戦では後半のロスタイムに勝ち越しのPKを決め2-1で勝利し、初のグループリーグ突破を決めた[7]ラウンドオブ16ではコスタリカと対戦、延長戦でも決着がつかずPK戦の末に大会から姿を消した[8]ものの、前回大会を上回る成績を残した。

UEFA EURO 2016では予選で当時FIFAランキング187位のフェロー諸島に2連敗した他、最終戦まで勝利がなく1勝6敗3引分で敗退した。さらに2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではグループH2位でプレーオフへ進出し、クロアチアと1敗1分けで3大会連続出場とはならなかった。

UEFA EURO 2024では予選でグループB・3位となったが、ネーションズリーグの結果によりプレーオフに進出。準決勝でカザフスタンに勝利したが、決勝でジョージア相手にPK戦の末敗れた[9]

成績

編集

FIFAワールドカップ

編集
FIFAワールドカップ FIFAワールドカップ・予選
開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1930年 不参加 不参加
  1934年 予選敗退 1 0 0 1 0 4
  1938年 3 2 0 1 5 12
  1950年 不参加 不参加
  1954年 予選敗退 4 2 0 2 3 2
  1958年 4 0 1 3 2 9
  1962年 4 1 0 3 3 8
  1966年 6 2 1 3 10 14
  1970年 6 2 3 1 13 9
  1974年 4 0 0 4 5 11
  1978年 4 1 1 2 2 6
  1982年 8 3 1 4 10 13
  1986年 6 1 2 3 5 10
  1990年 6 1 2 3 3 15
  1994年 グループリーグ敗退 3 0 0 3 0 10 8 6 2 0 10 2
  1998年 予選敗退 8 4 2 2 11 4
    2002年 8 2 1 5 7 17
  2006年 12 6 3 3 15 9
  2010年 グループリーグ敗退 3 1 0 2 2 5 12 7 3 2 21 10
  2014年 ベスト16 4 1 2 1 3 5 12 9 2 1 16 6
  2018年 予選敗退 10 5 4 1 17 6
  2022年 8 2 4 2 8 8
合計 3/21 10 2 2 6 5 20 134 56 32 45 166 177

UEFA欧州選手権

編集
開催国 / 年 成績
  1960年 予選敗退
  1964年
  1968年
  1972年
  1976年
  1980年 グループリーグ敗退 3 0 1 2 1 4
  1984年 予選敗退
  1988年
  1992年
  1996年
   2000年
  2004年 優勝 6 4 1 1 7 4
   2008年 グループリーグ敗退 3 0 0 3 1 5
   2012年 ベスト8 4 1 1 2 5 7
  2016年 予選敗退
  2021年
  2024年
合計 出場4回/優勝1回 16 5 3 8 14 20

FIFAコンフェデレーションズカップ

編集
出場した大会のみ
開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  2005年 グループリーグ敗退 3 0 1 2 0 4
合計 出場1回 3 0 1 2 0 4

歴代監督

編集

歴代選手

編集

主要大会のメンバー

編集

主な代表選手

編集

歴代記録

編集

出場数ランキング

編集
2023年9月10日[10]現在
  水色は現役代表選手
順位 名前 出場 得点 ポジション 期間
1 ギオルゴス・カラグーニス 139 10 MF 1999年 - 2014年
2 テオドロス・ザゴラキス 120 3 MF 1994年 - 2007年
3 コンスタンティノス・カツラニス 116 10 MF 2003年 - 2015年
4 ヴァシリス・トロシディス 101 10 DF 2007年 - 2019年
5 アンゲロス・バシナス 100 7 MF 1999年 - 2009年
6 ストラトス・アポストラキス英語版 96 5 DF 1986年 - 1997年
7 アントニス・ニコポリディス 90 0 GK 1999年 - 2008年
ソクラティス・パパスタソプーロス 3 DF 2008年 - 2019年
9 アンゲロス・ハリステアス 88 25 MF 2001年 - 2011年
10 ディミトリオス・サルピンギディス 82 13 FW 2005年 - 2014年

得点数ランキング

編集
2023年9月10日[10]現在
  水色は現役代表選手
順位 名前 得点 出場 得点率 期間
1 ニコス・アナストプーロス 29 74 0.39 1977年 - 1988年
2 アンゲロス・ハリステアス 25 88 0.28 2001年 - 2011年
3 テオファニス・ゲカス 24 78 0.31 2005年 - 2014年
4 ディミトリス・サラヴァコス英語版 22 78 0.28 1982年 - 1994年
5 ミミス・パパイオアノー英語版 21 61 0.34 1963年 - 1978年
6 ニコス・マフラス 18 61 0.30 1993年 - 2002年
7 デミス・ニコライディス 17 54 0.31 1995年 - 2004年
コンスタンティノス・ミトログル 17 65 0.25 2009年 - 2019年
9 パナギオディス・ツァルヒディス英語版 16 76 0.21 1987年 - 1995年
10 ギオルゴス・シデリス英語版 14 28 0.50 1958年 - 1970年

脚注

編集
  1. ^ 2004: Underdogs have their day - UEFA.com 2010年6月20日閲覧
  2. ^ Greece grasp finals berth in Ukraine - UEFA.com 2010年6月20日閲覧
  3. ^ Greece make advantage pay - UEFA.com 2010年6月20日閲覧
  4. ^ Argentina snuff out Greece hopes - UEFA.com 2010年6月25日閲覧
  5. ^ ギリシャ、コロンビアに完敗- UEFA.com 2014年6月14日閲覧
  6. ^ 日本、10人のギリシャとスコアレスドロー - UEFA.com 2014年6月20日閲覧
  7. ^ ギリシャ、劇的PKで16強入り - UEFA.com 2014年6月24日閲覧
  8. ^ 10人のコスタリカ、PK戦でギリシャ下す - UEFA.com 2014年6月30日閲覧
  9. ^ 欧州の新興勢力・ジョージア代表が建国後初の国際舞台ユーロ2024へ! “英雄”カラーゼ市長が涙の祝福「人生のどの瞬間より幸せ」”. 超ワールドサッカー!. 2024年3月27日閲覧。
  10. ^ a b Greece - Record International Players

関連項目

編集

外部リンク

編集