メインメニューを開く

サッカーパナマ代表Selección nacional de fútbol de Panamá)は、パナマサッカー協会により構成されるパナマサッカーのナショナルチームである。ホームスタジアムは首都パナマシティにあるエスタディオ・ロンメル・フェルナンデス

サッカーパナマ代表
国または地域 パナマの旗 パナマ
協会 パナマサッカー協会
愛称 Los Canaleros
監督 パナマの旗 ガリー・ステンペル
最多出場選手 ガブリエル・ゴメス(98試合)
最多得点選手 ルイス・テハダ(37得点)
1stカラー
2ndカラー
初の国際試合 1937年7月28日メキシコ
2-2
最大差勝利試合 1946年12月13日プエルトリコ
12-1
最大差敗戦試合 1938年2月16日コスタリカ
0-11
FIFAワールドカップ
出場回数 1回(初出場は2018
最高成績 グループリーグ敗退
CONCACAFゴールドカップ
出場回数 8回
最高成績 準優勝(2005, 2013)
コパ・セントロアメリカーナ
出場回数 10回
最高成績 優勝(2009)

目次

歴史編集

2005 CONCACAFゴールドカップで準優勝、2013 CONCACAFゴールドカップでも準優勝を記録している。

2014 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海3次予選では、最終節アメリカ戦で後半アディショナルタイム突入時点まで2-1とリードしており、そのまま終了すれば、前節まで4位で同節コスタリカに1-2で敗れたメキシコを抜き大陸間プレーオフ出場権を獲得するはずだったが後半47分、48分と立て続けにゴールを許し、試合終了直前でプレーオフ出場を逃した。

2015 CONCACAFゴールドカップでは、0勝5引き分け1敗で3位という珍記録を出している。

2018 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海5次予選では主力選手のアミルカル・エンリケスが銃撃事件で殺害される悲劇に見舞われながらも、残り2試合で3位に立ったが3位争いをしていたアメリカとの直接対決に0-4で敗れ、逆にアメリカに勝点差2をつけられ4位に転落。アメリカが得失点差で大きく差をつけており、また同時刻キックオフとなった最終節で、最下位のトリニダード・トバゴと対戦することから3位での予選通過は厳しいと見られていたが最終節でコスタリカに前半リードを許しながら後半8分にガブリエル・トーレスが同点ゴールをあげ、さらに終了間際にロマン・トーレスのゴールで逆転勝利を収め、アメリカがトリニダード・トバゴに1-2で敗れたため、逆転で予選3位に入り前回大会予選最終節ロスタイムでワールドカップ出場を逃した雪辱を果たした。なお、同点ゴールとされたガブリエル・トーレスの得点はボールがゴールラインを割っていないように見える微妙な判定であると騒がれた[1]本大会ではグループGに入り、初戦のベルギー戦では0-3で敗れた。2戦目のイングランド戦ではフェリペ・バロイがW杯におけるパナマ代表としての初ゴールを決めるも1-6で大敗し、これにより3戦目のチュニジア戦を残したままパナマのグループリーグ敗退が決まった。そのチュニジア戦にも1-2で敗れ、3戦全敗で大会を終えた。

FIFAワールドカップの成績編集

開催国 / 年 成績
  1930 不参加
  1934
  1938
  1950
  1954
  1958
  1962
 1966
  1970
  1974
  1978 予選敗退
  1982
  1986
  1990
  1994
  1998
   2002
  2006
  2010
  2014
  2018 グループリーグ敗退 3 0 0 3 2 11
合計 出場1回 3 0 0 3 2 11

CONCACAFゴールドカップの成績編集

コパ・セントロアメリカーナの成績編集

開催年 結果
  1991 予選敗退
  1993 3位
  1995 5位
  1997 5位
  1999 不参加
  2001 4位
  2003 5位
  2005 4位
  2007 準優勝
  2009 優勝
  2011 3位
  2013 5位
  2014 3位
  2017 準優勝
合計 12/13

選手編集

歴代の選手編集

歴代監督編集

歴代記録編集

2016年11月15日現在[2]

通算出場数ランキング編集

順位 選手 期間 出場 得点
1 ガブリエル・ゴメス 2003- 131 11
2 ハイメ・ペネド 2003- 124 0
3 ブラス・ペレス 2001- 112 41
4 ロマン・トーレス 2005- 100 8
5 ルイス・テハダ 2001- 99 43
6 フェリペ・バロイ 2001- 94 3
7 ルイス・エンリケス 2003- 92 2
8 リカルド・フィリップス 1996-2010 84 9
9 ビクトル・レネ・メンディエタ 1980-2000 80 11
10 アルマンド・クーパー 2003- 77 5

通算得点数ランキング編集

順位 選手 期間 得点 出場
1 ルイス・テハダ 2001- 43 98
2 ブラス・ペレス 2001- 41 110
3 ホルヘ・デリー・バルデス 1991-2005 19 48
4 フリオ・デリー・バルデス 1990-2005 18 44
5 ロベルト・ブラウン 2000-2011 15 54
6 ガブリエル・ゴメス 2003- 11 130
リカルド・フィリップス 1996-2010 11 84
8 ビクトル・レネ・メンディエタ 1980-2000 11 80
9 ガブリエル・トーレス 2006- 10 58
10 ホセ・ルイス・ガルセス 2000-2009 9 34

脚注編集

  1. ^ “大誤審か!? パナマ、W杯初出場も疑惑の判定が物議を醸す”. フットボールチャンネル. (2017年10月11日). https://www.footballchannel.jp/2017/10/11/post235511/ 2017年10月11日閲覧。 
  2. ^ Roberto Mamrud. “Panama – Record International Players”. RSSSF. 2016年3月23日閲覧。

外部リンク編集