サッカーモンゴル国代表

サッカーモンゴル代表(サッカーモンゴルだいひょう)は、モンゴルサッカー連盟(MFF)によって編成されるサッカーナショナルチームである。ホームスタジアムは首都ウランバートルにあるMFFフットボールセンターアジアサッカー連盟および東アジアサッカー連盟所属。

サッカーモンゴル国代表
国または地域 モンゴルの旗 モンゴル
協会 モンゴルサッカー連盟
愛称 藍狼(Blue Wolves、Хөхчононууд)
監督 日本の旗 大塚一朗
最多出場選手 ドノロヴィン・ルンベンガラヴ(35試合)
最多得点選手 ドノロヴィン・ルンベンガラヴ(8得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1960年10月3日北ベトナム
1-3
最大差勝利試合 2018年9月4日北マリアナ諸島
9-0
最大差敗戦試合 1998年12月15日ウズベキスタン
0-15
FIFAワールドカップ
出場回数 0回
AFCアジアカップ
出場回数 0回

なおサッカー内モンゴル代表とは全く別なナショナルチームであり、その点はサッカー内モンゴル代表に譲るとする。

概要編集

サッカー弱小国の1つに数えられ、2010年時点ではグアムマカオ北マリアナ諸島から勝ち星を挙げたのみであった。2011年にはフィリピンおよびミャンマーからも勝ち星を上げている。

2019年6月に実施された2022 FIFAワールドカップアジア1次予選では、ブルネイに2試合合計3-2(ホーム2-0・アウェー1-2)で勝利、ワールドカップ予選として同代表初めてとなる上位ラウンド進出を果たした[1]。初出場となったアジア2次予選では、初戦でミャンマーをホームで1-0で下して2次予選初勝利を挙げた。また、日本代表と同組になり、2019年10月10日に行われたアウェー戦では0-6で敗れ、コロナ禍での無観客開催(フクダ電子アリーナ)となった、2021年3月30日の試合では0-14で大敗している[2]

2021年4月8日 新監督に間瀬秀一を招へいした事を発表した。契約は2023年までで、U-23モンゴル代表監督も兼任するという。間瀬は元日本代表監督のイビチャ・オシムジェフ千葉を指揮していた時代に、通訳を務めていたことでも知られる。しかし、同年12月16日に眼の病気で退任した。後任には2013年高校サッカー選手権で、富山第一を優勝に導いた大塚一朗が就任した。

最新メンバー編集

2021年3月30日現在[3]

1 GK ムンフエルデネ・エンフタイバン

2 DF トゥグルドゥル・ガルト

3 DF バヤルツェンゲル・プレブドルジ

4 MF ドゥルグーン・アマラー

5 DF ハシュエルデネ・トゥヤ

6 MF ナルマンダフ・アルタグ

7 DF トゥムルオチル・ツェレンドブドン

8 MF エンフビレグ・プレブドルジ

9 FW ミジドルジ・オユンバートル

10 MF ツェンドアユシュ・フレルバートル

11 FW ナランボルド・ニャムオソル

12 DF オユンバートル・オトゴンバヤル

13 FW ガンバヤル・ガンボルド

14 MF バルジンニャム・バトボルド

15 MF ガルエルデネ・ソヨルエルデネ

16 GK サイハンチュルーン・アマルバヤスガラン

17 DF ダワージャブ・バットゥル

18 MF ガントグトフ・ガントゥヤ

19 MF バトヒシグ・ミャグマル

20 DF ビルグーン・ガンボルド

21 MF テムージン・アルタンスフ

22 GK ムンフボルド・バルドルジ

23 DF ツェデンバル・ノルジモー

24 MF ホスバヤル・エルデネオチル

監督 ラスティスラブ・ボジク

FIFAワールドカップ編集

モンゴルサッカー連盟設立(1959年)以降について記載

AFCアジアカップ編集

モンゴルサッカー連盟設立(1959年)以降について記載

AFCチャレンジカップの成績編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  2006 不参加
  2008
  2010 予選敗退
  2012
  2014
合計 0/5 0 0 0 0 0 0

EAFF E-1フットボールチャンピオンシップの成績編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  2003 予選敗退
  2005
  2008
  2010
  2013 出場停止
  2015 予選敗退
  2017
  2019
合計 0/8 0 0 0 0 0 0

AFCソリダリティーカップの成績編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  2016 グループリーグ敗退 3 1 0 2 3 5
合計 1/1 3 1 0 2 3 5

出典編集

関連項目編集