メインメニューを開く

サッカー北アイルランド代表

サッカー北アイルランド代表: Northern Ireland national football team)は、アイリッシュ・フットボール・アソシエーション(IFA)により編成される北アイルランドサッカーのナショナルチームである。

サッカー北アイルランド代表
国または地域 北アイルランドの旗 北アイルランド
協会 アイリッシュ・フットボール・アソシエーション
愛称 Green & White Army
Norn Iron
監督 マイケル・オニール英語版
最多出場選手 パット・ジェニングス(119試合)
最多得点選手 デイビッド・ヒーリー(36得点)
1stカラー
2ndカラー
初の国際試合
 アイルランド 0–13 イングランド 
(ベルファスト, 1882年2月18日)
最大差勝利試合
 アイルランド 7–0 ウェールズ 
(ベルファスト, 1930年2月1日)
最大差敗戦試合
 アイルランド 0–13 イングランド 
(ベルファスト, 1882年2月18日)
FIFAワールドカップ
出場回数 3回(初出場は1958
最高成績 ベスト8 (1958)
UEFA欧州選手権
出場回数 1回
最高成績 ベスト16(2016

アイルランド島の北部アルスター地方の9州のうち、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国に帰属している6州から構成される北アイルランドを代表する。1922年にアイルランド自由国が成立し、アイルランド自由国から代表チームが構成される以前は、アイルランドは統一されたアイルランドサッカー協会(アイリッシュ・フットボール・アソシエーション)とサッカーアイルランド代表を有していた。これらの協会や代表の歴史は北アイルランド代表によって継承されている。

歴史編集

誕生編集

イングランドで産声を上げたサッカーは、先ずスコットランドウェールズアイルランドといった連合王国に広まっていった。そのためアイルランドでの協会の設立は1880年と比較的早く、さらに1882年は最初の国際試合がイングランドとの間で行われた。この年の2月18日にベルファストで行われた試合ではイングランドに0-13と大敗し、これが現在に至るまで北アイルランドの最大失点での敗北となっている。

そして、この時点での協会及び代表はアイルランド島全島で統一された協会、ナショナルチームであった。即ちこの協会はアイルランドサッカー協会、代表はアイルランド代表と呼称されるものであった。

分裂編集

19世紀から20世紀までの一連の独立運動を経て、アイルランドはイギリスと英愛条約を締結し、アイルランド島26州がイギリスから分離、アイルランド自由国を成立させた。これによりサッカーのナショナルチームは北部6州からなる協会・ナショナルチームと、アイルランド自由国を代表する協会・ナショナルチームの2つに分かれることになった。ただし分裂された側となる北部6州はそれまでのアイルランドサッカー協会を継続し続け、一方のアイルランド自由国では新しいサッカー協会(フットボール・アソシエーション・オブ・アイルランド)を設立したため、それ以前の協会ならびに協会によって編成される代表の経歴に関しては北部6州の協会・代表によって受け継がれることになった。

ただし、連合王国に留まった北部6州からなるナショナルチームに関しては「北アイルランド代表」と呼称されることになった。

尚、ラグビーユニオンに関しては、アイルランド全島で統一された協会及びナショナルチームがアイルランド分裂以降も継続された。このためラグビーのナショナルチームに関しては現在も「アイルランド代表」と呼称されている。

国際大会編集

FIFAワールドカップには1958年大会に初出場し、グループリーグのチェコスロバキア戦で大会初勝利をあげ、ベスト8に進出している。1982年大会では1次リーグで開催国スペインに勝利し、2次リーグに進出している。1986年大会はグループリーグで敗退し、1990年大会以降はすべてヨーロッパ予選で敗退し、本大会に出場できていない。

UEFA欧州選手権は、2016年大会で予選を突破して初めて出場し、グループリーグのウクライナ戦で本大会初得点・初勝利を記録。ベスト16に進出したがウェールズに敗れた。

2018 FIFAワールドカップ・予選ではプレーオフに進出するもスイスに2戦合計0-1で敗れ、あと一歩のところで本選出場を逃したが、第1戦での1失点であるPKの判定は、ルーマニア主審オビディウ・ハツェガン英語版が後に誤審を認めた[1]

FIFAワールドカップの成績編集

FIFAワールドカップ FIFAワールドカップ・予選
開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1930 不参加 不参加
  1934
  1938
  1950
  1954 予選敗退 3 1 0 2 4 7
  1958 ベスト8 5 2 1 2 6 10 4 2 1 1 6 3
  1962 予選敗退 4 1 0 3 7 8
  1966 6 3 2 1 9 5
  1970 4 2 1 1 7 3
  1974 6 0 0 6 0 6
  1978 6 2 1 3 7 6
  1982 2次ラウンド敗退 5 1 3 1 5 7 8 3 3 2 6 3
  1986 グループリーグ敗退 3 0 1 2 2 6 8 4 2 2 8 5
  1990 予選敗退 8 2 1 5 6 12
  1994 12 5 3 4 14 13
  1998 10 1 4 5 6 10
    2002 10 3 2 5 11 12
  2006 10 2 3 5 10 18
  2010 10 4 3 3 13 9
  2014 10 1 4 5 9 17
  2018 10 6 1 3 17 6
合計 3/21 13 3 5 5 13 23 132 43 35 54 146 149

UEFA欧州選手権の成績編集

UEFA欧州選手権 UEFA欧州選手権・予選
開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1960 不参加 不参加
  1964 予選敗退 4 2 1 1 5 2
  1968 6 1 1 4 2 8
  1972 6 2 2 2 10 6
  1976 6 3 0 3 8 5
  1980 8 4 1 3 8 14
  1984 8 5 1 2 8 5
  1988 6 1 1 4 2 10
  1992 8 2 3 3 11 11
  1996 10 5 2 3 20 15
    2000 8 1 2 5 4 19
  2004 8 0 3 5 0 8
    2008 12 6 2 4 17 14
    2012 10 2 3 5 9 13
  2016 ベスト16 4 1 0 3 2 3 10 6 3 1 16 8
合計 1/15 4 1 0 3 2 3 110 40 25 45 120 138


UEFAネーションズリーグの成績編集

歴代監督編集

2013年8月14日時点
監督 在任期間 試合数 勝利 引き分け 敗北 勝率 敗率
  ピーター・ドハーティ 1951–1962 56 11 15 30 19.64 53.57
  バーティ・ピーコック 1962–1967 22 9 3 10 40.91 45.45
  ビリー・ビンガム 1967–1971 20 8 3 9 40.00 45.00
  テリー・ニール 1971–1975 20 6 6 8 30.00 40.00
  デイヴ・クレメンツ 1975–1976 11 2 2 7 18.18 63.64
  ダニー・ブランチフラワー 1976–1979 16 4 4 8 25.00 50.00
  ビリー・ビンガム 1980–1994 118 40 34 44 33.90 37.29
  ブライアン・ハミルトン 1994–1998 32 8 9 15 25.00 46.88
  ローリー・マクメネミー 1998–1999 14 4 3 7 28.57 50.00
  サミー・マキロイ 2000–2003 31 4 10 17 12.90 54.84
  ローリー・サンチェス 2004–2007 32 11 10 11 34.38 34.38
  ナイジェル・ワージントン 2007–2011 41 9 10 22 21.95 53.66
  マイケル・オニール英語版 2012- 12 1 5 6 8.33 50.00

選手編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集