サッカー赤道ギニア女子代表

サッカー赤道ギニア女子代表 (サッカーせきどうギニアじょしだいひょう、英語: Equatorial Guinea women's national football team) は赤道ギニアサッカー連盟英語版(FEGUIFUT)によって組織される、赤道ギニア女子サッカーナショナルチームである。アフリカサッカー連盟(CAF)に所属している。2000年に代表チームが結成された。愛称は「Nzalang Nacional」。

Football pictogram.svg サッカー赤道ギニア女子代表
国または地域 赤道ギニアの旗 赤道ギニア
協会 赤道ギニアサッカー連盟(FEGUIFUT)
愛称 Nzalang Nacional
監督 アルゼンチンの旗 エステバン・ベッケル
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
初の国際試合
2000年6月10日
赤道ギニア  0 - 3  ガボン
(赤道ギニア)
最大差勝利試合
2011年6月18日
赤道ギニア  8 - 0  ルクセンブルク
(ホステルトルクセンブルク)
最大差敗戦試合
2018年11月21日
赤道ギニア  1 - 7  南アフリカ共和国
(ケープ・コーストガーナ)
女子W杯
出場回数 1回 (初出場は2011
最高成績 グループリーグ敗退
オリンピック
出場回数 0回
アフリカ女子ネイションズカップ
出場回数 3回
最高成績 優勝 (20082012)

2007年2月18日、赤道ギニア代表は北京オリンピック予選において、南アフリカ代表との試合で第1戦を2-1で勝利したものの、第2戦を2-4で落とし、予選で敗退した。開催国として出場した2008 アフリカ女子選手権では、カメルーンコンゴマリと同組になったグループAを全勝で通過、準決勝でナイジェリアを1-0、決勝戦で南アフリカ代表を2-1で破り大会初優勝を果たした。これは、アフリカ女子選手権の歴史において、サッカーナイジェリア女子代表以外のナショナルチームが優勝した初の例となった。2011年には2011 FIFA女子ワールドカップでFIFA主催の国際大会に初出場した。この大会ではノルウェーオーストラリアブラジルと同組になり、3連敗で大会を終えた。

赤道ギニアはこれまでアフリカサッカー連盟 (CAF) からFIFA女子ワールドカップに参加した3つのチームの1つである。(残りの2つはナイジェリアとガーナ。)

過去の成績編集

女子ワールドカップにおける成績編集

ワールドカップ本戦
成績 試合数 勝利 引分* 敗退 得点 失点 得失点差
  1991 不参加 - - - - - - -
  1995 不参加 - - - - - - -
  1999 不参加 - - - - - - -
  2003 予選敗退 - - - - - - -
  2007 予選敗退 - - - - - - -
  2011 グループリーグ敗退 3 0 0 3 2 7 −5
  2015 予選敗退 - - - - - - -
  2019 出場禁止処分[注 1] - - - - - - -
合計 1/8 3 0 0 3 2 7 −5
*PK戦で勝敗を決した試合は公式記録では引き分けに含まれる。

オリンピックにおける成績編集

成績 試合数 勝利 引分 敗退 得点 失点
  1996 不参加
  2000 不参加
  2004 予選出場辞退[3]
  2008 予選敗退
  2012 予選中に失格[注 2]
  2016 予選敗退
  2020 出場禁止処分[注 1][注 3]
合計 0/7 0 0 0 0 0 0

アフリカ女子ネイションズカップの成績編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
1991 不参加
1995
  1998
  2000 予選敗退
  2002
  2004
  2006 グループリーグ敗退 3 0 1 2 5 9
  2008 優勝 5 5 0 0 11 4
  2010 準優勝 5 3 1 1 11 8
  2012 優勝 5 5 0 0 18 0
  2014 予選敗退
  2016 予選中に失格処分
  2018 グループリーグ敗退 3 0 0 3 1 18
合計 5/11 21 13 2 6 46 39

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 2016年オリンピックのアフリカ予選英語版で代表資格のない選手を出場させたため、2020年オリンピックの出場資格を剥奪され[1]、さらにその後2019年ワールドカップの出場資格も剥奪された[2]
  2. ^ アフリカ2次予選で出場停止処分中の選手を出場させたため失格となった[4]
  3. ^ 2020年オリンピックの出場禁止処分を科されてはいたものの、同アフリカ予選の出場チームには含まれていた。しかしその初戦となるコンゴ民主共和国戦を棄権した[5]

出典編集

外部リンク編集