サックラー・レクチャー

サックラー・レクチャー英語: Sackler Distinguished Lectures)は、サックラー財団によって1980年に創設された、数学者の顕彰行事である。毎年1回、世界から傑出した数学者が原則として1名だけ選ばれ(対象なしの年もある)、サックラー・レクチャラーとして連続講演をテル・アビブ大学で行う。

歴代サックラー・レクチャラー20人のうち、数学者に贈られる賞として世界で最も権威のあるフィールズ賞ネヴァンリンナ賞アーベル賞ウルフ賞の受賞総数は17人にものぼる。その選考水準の厳しさから、サックラー・レクチャラーに選ばれることは、数学者として最高の栄誉のうちの一つである。

科学研究をよく支援したことで知られる篤志家のレイモンド・R・サックラー博士(スミソニアン博物館サックラー美術館ハーバード大学Sackler Museumで名高いアーサー・M・サックラーとは兄弟)とその妻ビヴァリーの寄付によって創設されたレクチャーなので、その名を冠している。

歴代サックラー・レクチャラー編集

外部リンク編集