メインメニューを開く

サッポロクラシック

サッポロクラシックは、サッポロビールが製造・販売しているビールである。

サッポロクラシック
サッポロクラシック.JPG
基本情報
種類 ビール
度数 5.0%
主原料 麦芽ホップ
原産国 日本の旗 日本
製造元 サッポロビール
販売元 サッポロビール
詳細情報
テンプレートを表示

目次

概要編集

北海道地区限定で販売されている麦芽100%のビールで、北海道工場(北海道恵庭市)で生産されている。

製法編集

高温短時間仕込による「ホッホクルツ製法」を採用している。これはドイツ語で「ホッホ(高温)」、「クルツ(短い)」という意味で、ドイツ古来の醸造法のひとつであり、短い時間で高温処理し、麦芽本来の旨みを活かしたのが特徴である。ホップは「ファインアロマホップ」を100%使用している。

歴史編集

  • 1985年に発売を開始。地域限定ビールの先駆けとなった。当初は地味な存在であったが、年々人気を高め、2001年から2016年まで16年連続売上アップ(前年比100%超)[1]を達成し、北海道以外の地域でも名の知れているブランドである。そのため、日本各地のデパートスーパーでも北海道物産展等のイベントで販売されることが多く、また、インターネット通販等で取り扱っている店舗も多くあり、道外でも比較的容易に入手することができる。
  • 2008年には、富良野産ホップを使用した「サッポロクラシック 富良野VINTAGE」を発売。以後、毎年、秋期にその年に収穫された富良野産ホップを使用したものが数量限定で販売されている。
  • 2016年
    • 2月19日 - 「サッポロクラシック できたて出荷」を北海道で限定販売。第1回発売日。[2]この商品は、北海道工場にて製造後3日以内に出荷するもの。
    • 3月29日 - 「サッポロクラシック 春の薫り」を北海道限定で販売。[3]北海道産ホップ「ふらのほのか」を使用し、フレーバーホップによる柑橘類を思わせる香りと爽やかな味わいが特長のビール。デザインは、クラシックのロゴなどにピンク色を配している。
    • 4月22日 - 「サッポロクラシック できたて出荷」の第2回発売日。
  • 2017年
    • 3月21日 - 「サッポロクラシック 春の薫り」が2016年に好評を得たため、2017年も北海道限定で販売。[4]デザインは、春の新緑を感じさせる鮮やかなグリーンをベースカラーに、ホップのイラストをあしっている。

原材料編集

  • 麦芽
  • ホップ

栄養成分(100 mLあたり)編集

その他編集

  • 道内の飲食店では約190件(樽生)で提供している。また、道内のほとんどのスーパー、コンビニエンスストアで販売されている。
  • 商品のラインナップは樽生、大ビン(633ml)、中ビン(500ml)、缶(500ml)、缶(350ml)。

CMキャラクター編集

脚注編集

外部リンク編集