メインメニューを開く

サテリコン (映画)

概要編集

甘い生活』『フェリーニのローマ』とともに「フェリーニのローマ三部作」の一本とされる。ただし、現代のローマを舞台にした『甘い生活』『フェリーニのローマ』とは違って、本作は皇帝ネロ統治時代の古代ローマを舞台としている。

第43回アカデミー賞監督賞に、第27回ゴールデングローブ賞外国語映画賞にそれぞれノミネートされた。第30回ヴェネツィア国際映画祭では最優秀イタリア映画賞を受賞している。

日本ではユナイト映画(ユナイテッド・アーティスツ)日本支社が輸入し、1970年9月19日、同社の配給によって公開された[1]

本作のメイキングは、ギデオン・バックマンの監督によってイタリア・アメリカスウェーデン合作のドキュメンタリー映画フェリーニ サテリコン日誌フランス語版』としてまとめられ、1971年にアメリカなどで公開されている[2]

あらすじ編集

美青年の学生エンコルピオ(マーティン・ポッター)は、愛する少年奴隷ジトーネ(マックス・ボーンフランス語版)を親友のアシルト(ハイラム・ケラー)に奪われる。エンコルピオは芝居小屋に売られていたジトーネを必死の思いで奪還するも、自分のもとに留まるかアシルトのもとへ行くかをジトーネに選ばせたところ、アシルトのもとへ行くことを選択されてしまう。

愛する者に去られたエンコルピオが嗚咽していると、エンコルピオの泊まっていた宿が地震によって崩落する。行くあてを失ったエンコルピオは、たまたま訪れた美術展で詩人のエウモルポ(サルヴォ・ランドーネイタリア語版)から声を掛けられ、エウモルポの知人だという成金の解放奴隷トリマルチョーネ(マリオ・ロマニョーリ)が催す饗宴へと連れて行かれる。ところが、ある一言がきっかけでエウモルポはトリマルチョーネの怒りを買い、燃え盛る炎の中へあやうく放り込まれそうになる。

エウモルポとエンコルピオは何とかして饗宴の場から逃れるが、2人とも逃亡に疲れ果てて砂漠の上で眠ってしまう。翌朝、無防備に眠り込んでいたエンコルピオはリーカ(アラン・キュニー)を首領とする海賊団に捕らえられ、奴隷船に放り込まれる。もはやエウモルポはどこへ行ったか分からない。そしてエンコルピオは奇遇にも、奴隷船の中でアシルトとジトーネの姿を発見する。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

スタッフ編集

関連事項編集

編集

  1. ^ a b サテリコン、キネマ旬報映画データベース、2010年8月20日閲覧。
  2. ^ Ciao, Federico! - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月20日閲覧。

外部リンク編集