メインメニューを開く

サディスト (Sadist) は、イタリアデスメタルメロディックデスメタルバンドである。1990年代前半に、デスメタルにメロディを取り入れ、メロディックデスメタルの形成に関わった。その関係でメロディックデスメタルにカテゴライズされることが多い。また、プログレッシブデスメタルにカテゴライズされることも多い。

サディスト
Sadist
Sadist Metalcamp07 06.jpg
サディスト (2007年のメタルキャンプで撮影)
基本情報
出身地 イタリアの旗 イタリア リグーリア州
ジェノヴァ県 ジェノヴァ
ジャンル デスメタル
プログレッシブデスメタル
メロディックデスメタル
活動期間 1991年 - 2000年
2005年 -
レーベル ノスフェラトゥ・レコード
ディスプリーズド・レコード
インパクト/システム・ショック
ビヨンド...・プロダクションズ
ライヴグローバル
スカーレット・レコード
トイズファクトリー
ベル・アンティーク
アヴァロン・レーベル
トゥルーパー・エンタテインメント
公式サイト sadist.it
メンバー トレヴァー (ボーカル)
トミー・タラマンカ (ギターキーボード)
アレッシオ・スパラロサ (ドラムス)
旧メンバー ザンナ (ボーカル)
ファビオ (ボーカル)
アンディー・マルチーニ (ベース)
チコ (ベース)
ペソ (ドラム)
オイノス (ドラム)

目次

略歴編集

1991年に、イタリアデスメタルバンドネクロデスドラマー、ペソを中心に結成[1]。この時のラインナップは、ペソ (Ds)、ファビオ (Vo)、トミー・タラマンカ (G、Key)、アンディ・マルチーニ (B)であった[1]。同年中にデモシングル、『Black Screams』をリリース。後に地元のインディーズレーベルオブスキュア・プラズマ・レコード[1]や、アメリカのワイルド・ラッグス・レコードより再発された。ワイルド・ラッグス・レコードの再発盤は、3曲を追加したカセットテープフォーマットのEPであった[1]1992年に、ファビオが脱退し、ボーカルはアンディ・マルチーニが兼任する事になった[1]

1993年に、ノスフェラトゥ・レコードから1stアルバム『Above The Light』をリリースしデビューする[1]。同アルバムは、デスメタルを基礎に、クラシカルメロディを導入し、メロディックデスメタル黎明期の名盤とされる[1]。同年9月に、アンディ・マルチーニが脱退する[2]。代わって、ザンナ (Vo)とチコ (B)が加入する[2]。ペソの怪我によって、活動が停滞することもあったが[2]1995年末に、シンセサイザーを前面に出しプログレッシブ・ロックの要素が強くなった2ndアルバム『Tribe』をリリースする[2]。翌1996年になって、日本でもトイズファクトリーから、1stアルバムと2ndアルバムがリリースされ、日本デビューを果たした[2]

1996年に、レーベル契約をディスプリーズド・レコードに移す[2]。その後、トミー・タラマンカを除く全てのメンバーが脱退する[2]。そのため、アンディ・マルチーニが専任ベーシストとして復帰する[2]。また、新メンバーとして、トレヴァー (Vo)と、オイノス (Ds)が加入する[2]。そして、1997年に3rdアルバム『Crust』をリリースする[2]

3rdアルバムリリース後、ドラマーのオイノスが脱退し、アレッシオ・スパラロサ (Ds)が加入。レーベルをインパクト/システム・ショックに移して、1999年に4thアルバム『Lego』をリリース。しかし、2000年にバンドは、活動を休止する。バンドの中心人物であるトミー・タラマンカは後に、4thアルバムにニューメタルの要素を加えたことについて「制作上、誤った判断」と語っており、結果的にこの誤った判断によってバンドの雰囲気が悪化し、活動休止に至った[3]

2005年に、活動休止前と同じメンバーで活動を再開する。ビヨンド...・プロダクションズと契約し、1stおよび2ndアルバムをリマスターして再リリースする。2007年にバンド名を冠した5thアルバム『Sadist』をリリース。2010年にライヴグローバルより6thアルバム『Season in Silence』をリリースする。同アルバムは、北米ではシーズン・オブ・ミストからリリースされた。リリース後、ライヴグローバルを離脱し、スカーレット・レコードと契約した。

2015年に7thアルバム『Hyaena』をリリース。日本では、アヴァロン・レーベルからリリースされ、4thアルバム以来3枚ぶり、実に16年ぶりに日本盤がリリースされた。2018年に8thアルバム『Spellbound』をリリース。同アルバムは、アルフレッド・ヒッチコックの映画からインスピレーションを受けており、11曲中10曲がヒッチコックの映画のタイトルをそのまま使用している[3]トゥルーパー・エンタテインメントよりリリースされた日本盤邦題は『スペルバウンド 白い恐怖 ヒッチコックに捧ぐ』と副題が付いたものとなっており、各曲の邦題もヒッチコックの映画の邦題をそのままつけている。2019年1月下旬、ベーシストのアンディが脱退したことが発表された[4]

メンバー編集

現メンバー編集

  • トレヴァー (Trevor) - ボーカル (1996 - 2000、2005 - )
  • トミー・タラマンカ (Tommy Talamanca) - ギターキーボード (1991 - 2000、2005 - )
  • アレッシオ・スパラロサ (Alessio Spallarossa) - ドラムス (1997 - 2000、2005 - )

旧メンバー編集

  • ファビオ (Fabio) - ボーカル (1991 - 1992)
  • ザンナ (Zanna) - ボーカル (1993 - 1996)
  • アンディー・マルチーニ (Andy Marchini) - ベース (1991 - 1993、1996 - 2000、2005 - 2019)
    1992年から1993年の間のみ、ボーカルを兼任した。ダーク・ルナシーでも活動。
  • チコ (Chicco) - ベース (1993 - 1996)
  • ペソ (Peso) - ドラム (1991 - 1996)
    ネクロデスで活動。
  • オイノス (Oinos) - ドラム (1996 - 1997)

ディスコグラフィ編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 平野和祥 (1996年). “アバブ・ザ・ライト” (日本語) (CDライナー). 「Above the Light」. サディスト. 日本東京都渋谷区渋谷: トイズファクトリー. TFCK-88781. 
  2. ^ a b c d e f g h i j 前田岳彦 (1997年). “クラスト” (日本語) (CDライナー). 「Crust」. サディスト. 日本東京都渋谷区渋谷: トイズファクトリー. TFCK-87144. 
  3. ^ a b 奥野高久 (2018年). “スペルバウンド 白い恐怖 ヒッチコックに捧ぐ” (日本語) (CDライナー). 「Spellbound」. サディスト. トゥルーパーエンタテインメント. QATE-10114. 
  4. ^ SADIST: Andy Marchini lascia la band (イタリア語) Metalitalia.com (2019年1月23日) 2019年3月30日閲覧。

外部リンク編集