サトゥク・ボグラ・ハン

ハズラト・スルタン・アブドゥル・カリム・サトゥク・ボグラ・ハン・ガーズィー([[]]: , ラテン文字転写: Hazrat Sultan Abdulkarim Satuq Bughra Khan Ghazi, 920年 - 955年)は、カラハン朝の君主。

生涯編集

イスラムに改宗した最初のテュルク支配者で、カラハン朝の他の領民を改宗させるようになった。

ジャマール・カルシーによると、955年に死去し[1]、今日でもアルトゥクスで訪れることができるマザールに埋葬された。墓は1995年にウイグル建築家のアブドゥリム・アシャンによって復元された。

出典編集