サトノアラジン(欧字名:Satono Aladdin2011年2月16日 - )は、日本競走馬。主な勝ち鞍は2017年安田記念2016年京王杯スプリングカップスワンステークス

サトノアラジン
Satono Aladdin Yasuda Kinen 2017(IMG2).jpg
2017年安田記念
欧字表記 Satono Aladdin[1]
香港表記 神燈光照[2]
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2011年2月16日
死没 (存命)
登録日 2013年8月1日[3]
抹消日 2018年1月5日[4]
ディープインパクト
マジックストーム
母の父 Storm Cat
生国 日本の旗 日本北海道勇払郡安平町
生産者 ノーザンファーム
馬主 (株)サトミホースカンパニー
調教師 池江泰寿栗東
調教助手 山元譲治
競走成績
生涯成績 29戦8勝
中央:26戦8勝
海外:3戦0勝
獲得賞金 4億5090万3000円
勝ち鞍
GI 安田記念 2017年
GII 京王杯SC 2016年
GII スワンS 2016年
テンプレートを表示

全姉に2014年エリザベス女王杯を制したラキシスがいる。

経歴編集

2歳時(2013年)編集

2013年8月10日新潟競馬場の2歳新馬でデビュー。1.5倍の圧倒的人気に応え3馬身半差で圧勝する。2戦目は東京スポーツ杯2歳ステークスに出走、ここでも1倍台の人気を集めるが5着に敗れる。次走のラジオNIKKEI杯2歳ステークスは3着となる。

3歳時(2014年)編集

3歳になり共同通信杯に出走、早めの競馬で3着となる。続く自己条件のゆきやなぎ賞は1.2倍の人気に応えられず2着に敗退。その後、4か月休養し、休養明けの茶臼山高原特別を完勝、昇級戦の九州スポーツ杯でも3馬身で勝利し連勝。続く、神戸新聞杯は4着となり、菊花賞の優先出走権は獲得できなかったが、抽選により菊花賞への出走が叶い、6着となる。2か月ぶりとなった逆瀬川ステークスは6度目の単勝1倍台となるが6着に敗れる。

4歳時(2015年)編集

3か月ぶりとなった4歳初戦、武庫川ステークスは2馬身差の2着、春興ステークスを上がり最速で勝利し、昇級戦のモンゴル大統領賞を1馬身3/4差で1着、連勝を飾る。次走エプソムカップは逃げるエイシンヒカリをクビ差捉えられず2着に惜敗。5か月ぶりのレースとなった富士ステークスダノンプラチナとともに追い込むが再びクビ差の2着となる。次走、マイルチャンピオンシップは0.2秒差の4着。初の海外遠征となった香港カップは11着に敗れる。

5歳時(2016年)編集

4か月の休養明けとなった5歳初戦、ダービー卿チャレンジトロフィーは0.2秒差の3着、続く京王杯スプリングカップでは今後主戦となる川田将雅が騎乗、レースは後方待機から直線で力強く末脚を伸ばしてサンライズメジャーに1馬身半差をつけ重賞初制覇を飾った。勝ちタイム1分19秒6はレースレコードでの勝利となった[5]。次走の安田記念は4着に敗れる。夏は休養に充て5か月ぶりのレースとなったスワンステークスは後方から競馬を進め、直線外から上がり最速の脚で突き抜け、サトノルパンに1馬身1/4差をつけ1着、重賞2勝目を手にした[6]。次走のマイルチャンピオンシップは1番人気での出走となったが今一つ伸びきれず5着に敗れる。その後は前年と同じく香港に遠征し香港マイルに出走、1番人気となるが7着に終わる。

6歳時(2017年)編集

5か月の休み明け、連覇を狙った京王杯スプリングカップは1番人気に推されたが9着に惨敗する[7]。6月の安田記念は中団からやや後方でレースを進めると直線で外から一気に脚を伸ばして、逃げ粘るロゴタイプをゴール前で捕らえ勝利し、GI初制覇を果たした[8]。秋に入り、10月8日の毎日王冠は後方から追い込んできたがリアルスティールのクビ差2着となる[9]。続く天皇賞・秋は不良馬場に泣き18着[10]、3年連続出走となったマイルチャンピオンシップでも12着に終わる。引退レースとなった12月の香港マイルは後方追走から捲り気味に進出するも直線で失速し11着と惨敗した[11]。翌2018年1月5日付で競走馬登録を抹消[4]、引退後は社台スタリオンステーションで種牡馬入りする[12]

種牡馬時代編集

2018年から北海道安平町社台スタリオンステーションでスタッドインした。同年のシーズンオフからは、ニュージーランドでもシャトル種牡馬として繋養される[13]

競走成績編集

以下の内容はnetkeiba.comの情報[14]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)

オッズ

(人気)

着順 タイム

(上り3F)

着差 騎手 斤量

[kg]

1着馬(2着馬)
2013.08.10 新潟 2歳新馬 芝1600m(良) 17 8 15 001.50(1人) 01着 01:35.2(34.2) -0.6 戸崎圭太 54 (ツクバアスナロ)
0000.11.16 東京 東スポ杯2歳S GIII 芝1800m(良) 15 5 9 001.80(1人) 05着 01:46.3(33.6) -0.4 戸崎圭太 55 イスラボニータ
0000.12.21 阪神 ラジオNIKKEI杯2歳S GIII 芝2000m(稍) 16 2 3 003.20(1人) 03着 02:04.6(34.9) -0.3 戸崎圭太 55 ワンアンドオンリー
2014.02.24 東京 共同通信杯 GIII 芝1800m(良) 14 4 5 003.30(2人) 03着 01:48.6(33.8) -0.5 岩田康誠 56 イスラボニータ
0000.03.15 阪神 ゆきやなぎ賞 500万下 芝2400m(良) 12 3 3 001.20(1人) 02着 02:29.1(35.2) -0.2 岩田康誠 56 シャンパーニュ
0000.07.12 中京 茶臼山高原特別 500万下 芝2000m(良) 10 7 7 001.70(1人) 01着 02:02.9(34.3) -0.4 Z.パートン 54 (エイシンアロンジー)
0000.08.09 小倉 九州スポーツ杯 1000万下 芝2000m(稍) 9 8 9 001.60(1人) 01着 01:58.9(34.9) -0.5 浜中俊 54 (バッドボーイ)
0000.09.28 阪神 神戸新聞杯 GII 芝2400m(良) 16 4 8 003.40(2人) 04着 02:25.0(35.7) -0.6 浜中俊 56 ワンアンドオンリー
0000.10.26 京都 菊花賞 GI 芝3000m(良) 18 8 16 026.20(9人) 06着 03:01.9(34.9) -0.9 浜中俊 57 トーホウジャッカル
0000.12.06 阪神 逆瀬川S 1600万下 芝1800m(良) 12 6 7 001.50(1人) 06着 01:47.7(34.8) -0.2 浜中俊 56 アクションスター
2015.03.07 阪神 武庫川S 1600万下 芝1600m(稍) 16 1 2 004.10(2人) 02着 01:36.6(34.7) -0.3 池添謙一 57 テイエムタイホー
0000.04.19 中山 春興S 1600万下 芝1600m(良) 11 7 9 002.00(1人) 01着 01:34.2(32.7) -0.0 C.ルメール 57 (ダローネガ)
0000.05.23 東京 モンゴル大統領賞 OP 芝1800m(良) 17 8 18 002.60(1人) 01着 01:44.7(33.5) -0.3 C.ルメール 55 (フェスティヴタロー)
0000.06.14 東京 エプソムC GIII 芝1800m(良) 13 2 2 002.10(1人) 02着 01:45.4(34.3) -0.0 C.ルメール 56 エイシンヒカリ
0000.10.24 東京 富士S GIII 芝1600m(良) 16 6 11 002.40(1人) 02着 01:32.7(33.0) -0.0 C.ルメール 56 ダノンプラチナ
0000.11.22 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 18 4 8 005.60(3人) 04着 01:33.0(33.2) -0.2 C.ルメール 57 モーリス
0000.12.13 沙田 香港C G1 芝2000m(良) 13 9 090.0(11人) 11着 02.02.01 -1.41 J.マクドナルド 57 A Shin Hikari
2016.04.03 中山 ダービー卿CT GIII 芝1600m(良) 16 3 6 003.40(2人) 03着 01:33.0(33.9) -0.2 C.ルメール 57 マジックタイム
0000.05.14 東京 京王杯SC GII 芝1400m(良) 16 5 10 004.50(3人) 01着 01:19.6(32.4) -0.2 川田将雅 56 (サンライズメジャー)
0000.06.05 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 12 6 7 005.50(3人) 04着 01:33.2(33.6) -0.2 川田将雅 58 ロゴタイプ
0000.10.29 京都 スワンS GII 芝1400m(良) 18 6 11 004.00(2人) 01着 01:20.7(33.6) -0.2 川田将雅 57 (サトノルパン)
0000.11.20 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 18 1 2 003.80(1人) 05着 01:33.4(35.0) -0.3 川田将雅 57 ミッキーアイル
0000.12.11 沙田 香港マイル G1 芝1600m(良) 14 8 12 012.00(5人) 07着 01.33.82 -0.34 川田将雅 57 Beauty Only
2017.05.13 東京 京王杯SC GII 芝1400m(重) 13 4 4 003.50(1人) 09着 01:23.6(33.8) -0.4 川田将雅 57 レッドファルクス
0000.06.04 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 18 7 14 012.40(7人) 01着 01:31.5(33.5) -0.0 川田将雅 58 (ロゴタイプ)
0000.10.08 東京 毎日王冠 GII 芝1800m(良) 12 8 12 008.70(5人) 02着 01:45.6(32.6) -0.0 川田将雅 58 リアルスティール
0000.10.29 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(不) 18 7 14 014.10(5人) 18着 02:16.9(45.8) -8.6 川田将雅 58 キタサンブラック
0000.11.19 京都 マイルCS GI 芝1600m(稍) 18 3 5 009.10(5人) 12着 01:34.7(34.8) -0.9 川田将雅 57 ペルシアンナイト
0000.12.10 沙田 香港マイル G1 芝1600m(良) 14 4 4 014.00(5人) 11着 01.34.85 -1.13 H.ボウマン 57 Beauty Generation

種牡馬成績編集

初年度となる2018年は種付け料100万円で118頭の繁殖牝馬と交配された。

2021年6月10日、門別競馬第2競走でオミワタリが勝利して産駒の初勝利を挙げた[15]。同年7月25日、新潟競馬第5競走でレディバランタインが1着となり、産駒のJRA初勝利を挙げた[16]

血統表編集

サトノアラジン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系ヘイロー系
[§ 2]

ディープインパクト
JPN 2002 鹿毛
父の父
サンデーサイレンス
Sunday Silence
USA 1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
ウインドインハーヘア
IRE 1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere

*マジックストーム
Magic Storm
USA 1999 黒鹿毛
Storm Cat
USA 1983 黒鹿毛
Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
母の母
Foppy Dancer
1990 鹿毛
Fappiano Mr. Prospector
Killaloe
Water Dance Nijinsky
Luiana
母系(F-No.) マジックストーム(USA)系(FN:16-h) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5×4*5[注 1]
出典
  1. ^ [17]
  2. ^ [18][19]
  3. ^ [17]


脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 「5×4*5」は、父ディープインパクト経由で5代前、母マジックストーム経由で4代前・5代前にNorthern Dancerがある(母がノーザンダンサーの近親交配を内包する)ことを示す。

出典編集

  1. ^ SATONO ALADDIN (V613) - Racing Information” (英語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2017年12月5日閲覧。
  2. ^ 神燈光照 (V613) - 馬匹資料 - 賽馬資訊” (中国語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2017年12月5日閲覧。
  3. ^ 競走馬情報:サトノアラジン - @Keiba”. @Keiba - 競馬サービスプロバイダ. 2022年3月11日閲覧。
  4. ^ a b サトノアラジン号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2018年1月5日). 2018年1月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年1月5日閲覧。
  5. ^ “サトノアラジン待望の重賞初勝利/京王杯SC”. p.nikkansports.com.. (2016年5月14日). https://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=1647184&year=2016&month=05&day=14 2021年8月24日閲覧。 
  6. ^ サトノアラジンが突き抜け重賞2勝目!/スワンS”. netkeiba.com (2016年10月29日). 2021年8月24日閲覧。
  7. ^ “【京王杯スプリングC】レッドファルクス、貫禄V!安田記念優先出走権獲得”. スポーツ報知. (n.d.). http://www.hochi.co.jp/horserace/20170513-OHT1T50179.html 2017年6月4日閲覧。 
  8. ^ サトノアラジンが差し切り悲願のGI初制覇!/安田記念”. netkeiba.com (2017年6月4日). 2017年6月4日閲覧。
  9. ^ “【毎日王冠】リアルスティール、差し切りV!Mデムーロ騎手「すごい切れ」”. スポーツ報知. (n.d.). http://hochi.news/articles/20171008-OHT1T50169.html 2017年12月10日閲覧。 
  10. ^ “【天皇賞・秋】5番人気サトノアラジンは不良馬場に泣き最下位18着”. スポーツ報知. (n.d.). http://hochi.news/articles/20170513-OHT1T50179.html 2017年12月10日閲覧。 
  11. ^ 【香港マイル】地元ビューティージェネレーションが逃げ切りでG1初制覇!”. www.keibalab.jp. 競馬ラボ (2017年12月10日). 2017年12月10日閲覧。
  12. ^ 社台スタリオンステーションにサトノアラジンがスタッドイン”. uma-furusato.com. 競走馬のふるさと案内所 (2017年12月20日). 2017年12月20日閲覧。
  13. ^ “サトノアラジン今夏NZで種牡馬 8月に日本を出発”. 日刊スポーツ. (2018年1月30日). http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=201801300000100&year=2018&month=1&day=30 2018年7月1日閲覧。 
  14. ^ サトノアラジンの競走成績 | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2020年6月8日閲覧。
  15. ^ 【地方競馬】新種牡馬サトノアラジンの産駒が初勝利”. netkeiba.com (2021年6月10日). 2021年6月11日閲覧。
  16. ^ 【新潟5R新馬戦結果】レディバランタインが押し切りV サトノアラジン産駒初勝利”. netkeiba.com (2021年7月25日). 2021年7月25日閲覧。
  17. ^ a b 血統情報:5代血統表|サトノアラジン|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2017年6月5日閲覧。
  18. ^ サトノアラジンの種牡馬情報”. 競馬ラボ. 2020年6月14日閲覧。
  19. ^ サトノアラジンの血統表 | 競走馬データ”. netkeiba.com. 2017年6月5日閲覧。

外部リンク編集