メインメニューを開く

サトノクラウン(Satono Crown)は、日本競走馬。主な勝ち鞍は2014年東京スポーツ杯2歳ステークス、2015年弥生賞、2016年香港ヴァーズ[5]、2016年と2017年の京都記念[6]。 2017年の宝塚記念

サトノクラウン
Satono Crown Takarazuka kinen 2017(IMG1).jpg
2017年宝塚記念
欧字表記 Satono Crown[1][2]
香港表記 里見皇冠[3]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 黒鹿毛
生誕 2012年3月10日[1]
死没 (存命)
抹消日 2018年11月30日[4]
Marju[1]
ジョコンダII[1]
母の父 Rossini[1]
生国 日本の旗 日本
生産 ノーザンファーム[1]
馬主 (株)サトミホースカンパニー[1]
調教師 堀宣行美浦[1]
競走成績
生涯成績 20戦7勝
国内:17戦6勝
海外:3戦1勝
獲得賞金 6億3210万3100円
国内:4億8603万6000円
海外:940万5000香港ドル
 
勝ち鞍
GI 香港ヴァーズ 2016年
GI 宝塚記念 2017年
GII 弥生賞 2015年
GII 京都記念 2016年・2017年
GIII 東スポ杯2歳S 2014年
テンプレートを表示

目次

経歴編集

2歳 - 3歳(2014年 - 2015年)編集

2歳で東スポ杯2歳S(この時、ゲートで立ち上がってしまい、枠内駐立不良となり発走調教再審査)を含む2戦2勝のあと、発走調教再審査合格後の3歳緒戦の弥生賞を勝ち、3戦不敗とした。過去に弥生賞まで全勝のまま皐月賞に挑むのは9頭いて、そのうち7頭が皐月賞、日本ダービー菊花賞中央競馬クラシック三冠のいずれかを勝っているほか、2頭はその全てに勝って三冠馬となっていた。こうしたことから、サトノクラウンには注目が集まった[7]

しかし、皐月賞、日本ダービーとも敗れ、秋は天皇賞(秋)で17着に大敗した[6]

4歳(2016年)編集

復帰初戦に京都記念を選択して関西へ遠征。当日は重馬場だったが、ミルコ・デムーロ鞍上のもと2着のタッチングスピーチに3馬身差をつけ勝利を収めた[8]関東馬が京都記念を勝つのは1988年のカシマウイング以来28年ぶりとなった[8]

その後、香港のクイーンエリザベス2世カップへと遠征するが大敗、帰国後の宝塚記念、秋緒戦の天皇賞(秋)ともに振るわず再び矛先を香港へ向けてきた。

本馬が選択した香港ヴァースには同年の凱旋門賞を2着し、前走BCターフを勝ったハイランドリールが連覇を狙い出走しており、単勝1.3倍の支持を受けていた。

レースは直線に入るや逃げたハイランドリールが後続を引き離しにかかると、これを唯一追ったサトノクラウンとの一騎討ちとなり、ゴール寸前で逃げを捉えたサトノクラウンに軍配が上がった。

5歳(2017年)編集

年内始動戦は、前年と同じく京都記念を選択し、2016年の日本ダービーの勝ち馬マカヒキ、前走日経新春杯を勝利し挑んだミッキーロケットに次ぐ3番人気に推された。道中は中団に位置し、直線で逃げ粘るヤマカツライデンとガリバルディを交わすと追い縋るマカヒキやスマートレイアーの追撃を封じ、2着に1馬身差をつけ勝利。同レース2連覇を達成した。奇しくも、マカヒキとサトノクラウンは無敗の弥生賞馬であり、対決を制したことによりその力を示した結果となった[6]。 続く大阪杯は6着と一息だったが、宝塚記念では内からしぶとく食い下がるグランプリ王者ゴールドアクターを振り切って悲願のGI国内制覇となった。これにより宝塚記念は2年連続関東馬のワンツーとなった (16年はマリアライトドゥラメンテ)。秋緒戦の天皇賞(秋)では好位追走から最後の直線で先に抜け出したキタサンブラックとのマッチレースになるもクビ差及ばず2着となる[9]。その後、ジャパンカップは10着、有馬記念は13着と2戦続けての大敗となった。

6歳(2018年)編集

始動戦となったドバイシーマクラシックでは2016年香港ヴァーズ以来となるジョアン・モレイラとのコンビで挑むも7着。帰国後は連覇がかかった宝塚記念に出走するも12着惨敗。11月のジャパンカップ9着を最後に現役を引退した。引退後は社台スタリオンステーションで種牡馬となる[4]

競走成績編集

出典:[6]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
タイム差 騎手 斤量 1着馬/(2着馬)
2014.10.25 東京 2歳新馬 芝1800m(良) 16 5 10 02.70(2人) 01着 01:50.0(33.5) -0.2 福永祐一 55kg (アンタラジー)
0000.11.24 東京 東スポ杯2歳S GIII 芝1800m(良) 13 1 1 08.10(4人) 01着 01:47.9(33.8) -0.0 R.ムーア 55kg (アヴニールマルシェ)
2015.03.08 中山 弥生賞 GII 芝2000m(稍) 11 4 4 06.30(2人) 01着 02:01.8(35.7) -0.2 福永祐一 56kg (ブライトエンブレム)
0000.04.19 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 15 5 8 03.10(1人) 06着 01:58.9(34.5) -0.7 C.ルメール 57kg ドゥラメンテ
0000.05.31 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 18 6 11 06.30(3人) 03着 02:23.5(33.8) -0.3 C.ルメール 57kg ドゥラメンテ
0000.11.01 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(良) 18 2 3 12.50(7人) 17着 01:59.9(35.1) -1.5 C.ルメール 56kg ラブリーデイ
2016.02.14 京都 京都記念 GII 芝2200m(重) 15 4 7 09.20(6人) 01着 02:17.7(36.6) -0.5 M.デムーロ 56kg (タッチングスピーチ)
0000.04.24 沙田 QE2世C GI 芝2000m(稍) 13 8 7 08.00(5人) 12着 2:04.39 -3.1 Z.パートン 57kg Werther
0000.06.26 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(稍) 17 8 15 28.70(9人) 06着 02:13.5(36.8) -0.7 岩田康誠 58kg マリアライト
0000.10.30 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(良) 15 3 4 21.50(8人) 14着 02:00.8(35.4) -1.5 福永祐一 58kg モーリス
0000.12.11 沙田 香港ヴァーズ GI 芝2400m(良) 14 9 4 11.40(4人) 01着 02:26.22 -0.1 J.モレイラ 57kg (Highland Reel)
2017.02.12 京都 京都記念 GII 芝2200m(稍) 10 6 6 04.40(3人) 01着 02:14.1(34.9) -0.2 M.デムーロ 58kg (スマートレイアー)
0000.04.02 阪神 大阪杯 GI 芝2000m(良) 14 5 7 04.60(3人) 06着 01:59.3(34.2) -0.4 M.デムーロ 57kg キタサンブラック
0000.06.25 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(稍) 11 8 11 09.00(3人) 01着 02:11.4(35.4) -0.1 M.デムーロ 58kg (ゴールドアクター)
0000.10.29 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(不) 18 1 2 04.00(2人) 02着 02:08.3(38.6) -0.0 M.デムーロ 58kg キタサンブラック
0000.11.26 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 17 6 12 05.70(3人) 10着 02:25.2(36.0) -1.5 M.デムーロ 57kg シュヴァルグラン
0000.12.24 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 6 12 09.80(4人) 13着 02:34.6(35.4) -1.0 R.ムーア 57kg キタサンブラック
2018.03.31 メイダン ドバイシーマC G1 芝2410m(良) 10 8 8 07着 J.モレイラ 57kg Hawkbill
0000.06.24 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(稍) 16 5 9 11.90(6人) 12着 02:12.8(36.8) -1.2 石橋脩 58kg ミッキーロケット
0000.11.25 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 14 3 4 87.40(9人) 09着 02:22.6(35.1) -2.0 W.ビュイック 57kg アーモンドアイ

血統表編集

サトノクラウン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ノーザンダンサー系
[§ 2]

Marju
1988 黒鹿毛
父の父
*ラストタイクーン
1983 黒鹿毛
*トライマイベスト Northern Dancer
Sex Appeal
Mill Princess Mill Reef
Irish Lass
父の母
Flame of Tara
1980 鹿毛
*アーティアス Round Table
Stylish Pattern
Welsh Flame Welsh Pageant
Electric Flash

ジョコンダII
2003 鹿毛
Rossini
1997 鹿毛
Miswaki Mr. Prospector
Hopespringseternal
Touch of Greatness Hero's Honor
Ivory Wand
母の母
La Joconde
1999 鹿毛
Vettori Machiavellian
Air Distingue
Lust Pursuit of Love
Pato
母系(F-No.) 20号族(FN:20-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer4×5、Mr. Prospector4×5、Buckpasser5×5、Sir Ivor5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ サトノクラウン 5代血統表2017年9月7日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com サトノクラウン 5代血統表2017年9月7日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ サトノクラウン 5代血統表2017年9月7日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ サトノクラウン 5代血統表2017年9月7日閲覧。

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j サトノクラウン|JBISサーチ 日本軽種馬協会 2016年2月17日閲覧。
  2. ^ SATONO CROWN (V632) - Racing Information” (英語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2016年12月1日閲覧。
  3. ^ 里見皇冠 (V632) - 馬匹資料 - 賽馬資訊” (中国語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2016年12月1日閲覧。
  4. ^ a b サトノクラウン号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2018年11月30日). 2018年12月1日閲覧。
  5. ^ サトノクラウン海外で初GI制覇、ハイランドリールは2着/香港ヴァーズ (netkeiba.com 2016年12月11日(日)18時20分)2016年12月11日(日)20時52分閲覧
  6. ^ a b c d サトノクラウン|競走馬データ - netkeiba.com 2016年2月17日閲覧。
  7. ^ Number Web 2015年3月19日付 島田明宏無敗の弥生賞馬サトノクラウンの衝撃。クラシックで起きる「西高東低」逆転。 2016年2月17日閲覧。
  8. ^ a b 日刊スポーツ 2016年2月15日付 サトノクラウン復活Vこれが真の実力/京都記念 2016年2月17日閲覧。
  9. ^ 【天皇賞】サトノクラウン首差惜敗2着…キタサンブラックに連勝ならず”. netkeiba.com (2017年10月30日). 2018年12月1日閲覧。
  10. ^ ライトニングパール(IRE)|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2019年3月21日閲覧。
  11. ^ Classic Cliche(IRE)|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2019年3月21日閲覧。
  12. ^ My Emma(GB)|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2019年3月21日閲覧。

外部リンク編集