メインメニューを開く

サドルバッグ: saddlebag)は、サドルに装着されるである。シートバッグ(: seat bag)ともよばれる。馬具として発達し、自転車オートバイでも用いられるようになった。 

目次

馬具編集

馬具としてのサドルバッグは、鞍の前や後ろに置かれ、鞍を馬体に固定する腹帯や鞍自体に紐などで固定される。材質は多様であり、皮革製のものは伝統的ではあるものの、近代的な材質のものと比して重く、手入れをより必要とする。サドルバッグは、鞍の前方に置かれるポメルバッグ (pommel bag)、鞍の後方に置かれるサドルバッグ、騎乗しない状態で鞍の上から左右に振り分けるパニエ (panniers) の3種類に分けられる。

自転車編集

自転車の場合、主にロードバイクマウンテンバイク (MTB) などのスポーツ自転車に用いられ、サドル後部に付けるバッグを指す。通常、修理用具(予備チューブパンク修理キット、工具など)や、ファーストエイドキットなどを収納する。

容量は様々で、小さいものはウェッジ(意味:くさびseat bags, wedge packs, seat packs)。サドルバッグは、比較的大きいものも含めで、一般的な呼称で使用される。

リカンベント自転車は大きな座席を擁するため、専用の荷物入れが装着できる。

オートバイ編集

オートバイに用いられるサドルバッグは、サドルに相当するオートバイ用シートの後ろ側、車体の後部にフレームと後輪を挟み込むように左右にたらして取り付けられる。そのためサイドバッグと呼ばれる場合もある[1]。構造的に上側のみで固定されており、後輪および駆動系のチェーンなどへの巻き込みを防止するため、サドルバッグ用の補助フレームと併用されるのが一般的である[1]。「バッグ」の名称が示すとおり素材は布製・革製の袋状のものであり、同様の構造と機能でも樹脂性素材などの箱型のものは「パニアケース」として区別される[2]

オートバイ用サドルバックの発明については、1961年4月11日にジョージア州アトランタのルース・グリーブス (Ruth K. Greaves) によって「アメリカ合衆国特許第2,979,098号」が取得されている。

ギャラリー編集

脚注編集

関連項目編集