メインメニューを開く
サドーヴォエ環状道路の地下鉄クラースヌィエ・ヴォロータ(赤い門)駅近くのスターリン風格建物

サドーヴォエ環状道路(サドーヴォエかんじょうどうろ、ロシア語: Садо́вое кольцо́)はロシアモスクワ市内にある環状道路のひとつである。

歴史編集

 
スハレフの塔(1690年建設)
 
改装なって緑の景観を取り戻したサドーヴォエ環状道路(2018年)

サドーヴォエ環状道路はもともとクリミア・タタール人に攻撃された後に、フョードル1世の時の1591年に土塁の「スコラドーム」(急いで作られた建築物)であったところである。それからミハイル・ロマノフの時代に、ゼムリャノイ・ヴァル(土塁)と呼ばれるより高い城壁になり、この名称はこの環状道路南東部部分にそのまま残っている。城壁の周りには、全体で34のがあって、町へ出入りできた。

19世紀になり、城壁は不要になって取り払われて、10-20サージェン(22–43メートル)の道路となり、道路にい沿った建物は植物を植えたを作ることを条件に許可された。1850年ころまでには、道路からは建物は庭木の蔭で見えないほどになっていたので、サドヴォエ環状線(ガーデン・リング)という名前で呼ばれるようになった。

20世紀になって、1935年にはヨシフ・スターリンがこのサドーヴォエ環状線を30~40メートル幅にするように計画を進め、スターリン様式建物も多く建設された。1938年にはこの環状道路の路面電車を廃止した代わりに、南と東部分は地下鉄環状線が作られ、ただしこの地下鉄環状線の北と西部分は鉄道駅(レニングラーツキー駅ベラルースキー駅キエフスキー駅)に接続するためサドーヴォエ環状線の地下を通っている訳ではない。

21世紀になって、もとの自然にあふれたガーデン・リングに戻すような計画も進められている[1]

脚注編集

参照項目編集

外部リンク編集