サバンナ (軽巡洋艦)

サバンナ (USS Savannah, CL-42) は、アメリカ海軍軽巡洋艦ブルックリン級軽巡洋艦の1隻。艦名はジョージア州サバンナに因む。その名を持つ艦としては4隻目。

サバンナ
USS Savannah (CL-42) off New England 1944.jpg
基本情報
建造所 ニュージャージー州カムデンニューヨーク造船所
運用者 Seal of the United States Department of the Navy.svgアメリカ海軍
級名 ブルックリン級軽巡洋艦
艦歴
発注 1933年7月16日
起工 1934年5月31日
進水 1937年5月8日
就役 1938年3月10日
退役 1947年2月3日
除籍 1959年3月1日
除籍後 1966年1月25日、スクラップとして売却。
要目
排水量 9,700 トン
全長 608 ft (185 m)
最大幅 69 ft (21 m)
吃水 20.6 ft (6.3 m)
主缶 水管罐×8基
主機 蒸気タービン×4基
出力 100,000 hp (75,000 kW)
推進器 スクリュープロペラ×4軸推進
最大速力 32.5ノット (60.2 km/h)
乗員 士官、兵員868名
兵装
搭載機 SOC シーガル×4機
その他 船尾カタパルト×2基
テンプレートを表示

艦歴編集

サバンナは1934年5月31日にニュージャージー州カムデンニューヨーク造船所で起工した。1937年5月8日にジェーン・メイ・ボウデン(ジョージア州選出上院議員リチャード・ラッセル・ジュニアの姪)によって命名、進水し、1938年3月10日にフィラデルフィア海軍造船所で艦長ロバート・C・グリフィン英語版大佐の指揮下就役した。

ニューヨーク海軍工廠で火器管制レーダーと40mm対空砲が増設された後、サバンナはフランク・E・ビーティ少将指揮下の士官候補生訓練艦隊旗艦となる。6月7日にアナポリスを出航、400名の士官候補生を乗せて訓練に向かった。その後キューバへ同様の航海を2度行い、9月30日にアナポリスで候補生を下艦させ、10月1日には別のグループを乗艦させてフロリダ州ペンサコーラに向かう。1945年10月25日から30日までジョージア州サバンナで海軍記念日の記念式典に参加し、11月1日にノーフォークに帰還、マジック・カーペット作戦参加の準備を行う。

サバンナは11月13日にノーフォークを出航し、11月20日にフランスル・アーヴルに到着した。翌日1,370名の兵および67名の士官を乗せて出航、11月28日にニューヨーク港に到着する。その後同様の航海を行い、12月17日に帰還した。

サバンナは1945年12月19日に不活性化オーバーホールのためフィラデルフィア海軍造船所へ移動した。1946年4月22日に予備役となり、1947年2月3日に退役した。1959年3月1日に除籍され、1966年1月25日にスクラップとしてベスレヘム・スチールに売却された。

サバンナは第二次世界大戦の戦功で3個の従軍星章を受章した。

外部リンク編集