メインメニューを開く

サバ地震(サバじしん)は、2015年6月5日マレーシアサバ州ラナウで発生したマグニチュード5.9[3]ないし6.0[1]地震である。

サバ地震
サバ地震の位置(マレーシア内)
サバ地震
本震
発生日 2015年6月5日[3]
発生時刻 午前7時15分(現地時間)[3]
規模    マグニチュード(M)5.9[3]
被害
被害地域 マレーシアの旗 マレーシア
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

震央の北十数kmに位置するキナバル山(標高4095m)で広範囲に地すべり落石が発生し、6月6日未明までに登山客174人が徒歩などで下山したが、そのうち26人が負傷して手当てを受けた[4]。また、救助活動が行われたが、18人の死亡が確認された[2]

死者数・負傷者数編集

死者数 負傷者数 備考
  シンガポール 10[2]  
  マレーシア 6  
  フィリピン 1
  中華人民共和国 1  
  日本 1
合計 18[2] 26[4]

脚注編集