メインメニューを開く
紀元前5世紀のラティウムの諸民族(ラテン語表記)

サビニ人(サビニじん、ラテン語:Sabiniサビーニ人とも)は、イタリア半島ローマの北東、ティベリス川一帯に住んでいた古代の部族である。好戦的で城壁を持たない町に住んでおり、サビニ人は自らの起源をスパルタからの移民であると言っている、と言われている。

ローマ人によって女が強奪されたいわゆるサビニの女たちの略奪の後、ローマと4度の戦争を起こすが、結果的にローマに併合された。サビニ族出身のクラウディウス氏族はローマ最高の名門に登り詰めている。

目次

言語編集

サビニ語英語版を話していた。サビニ語に関する記録はほとんど残っていないが、イタリック語派ウンブリア語の一種とされている。

サビニに関連する人物編集

脚注編集

[ヘルプ]

参考文献編集

  • プルタルコス英雄伝』1、柳沼重剛訳、京都大学学術出版会〈西洋古典叢書 G049〉、2007年6月。ISBN 978-4-87698-167-0

関連項目編集