サミュエル・エトオ

カメルーンのサッカー選手

サミュエル・エトオ・フィスSamuel Eto'o Fils, 1981年3月10日 - )は、カメルーンリトラル州ドゥアラ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。元カメルーン代表。ポジションはフォワード

サミュエル・エトー Football pictogram.svg
Samuel 2011.jpg
名前
本名 サミュエル・エトー・フィス
Samuel Eto'o Fils
愛称 黒い宝石、黒豹
ラテン文字 Samuel ETOO
基本情報
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1981-03-10) 1981年3月10日(40歳)
出身地 ドゥアラ
身長 180cm
体重 79kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
ユース
1992-1996 カメルーンの旗 カジ・スポーツ・アカデミー英語版
1996-1997 スペインの旗 レアル・マドリード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2000 スペインの旗 レアル・マドリード 3 (0)
1997-1998 スペインの旗 レガネス (loan) 28 (3)
1999 スペインの旗 エスパニョール (loan) 0 (0)
2000 スペインの旗 マジョルカ (loan) 13 (6)
2000-2004 スペインの旗 マジョルカ 120 (48)
2004-2009 スペインの旗 バルセロナ 144 (108)
2009-2011 イタリアの旗 インテル・ミラノ 67 (33)
2011-2013 ロシアの旗 アンジ・マハチカラ 53 (25)
2013-2014 イングランドの旗 チェルシー 21 (9)
2014-2015 イングランドの旗 エヴァートン 14 (3)
2015 イタリアの旗 サンプドリア 18 (2)
2015-2018 トルコの旗 アンタルヤスポル 59 (36)
2018 トルコの旗 コンヤスポル 13 (6)
2018-2019 カタールの旗 カタールSC 16 (7)
代表歴
2000  カメルーン U-23 6 (1)
1997-2014 カメルーンの旗 カメルーン 118 (56)
監督歴
2015-2016 トルコの旗 アンタルヤスポル (暫定)
獲得メダル
男子 サッカー
オリンピック
2000 シドニー サッカー
1. 国内リーグ戦に限る。2018年8月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

サミュエル・エトーとも表記されることもある。別名黒い宝石。なお、フィスは英語の Jr. (ジュニア)に相当するフランス語の添え名である。 カメルーン代表の最多得点記録保持者であり、史上最多の4度のアフリカ年間最優秀選手賞受賞、2度のアフリカネイションズカップ優勝、3度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝など数々の栄誉を手にしている。

2021年9月、サミュエルエトオは、カメルーンサッカー連盟(Fecafoot)の会長候補に立候補したことを発表しました。

経歴編集

初期の経歴編集

カメルーンのドゥアラ市にあるカジ・スポーツアカデミーの一期生。その後、16歳でレアル・マドリード・カスティージャと契約。しかし、外国人であった為セグンダ・ディビシオンBでは試合に出場できず、成長を妨げないようレンタルされ、CDレガネスRCDエスパニョールRCDマヨルカで過ごした。

2000年のシーズン終了後に、6億6000万円でRCDマヨルカに完全移籍し、2002年にコパ・デル・レイ優勝に導くなど活躍している。

バルセロナ編集

 
バルセロナ時代のエトオ

2004-2005シーズンにFCバルセロナに移籍し、リーガ優勝を経験した。

2006年9月のUEFAチャンピオンズリーグ1次リーグ、ヴェルダー・ブレーメン戦で右ひざ半月板を痛め、全治5ヶ月と診断された。自身が「第二の故郷」としているマジョルカ島で療養していたが、2007年2月に復帰し、ゴールも決めている。なお、復帰後の起用法を巡って出場を拒否するなど、トラブルメーカー的な側面も見せた。

2007-08シーズンはティエリ・アンリがバルセロナに加入し、前述のフロントとの衝突などから放出が噂されたが、結局チームに残った。しかし開幕前のインテルナツィオナーレ・ミラノとの親善試合で怪我を負うと、ボージャン・クルキッチの台頭などもあり出場機会が減少。ただし、出場した試合では18試合で16ゴールと抜群の決定力を見せた。また、2007年10月17日にはスペイン国籍を取得し、カメルーンとの二重国籍となった。

2008-09シーズン、監督に就任したジョゼップ・グアルディオラの意向により一度戦力外通告を受けるが、最終的に残留する形で踏み止まると、10月25日の第8節UDアルメリア戦でバルサ史上最短の23分間でのハットトリックを達成し(この時点で8試合9得点を記録、バルサ在籍中の得点率が1.34試合となり、バルサ歴代2位につく)[1]リオネル・メッシ、アンリとともに世界最強ともいわれる3トップを組むと、自己最多、リーガ2位の30ゴールを記録し、チャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・ユナイテッドFC戦では決勝点を挙げた。3シーズンぶりのリーガ制覇とチャンピオンズリーグ、さらにはコパ・デル・レイをも制し、スペイン勢史上初の3冠獲得に大きく貢献した。

インテル・ミラノ編集

 
インテルでプレーするエトオ(2009年)

2009年7月、ズラタン・イブラヒモビッチとのトレード(エトオ+移籍金4600万ユーロ)により、5年契約でインテルナツィオナーレ・ミラノへ移籍。2008-09シーズンセリエA24得点(得点ランキング2位タイ)のディエゴ・ミリートと2トップを組むことになった。8月8日のスーペルコッパ・イタリアーナSSラツィオ戦で移籍後公式戦初出場、初得点を記録すると、セリエAデビューとなった2週間後のASバーリ戦でPKによりセリエA初得点を挙げた。2010年3月16日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグチェルシーFC戦では、チームを4シーズンぶりのベスト8へと導く決勝ゴールを挙げた。その後インテルはセリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグを制し、エトオは史上初めて2シーズン連続で三冠を獲得した選手となった。

2010-11シーズンも好調が続き、UEFAチャンピオンズリーグではグループリーグ6戦で1位の7得点を記録。セリエAでも得点ランクトップを走ったが、11月21日のACキエーヴォ・ヴェローナ戦では相手選手に頭突きをしてしまい、3試合の出場停止処分を受けた[2]FIFAクラブワールドカップ2010では決勝のマゼンベ戦で1ゴール1アシストを記録するなど活躍し、ゴールデンボール(MVP)を獲得した。12月21日にはクラブでの活躍が評価され、4度目のアフリカ年間最優秀選手賞を受賞した。その後はセリエ、チャンピオンズリーグともに得点王こそ逃したものの攻撃の中心として活躍。2011年5月9日のコッパ・イタリア決勝のUSチッタ・ディ・パレルモ戦では2得点を挙げ、インテルの2連覇に貢献。またこの2得点でシーズンの総得点を37とし、バルセロナ時代の2008-09シーズンに記録した自己記録を更新した[3]

アンジ・マハチカラ編集

2011年8月24日、ロシアダゲスタン共和国に本拠地を置くFCアンジ・マハチカラに3年契約で移籍した[4]。移籍金は非公表であるが、移籍金2700万ユーロ、年俸は2000万ユーロと伝えられている[5]。その3日後に行われたロシア・プレミアリーグ第22節のFCロストフ戦(2-2)では後半58分から出場して80分に同点ゴールを挙げ[6]、第23節のFCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド戦では2試合連続となる得点を挙げた[7][8]

チェルシー編集

2013年8月、アンジは経営規模の縮小を発表。結果、主力選手の大半が市場に出ることになった。古巣のインテルなどが獲得に動いたが、2013年8月29日、チェルシーFCに1年契約で移籍決定。再びモウリーニョの下でプレーすることになる[9]。背番号は29番。 10月19日のカーディフ・シティFC戦で移籍後初ゴールを挙げると、2014年1月20日のマンチェスター・ユナイテッドFC戦ではハットトリックを達成した[10]

エヴァートン編集

2014年8月26日、エヴァートンFCに2年契約で加入した[11]

サンプドリア編集

2015年1月24日、UCサンプドリアに移籍した[12]

アンタルヤスポル編集

2015年7月1日、スュペル・リグアンタルヤスポルと3年契約を結んだことを発表した[13]。同年12月7日、ユスフ・シムシェク英語版が監督を退任すると、翌2016年1月初頭まで暫定的に選手兼任監督を務め、最初の2試合で2勝を挙げた[14]

コンヤスポル編集

2018年1月30日、フリーエージェントでコンヤスポルに加入した。8月3日、クラブと双方合意の上で契約を解除した[15]

カタールSC編集

2018年8月13日、カタールリーグ・1部カタールSCが契約を結んだことを発表した[16][17]。そして翌2019年2月に退団し、同9月に現役の引退を表明[18]

代表編集

 
カメルーン代表でのエトオ

1998年のFIFAワールドカップ・フランス大会にはカメルーン代表史上最年少となる17歳3ヶ月で出場した。同年のトヨタカップ2000年のアフリカネイションズカップシドニー五輪を制した。

また、カメルーン代表として2002年日韓ワールドカップで来日した際にサガン鳥栖と試合をして決勝点を奪っている。ワールドカップではグループリーグ第2戦のサウジアラビア戦で決勝点となるゴールを決め勝利に導く。しかし1勝1分1敗の3位でグループリーグ敗退となった。

2006年ワールドカップドイツ大会アフリカ最終予選は、アウェーでコートジボワールに勝利し最終戦を前に首位に立つが、最終戦でエジプトに終盤に追いつかれ、ロスタイムにピエール・ウォメがPKを失敗して引き分けに終わる。最終戦に勝利したコートジボワールに抜かれ本大会出場を逃した(ヤウンデの悲劇)。

2006年のアフリカネイションズカップ・エジプト大会では、準々決勝でワールドカップの最終予選で最後まで出場を争ったコートジボワールPK戦までもつれたが全員成功し2巡目の最初の番でエトオはクロスバーを越えるミスキックをしてしまい、チームはベスト8で敗れた。

2010年ワールドカップ南アフリカ大会ではグループリーグ初戦の日本戦では、チーム事情から本来のポジションとは異なる右サイドでのプレイを余儀なくされ無得点だったが、デンマーク戦とオランダ戦ではゴールを記録した。9月5日のアフリカネイションズカップ2012予選のモーリシャス戦で2得点を挙げ、代表通算100試合出場と50得点を達成した。

2011年11月15日、代表戦出場ボーナスの支払いがないことから、アルジェリア代表との親善試合をボイコットして試合は中止された。これを重く見たカメルーンサッカー連盟は、16日に代表戦15試合の出場停止処分を下したが[19]、エトオは処分が不服であるとして規律委員会に訴え、4試合の出場停止に軽減された[20]

2014年8月27日、代表引退を表明した[21]

エピソード編集

  • 幼い頃に父親に腕時計を買ってもらって以降、腕時計にはこだわりがあり、自らプロデュースも行っている。2010年W杯予選の際は「カメルーンがW杯に出場できたらチームメイト全員に腕時計をプレゼントする」と宣言し、実際に出場決定後、自らのブランドの450万円相当の腕時計を贈った(計1億円に上る[22])。
  • 携帯電話のマニアとして知られており、400台もの携帯を所持している(そのうち14台は別々の国、電話番号で稼働中)[23]。また、2012年1月には母国カメルーンで携帯電話会社を設立した[24]

個人成績編集

クラブ編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
スペイン リーグ戦 国王杯オープン杯 期間通算
1997-98 レガネス セグンダB 28 3 2 1 - 30 4
レアル・マドリード プリメーラ 1 0 0 0 - 1 0
1998-99 エスパニョール 0 0 1 0 - 1 0
レアル・マドリード 2 0 0 0 1 0 3 0
1999-00 マヨルカ 13 6 0 0 - 13 6
2000-01 28 11 5 2 - 33 13
2001-02 30 6 1 1 - 31 7
2002-03 9 30 14 6 5 - 36 19
2003-04 32 17 2 0 2 1 36 18
2004-05 バルセロナ 37 25 1 0 - 38 25
2005-06 34 26 0 0 2 2 36 28
2006-07 19 11 2 1 3 0 24 12
2007-08 18 16 3 0 - 21 16
2008-09 36 30 4 0 - 40 30
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
2009-10 インテル 9 セリエA 32 12 2 1 1 1 35 14
2010-11 35 21 4 5 4 3 43 29
2011-12 0 0 0 0 1 0 1 0
ロシア リーグ戦 ロシア杯オープン杯 期間通算
2011-12 (en) アンジ・マハチカラ 9 ロシア・プレミア 22 13 1 0 - 23 13
2012-13 (en) 25 10 3 2 - 28 12
2013-14 6 2 0 0 - 6 2
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
2013-14 チェルシー 29 プレミアリーグ 21 9 2 0 3 0 26 9
2014-15 エヴァートン 14 3 1 0 1 0 16 3
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
2014-15 サンプドリア 9 セリエA 18 2 0 0 0 0 18 2
トルコ リーグ戦 トルコ杯オープン杯 期間通算
2015-16 (en) アンタルヤスポル 9 スュペル・リグ 33 22 1 0 - 34 22
2016-17 28 16 0 0 - 28 16
2017-18 コンヤスポル 13 6 1 0 - 14 6
カタール リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2018-19 カタールSC 81 カタールリーグ 16 6 2 3 18 9
通算 スペイン プリメーラ 280 162 25 10 8 3 313 175
スペイン セグンダB 28 3 2 1 - 30 4
イタリア セリエA 85 35 6 6 6 4 97 45
ロシア ロシア・プレミア 53 25 4 2 - 57 27
イングランド プレミアリーグ 35 12 4 0 3 0 42 12
トルコ スュペル・リグ 74 44 2 0 - 76 44
カタール カタールリーグ 16 6 2 3 18 9
総通算 571 287 45 22 17 3 633 316

代表歴編集

出場大会編集

試合数編集


カメルーン代表国際Aマッチ
出場得点
1997 3 0
1998 5 0
1999 1 0
2000 9 5
2001 9 2
2002 13 5
2003 7 2
2004 9 4
2005 6 1
2006 5 5
2007 3 1
2008 11 11
2009 8 5
2010 12 8
2011 9 4
2012 2 0
2013 4 2
2014 3 1
通算 118 56

得点編集

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2000年1月28日  アクラ   コートジボワール 2–0 3–0 アフリカネイションズカップ2000
2 2000年2月6日   アルジェリア 1–0 2–1
3 2000年2月10日   チュニジア 2–0 3–0 アフリカネイションズカップ2000準決勝
4 2000年2月13日  ラゴス   ナイジェリア 0–1 2–2(PK3-4) アフリカネイションズカップ2000決勝
5 2000年4月19日  ヤウンデ   ソマリア 3–0 3–0 2002 FIFAワールドカップ予選
6 2001年1月28日  ロメ   トーゴ 0–1 0–2
7 2001年7月1日  ヤウンデ 1–0 2–0
8 2002年1月7日   ブルキナファソ 1–0 3–1 親善試合
9 2002年1月28日  シカソ   トーゴ 2–0 3–0 アフリカネイションズカップ2002
10 2002年3月27日  ジュネーヴ   アルゼンチン 1–1 2–2 親善試合
11 2002年5月26日  神戸市   イングランド 0–1 2–2
12 2002年6月6日  新潟市   サウジアラビア 1–0 1–0 2002 FIFAワールドカップ
13 2003年3月27日  チュニス   マダガスカル 2–0 2–0 チュニス・トーナメント
14 2003年6月19日  サン=ドニ   ブラジル 0–1 0–1 FIFAコンフェデレーションズカップ2003
15 2004年2月8日  チュニス   ナイジェリア 1–2 1–2 アフリカネイションズカップ2004
16 2004年6月6日  ヤウンデ   ベナン 1–1 2–1 2006 FIFAワールドカップ予選
17 2004年7月4日   コートジボワール 1–0 2–0
18 2004年9月15日  カイロ   エジプト 3–2 3–2
19 2005年6月4日  コトヌー   ベナン 0–4 1–4
20 2006年1月21日  カイロ   アンゴラ 1–0 3–1 アフリカネイションズカップ2006
21 2–1
22 3–1
23 2006年1月25日   トーゴ 1–0 2–0
24 2006年1月29日   コンゴ民主共和国 2–0 2–0
25 2007年6月3日  モンロビア   リベリア 0–2 1–2 アフリカネイションズカップ2008予選
26 2008年1月22日  クマシ   エジプト 3–1 4–2 アフリカネイションズカップ2008
27 3–2
28 2008年1月26日   ザンビア 4–0 5–1
29 2008年1月30日  タマレ   スーダン 1–0 3–0
30 3–0
31 2008年5月31日  ヤウンデ   カーボベルデ 2–0 2–0 2010 FIFAワールドカップ予選
32 2008年6月8日  パンプルムース   モーリシャス 0–2 0–3
33 2008年6月21日  ヤウンデ   タンザニア 1–0 2–1
34 2–1
35 2008年10月11日   モーリシャス 1–0 5–0
36 2–0
37 2009年2月11日   ギニア 2–1 3–1 親善試合
38 3–1
39 2009年9月5日  リーブルヴィル   ガボン 0–2 0–2 2010 FIFAワールドカップ予選
40 2009年9月9日  ヤウンデ 2–0 2–1
41 2009年11月14日  フェズ   モロッコ 0–2 0–2
42 2010年1月17日  ルバンゴ   ザンビア 2–1 3–2 アフリカネイションズカップ2010
43 2010年1月21日  ベンゲラ   チュニジア 1–1 2–2
44 2010年6月19日  プレトリア   デンマーク 1–0 1–2 2010 FIFAワールドカップ
45 2010年6月24日  ケープタウン   オランダ 1–1 1–2
46 2010年8月11日  シュチェチン   ポーランド 0–1 0–3 親善試合
47 0–3
48 2010年9月4日  パンプルムース   モーリシャス 0–1 1–3 アフリカネイションズカップ2012予選
49 1–2
50 2011年9月3日  ヤウンデ   モーリシャス 3–0 6–0
51 2011年10月7日  キンシャサ   コンゴ民主共和国 1–1 2–3
52 2011年11月11日  マラケシュ   スーダン 3–1 3–1 LGカップ2011
53 2011年11月13日   モロッコ 0–1 1–1
54 2013年3月23日  ヤウンデ   トーゴ 1–0 2–1 2014 FIFAワールドカップ予選
55 2–1
56 2014年6月1日  メンヒェングラートバッハ   ドイツ 0–1 2–2 親善試合

タイトル編集

クラブ編集

RCDマヨルカ
FCバルセロナ
インテルナツィオナーレ・ミラノ

代表編集

U-23カメルーン代表
カメルーン代表

個人編集

脚注編集

  1. ^ 「TOPIX FILE:エトーが「最短ハットトリック」を達成!!」 『WORLD SOCCER DIGEST No.279』 第14巻第22号、日本スポーツ企画出版社、2008年、81頁。雑誌 29893-11/20
  2. ^ エトーへの処分が確定 パンデフは古巣相手に不振脱却なるか? Livedoorスポーツ 2010年12月3日
  3. ^ バルサ時代の自己記録を塗り替えたエトー「僕はインテルに残る」 SOCCER KING 2011年6月1日
  4. ^ エトーがインテルからアンジへ移籍 uefa.com、2012年1月8日閲覧。
  5. ^ アンジがエトー獲得を発表 goal.com、2012年1月8日閲覧。
  6. ^ ロシア移籍のエトー、早くもデビュー弾 goal.com、2012年1月8日閲覧。
  7. ^ Голы Это'О и Роберто Карлоса помогли "Анжи" победить "Волгу" championat.com、2012年1月8日閲覧。
  8. ^ Мгновения 23-го тура championat.com、2012年1月8日閲覧。
  9. ^ チェルシー、エトー獲得を発表 Goal、2013年8月30日閲覧。
  10. ^ エトー3発でユナイテッドを粉砕 香川は出番なし Goal、2014年2月27日閲覧
  11. ^ エヴァートン、エトー獲得を正式発表 Goal、2014年8月27日閲覧
  12. ^ サンプ、エヴァートンからエトオを獲得…3年半ぶりのセリエA復帰 soccerking 2015年1月25日
  13. ^ Samuel Eto'o joins ambitious Turkish side Antalyaspor”. BBC Sport (2015年7月1日). 2015年11月15日閲覧。
  14. ^ Samuel Eto'o's coaching stint with Antalyaspor ends”. BBC Sport (2016年1月6日). 2017年7月18日閲覧。
  15. ^ 37歳エトー、トルコを去る。新天地候補はフランスかオーストラリア? フットボールチャンネル 2018年8月4日
  16. ^ エトーの新天地はカタール、シャビやスナイデルら元同僚と対戦へ AFP BB NEWS 2018年8月14日
  17. ^ https://twitter.com/QatarSportClub/status/1029455065889878017 Qatar Sports Club (@QatarSportClub) - Twitter
  18. ^ ”黒い宝石”エトーが現役引退へ「これで終わり。新たな挑戦へ向かう」”. SOCCER KING (2019年9月7日). 2019年9月8日閲覧。
  19. ^ 代表戦のストライキをしたエトーが15試合の出場停止処分に soccer-king.jp、2012年1月8日閲覧。
  20. ^ エトーの出場停止処分が大幅軽減 Goal.com、2012年1月8日閲覧。
  21. ^ エトー、カメルーン代表引退を発表 Goal、2015年1月28日閲覧。
  22. ^ 「TOPIX FILE:大盤振る舞いを見せたエトー」 『WORLD SOCCER DIGEST No.305』 第15巻第24号、日本スポーツ企画出版社、2009年、81頁。雑誌 29893-12/17
  23. ^ エトーは携帯マニア? その数なんと400台! ライブドアニュース、2014年2月27日閲覧。
  24. ^ エトーが携帯電話会社を設立 Goal.com、2014年2月27日閲覧。

外部リンク編集