メインメニューを開く

サミュエル・コンテスティ

サミュエル・コンテスティフランス語: Samuel Contesti, 1983年3月4日 - )は、フランス出身、イタリアの元フィギュアスケート選手(男子シングル)。2006-2007シーズンまではフランスの選手として国際競技会に出場した。2010年バンクーバーオリンピックイタリア代表。2009年ヨーロッパフィギュアスケート選手権2位。

サミュエル・コンテスティ
Samuel Contesti
Figure skating pictogram.svg
Contesti 09euro by Carmichael.jpg
2009年欧州選手権でのコンテスティ
基本情報
代表国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
生年月日 (1983-03-04) 1983年3月4日(36歳)
出生地 フランスの旗 オート=ノルマンディー地域圏
ル・アーヴル
身長 181 cm
体重 66 kg
選手情報
元コーチ ジェラルディン・ズリーニ
ペーター・グリュッター
ディディエ・ルシーヌ
クラウディン・ルシーヌ
S. Golaz
J. Moyencourt
元振付師 パスカーレ・カメレンゴ
ジェラルディン・ズリーニ
所属クラブ SGA アヌシー
引退 2012年6月15日
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア 226.97 2009 世界選手権
ショート 78.50 2009 世界選手権
フリー 151.34 2012 世界選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
欧州選手権
2009 ヘルシンキ 男子シングル
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

表記編集

本来フランス語、イタリア語ともにサムエルであるが、本稿は日本で多い表記に従っている。

経歴編集

1983年3月4日フランスル・アーヴルで生まれる。父親はフランス・プロサッカーリーグの選手だった。

2005-06年シーズンのフランスフィギュアスケート選手権で2位に入ったが直後のトリノオリンピックフランス代表に選出されず[1]、フランス氷上競技連盟との諍いの後2007-08シーズンからイタリアに移籍した[2]

2009年欧州選手権では本来実力者が含まれることが少ない第一グループ滑走から2位に入り話題となった[2]

バンクーバーオリンピックでは18位、イタリア開催の世界選手権では7位となった。翌シーズンには5シーズンぶりのグランプリシリーズへの出場を果たした。

2011-2012シーズン、世界選手権は出身国フランスでの大会だった。FSではシャンソンに乗せて、コレオステップの途中でダブルアクセルを入れるなど工夫を凝らしたプログラムを大きなミスなく滑り、パーソナルベストを更新。観客の大歓声を受けた。

2012年6月15日、競技生活からの引退を発表。引退後はコーチの仕事を予定している[3]

妻のジェラルディン・ズリーニがコーチ兼振付師をしていた。ズリーニとの間には2009年6月に第1子の男児、[4]2012年10月に第2子が誕生[3]

主な戦績編集

  • 2006-2007シーズンまではフランス所属
  • 2007-2008シーズンからはイタリア所属
大会/年 01-02 02-03 03-04 04-05 05-06 06-07 07-08 08-09 09-10 10-11 11-12
冬季オリンピック 18
世界選手権 26 5 7 18 10
欧州選手権 9 2 5 6 7
世界国別対抗戦 9
イタリア選手権 1 1 1 1 1
フランス選手権 11 6 3 2 3
GPスケートアメリカ 8
GPNHK杯 4
GP中国杯 4 6
GPロステレコム杯 4
GPスケートカナダ 5
GPエリック杯 9 5
ネペラ記念 3
NRW杯 2 4 1
チャレンジカップ 2 1 3
モンブラン杯 1 1
フィンランディア杯 3
ゴールデンスピン 2 2
シェーファー記念 5 2
クリスタルスケート 3
メラーノ杯 1
ボフロスト杯 4
コペンハーゲン杯 1
ニース杯 3 2
ガルデナスプリング杯 3 J

詳細編集

2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年4月19日-22日 2012年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 9
73.38
9
136.62
9
210.00
2012年3月26日-4月1日 2012年世界フィギュアスケート選手権ニース 11
73.55
9
151.34
10
224.89
2012年3月8日-11日 2012年チャレンジカップハーグ 4
77.15
3
144.82
3
221.97
2012年1月23日-29日 2012年ヨーロッパフィギュアスケート選手権シェフィールド 11
66.86
5
145.46
7
212.32
2011年12月16日-18日 イタリアフィギュアスケート選手権クールマイユール 2
68.98
1
154.05
1
223.03
2011年11月29日-12月4日 2011年NRW杯ドルトムント 1
73.02
1
131.51
1
204.53
2011年11月11日-13日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌市 7
63.83
3
145.86
4
209.69
2011年10月21日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカオンタリオ 10
55.52
4
134.68
8
190.20
2011年9月28日-10月2日 2011年オンドレイネペラメモリアルブラチスラヴァ 6
58.45
1
146.27
3
204.72
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年4月24日-5月1日 2011年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 18
64.59
17
131.81
18
196.40
2011年2月15日-20日 2011年モンブラントロフィークールマイユール 1
81.74
1
151.60
1
233.34
2011年1月24日-30日 2011年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ベルン 6
72.78
9
132.10
6
204.88
2010年12月17日-18日 イタリアフィギュアスケート選手権ミラノ 1
79.51
1
137.28
1
216.79
2010年11月30日-12月5日 2010年NRW杯ドルトムント 3
62.68
6
121.25
4
183.93
2010年11月19日-21日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 9
65.69
3
141.61
4
207.30
2010年11月5日-7日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 9
60.60
4
138.24
6
198.84
2010年10月7日-10日 2010年フィンランディア杯ヴァンター 4
60.72
3
122.80
3
183.52
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月22日-28日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 8
78.40
11
140.26
7
218.66
2010年2月12日-28日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 14
70.60
19
116.90
18
187.50
2010年2月3日-7日 2010年モンブラントロフィークールマイユール 1
70.04
1
146.47
1
216.51
2010年1月18日-24日 2010年ヨーロッパフィギュアスケート選手権タリン 7
75.90
4
145.43
5
221.33
2009年12月25日-27日 第78回全日本フィギュアスケート選手権大阪 3
79.60
2
164.70
2
244.30
2009年12月19日-20日 イタリアフィギュアスケート選手権ブレシア 1
77.00
1
154.01
1
231.01
2009年12月3日-6日 2009年NRW杯ドルトムント 4
69.56
2
134.93
2
204.49
2009年11月19日-22日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダキッチナー 7
67.30
4
134.95
5
202.25
2009年10月29日-11月1日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 4
72.08
4
135.77
4
207.85
2009年10月3日-日 2009年ジャパンオープンさいたま - 5
117.49
1
団体
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年3月23日-29日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 6
78.50
5
148.47
5
226.97
2009年3月4日-8日 2009年エイゴンチャレンジ杯 ハーグ 1
81.65
1
141.04
1
222.69
2009年1月19日-25日 2009年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ヘルシンキ 3
75.95
3
144.97
2
220.92
2008年12月18日-21日 イタリアフィギュアスケート選手権トリノ 1
80.11
1
148.59
1
228.70
2008年12月5日-7日 2008年NRW杯ドルトムント 2
69.92
2
137.75
2
207.67
2008年11月13日-16日 2008年ゴールデンスピンザグレブ 2
68.82
3
120.82
2
188.74
2008年10月14日-17日 2008年カールシェーファーメモリアルウィーン 1
74.48
3
127.06
2
201.54
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年3月6日-9日 2008年エイゴンチャレンジ杯 ハーグ 7
54.25
1
133.36
2
187.61
2008年12月20日-24日 イタリアフィギュアスケート選手権ミラノ 2
62.12
1
136.86
1
198.98
2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年12月1日-3日 フランスフィギュアスケート選手権オルレアン 3
73.80
3
126.22
3
200.02
2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年12月8日-11日 フランスフィギュアスケート選手権ブザンソン 4
67.66
2
140.91
2
208.57
2005年11月17日-20日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 6
56.99
4
119.00
5
175.99
2005年11月4日-5日 2005年クリスタルスケートブカレスト 3
64.21
4
105.49
3
169.70
2004-2005 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 5
30.82
29
46.80
- 26
2005年1月25日-30日 2005年ヨーロッパフィギュアスケート選手権トリノ - 8
60.06
9
111.53
9
171.59
2004年12月10日-12日 フランスフィギュアスケート選手権レンヌ - 4
64.54
3
130.86
3
195.40
2004年11月18日-21日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ - 9
49.40
9
94.32
9
143.72
2004年11月4日-7日 2004年ニース杯ニース - 3 2 2
2004年10月8日-10日 2004年メラーノ杯メラーノ - 1 1 1
2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年11月15日-19日 2003年カールシェーファーメモリアルウィーン 5 5 5
2003年11月6日-9日 2003年ニース杯ニース 3 3 3

プログラム編集

シーズン SP FS EX
2011-2012 ハンガリー行進曲
作曲:エクトル・ベルリオーズ
泥棒かささぎ
作曲:ジョアキーノ・ロッシーニ
序曲1812年
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:パスカーレ・カメレンゴ
Au son de gitare
by Antoine Bonelli
Tarantella Napoletana
by Linguini Brothers
バラ色の人生
曲:エディット・ピアフ
Ca gaze
by Tony Murena
華麗なる千拍子
曲:ジャック・ブレル
Mio Cucciolo D'Uomo
ボーカル:Eugenio Finardi
2010-2011 ハンガリー行進曲
作曲:エクトル・ベルリオーズ
泥棒かささぎ
作曲:ジョアキーノ・ロッシーニ
序曲1812年
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:パスカーレ・カメレンゴ
シクリアダス / カチャラパヤ アルバム "Panpipes of the Andes" より
曲:インカンテーション
Wara Bolivian
振付:ジェラルディン・ズリーニ
2009-2010 Wish Me Well
曲:ウィリー・ディクスン / メンフィス・スリム
ワマー・ジャマー
曲:J・ガイルズ・バンド
ウエスタン
作曲:エンニオ・モリコーネ
コットンアイジョー
by レッドネックス
2008-2009[5] J'envoie valser
by Zazie
Valse des monstres
by ヤン・ティルセン
ウエスタン
作曲:エンニオ・モリコーネ
コットンアイジョー
by レッドネックス
I Won't Dance
ボーカル:フランク・シナトラ
2007-2008 Homevid
by Riccardo Cervelli
ウエスタン
作曲:エンニオ・モリコーネ
2006-2007 悲しき願い
作曲:ソル・マーカス
2005-2006 シンドラーのリスト
作曲:ジョン・ウィリアムズ
2004-2005 Summer of'42
作曲:ミシェル・ルグラン
2003-2004 Le jour d'avant
作曲:ヤン・ティルセン

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 3 candidats pour 2 places(国内選までのGS1つ、国内試合1つのベストスコアを基にしたポイントを選考基準にしていたため。そして前年度世界選手権の成績が「SP落ち(フリーに進めず)」だったため。)Le quipe.fr 2005年12月29日
  2. ^ a b Samuel Contesti Sweet RevengeGolden Skate.com,2009年7月29日
  3. ^ a b Contesti, la parabola Dall'argento europeo a un addio inatteso
  4. ^ Sweet Revenge
  5. ^ 「男子シングル」『フィギュアスケートDays vol.9』ダイエックス出版、2009年4月、pp.15-18[巻頭特集 2009世界選手権レポート]

外部リンク編集