メインメニューを開く

サムシング・ワイルド (アルバム)

チルドレン・オブ・ボドムのアルバム

サムシング・ワイルド』(Something Wild)は、フィンランドメロディックデスメタルバンドチルドレン・オブ・ボドム1997年に発表した初のスタジオ・アルバム

サムシング・ワイルド
チルドレン・オブ・ボドムスタジオ・アルバム
リリース
録音 1997年7月 - 8月[1] Astia-Studio
ジャンル メロディックデスメタル
パワーメタル
ブラックメタル
レーベル スパインファーム・レコード
プロデュース Anssi Kippo、チルドレン・オブ・ボドム
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 20位(フィンランド[2]
  • チルドレン・オブ・ボドム アルバム 年表
    サムシング・ワイルド
    (1997年)
    ヘイトブリーダー
    (1999年)
    ミュージックビデオ
    「Deadnight Warrior」 - YouTube
    テンプレートを表示

    目次

    解説編集

    レコーディング当時のバンド名はInearthedで、当初はベルギーのShiverというレーベルからリリースされる予定だったが、その後スパインファーム・レコードがInearthedに興味を示し、バンドは同社との契約に当たってチルドレン・オブ・ボドムと改名する[3]。音楽的にはネオクラシカルメタルの要素が強く、アレキシ・ライホは『Guitar World』誌2010年10月号におけるインタビューで「俺達はイングヴェイ・マルムスティーンなんかとは全然違ってたよ。ただ、確かにクラシック的な要素はあるよな、特にギター・ソロはね。当時はその手の音楽が多くて、特にヨーロッパじゃ、どのギター・プレイヤーもああいうことをやっていた。俺は、その中の一人にはなりたくないって決心したんだ」と語っている[4]

    日本盤ボーナス・トラックのうち「チルドレン・オブ・ボドム」は1998年にリリースされたシングル曲で、次作『ヘイトブリーダー』(1999年)には別ヴァージョンが収録された[5]。また、「マス・ヒプノシス」はセパルトゥラのカヴァーで、トリビュート・アルバム『Sepultural Feast - A Tribute to Sepultura』(1998年)に提供された[6]。これら2曲は、2008年にスパインファームから発売された再発CDにも収録された。ただし、2002年のデラックス・エディション盤ではボーナス・トラックがスレイヤーのカヴァー「サイレント・スクリーム」とスコーピオンズのカヴァー「ドント・ストップ・アット・ザ・トップ」に変更されている[7]

    フォンランドのアルバム・チャートでは1997年の最終週に初登場35位となり、12週トップ40入りして最高20位を記録した[2]

    収録曲編集

    特記なき楽曲はアレキシ・ライホ作。

    1. デッドナイト・ウォーリアー - Deadnight Warrior - 3:22
      イントロのサンプリングは映画ITから。
    2. イン・ザ・シャドウズ - In the Shadows - 6:01
    3. レッド・ライト・イン・マイ・アイズ、パート1 - Red Light in My Eyes, Pt. 1 - 4:28
    4. レッド・ライト・イン・マイ・アイズ、パート2 - Red Light in My Eyes, Pt. 2 - 3:50
    5. レイク・ボドム - Lake Bodom - 4:01
    6. ザ・ネイル - The Nail - 6:17
      イントロのサンプリングは映画ベン・ハーから。
    7. タッチ・ライク・エンジェル・オブ・デス - Touch Like Angel of Death - 7:19
      5:55あたりにヤンネ・ウィルマンのキーボードソロが収録されている。

    ボーナス・トラック編集

    日本初回盤(TFCK-87155)、2008年ヨーロッパ再発盤、2012年日本盤SHM-CD(UICN-2001)に収録。

    1. チルドレン・オブ・ボドム - Children of Bodom
    2. マス・ヒプノシス - Mass Hypnosis
      • 作詞:マックス・カヴァレラ、アンドレアス・キッサー/作曲:セパルトゥラ

    2002年デラックス・エディション盤ボーナス・トラック編集

    1. Silent Scream
    2. Don't Stop at the Top

    参加ミュージシャン編集

    脚注・出典編集

    1. ^ Children Of Bodom - Something Wild (CD, Album) at Discogs
    2. ^ a b finnishcharts.com - Children Of Bodom - Something Wild
    3. ^ Children of Bodom | Biography | AllMusic - Artist Biography by Gregory Heaney
    4. ^ Children of Bodom: Alexi Laiho Discusses Berzerkus Tour - Page 3 | Guitar World - 2014年4月17日閲覧
    5. ^ 『ヘイトブリーダー』2012年SHM-CD(UICN-2002)ライナーノーツ(前田岳彦、2012年4月1日)
    6. ^ Various - Sepultural Feast - A Tribute To Sepultura (CD) at Discogs
    7. ^ Children Of Bodom - Something Wild (CD, Album) at Discogs - 2002年デラックス・エディション盤の情報