メインメニューを開く

サムエル・アラダイスSamuel "Sam" Allardyce1954年10月19日 - )は、イングランドダドリー出身の元サッカー選手、サッカー監督。通称「ビッグ・サム[1]

サム・アラダイス Football pictogram.svg
Allardyce May 2015.jpg
2015年ウェストハム監督の時。
名前
本名 サムエル・アラダイス
Samuel Allardyce
愛称 ビッグ・サム
ラテン文字 Sam Allardyce
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1954-10-19) 1954年10月19日(65歳)
出身地 ダドリー
身長 191cm
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1973-1980 イングランドの旗 ボルトン 184 (21)
1980-1981 イングランドの旗 サンダーランド 25 (2)
1981-1983 イングランドの旗 ミルウォール 63 (2)
1983 アメリカ合衆国の旗 タンパベイ・ローディーズ 11 (1)
1983-1984 イングランドの旗 コヴェントリー 28 (1)
1984-1985 イングランドの旗 ハダースフィールド 37 (0)
1985-1986 イングランドの旗 ボルトン 14 (0)
1986-1989 イングランドの旗 プレストン 90 (2)
1989-1991 イングランドの旗 WBA 1 (0)
1991-1992 アイルランドの旗 リムリック 23 (3)
1992 イングランドの旗 プレストン 3 (0)
通算 479 (32)
監督歴
1989-1991 イングランドの旗 WBA (アシスタントコーチ)
1991-1992 アイルランドの旗 リムリック (選手兼任)
1992 イングランドの旗 プレストン (暫定)
1994-1996 イングランドの旗 ブラックプール
1997-1999 イングランドの旗 ノッツ・カウンティ
1999-2007 イングランドの旗 ボルトン
2007-2008 イングランドの旗 ニューカッスル
2008-2010 イングランドの旗 ブラックバーン
2011-2015 イングランドの旗 ウェストハム
2015-2016 イングランドの旗 サンダーランド
2016 イングランドの旗 イングランド代表
2016-2017 イングランドの旗 クリスタル・パレス
2017-2018 イングランドの旗 エヴァートン
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

略歴編集

選手時代はセンターバックとしてプレー。1973年にボルトン・ワンダラーズFCでプロデビューし、7年間で184試合に出場し、21得点を挙げるなど主力として活躍した。その後はイングランドのチームを転々とし、1983年にはアメリカ合衆国でもプレー。アラダイスはアメリカン・フットボールの練習を取り入れることがあるが、この時の経験から受けた影響が大きい[2]

1989年、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに移籍すると、アシスタントコーチを兼任、プレイングマネージャーとして指導者の道を歩き始める。1991年にはアイルランドリムリックFCの監督に就任し、チームを昇格に導いている。1992年にかつてキャプテンを務めたこともあるプレストン・ノースエンドで現役生活を終えた。

現役引退後はブラックプールFCノッツ・カウンティFCを経て、1999年に古巣であるボルトンの監督に就任。2001-2002シーズンをディビジョン1(実質2部)3位で終えると、プレーオフの末プレミアリーグに昇格させる。その後2シーズンに渡る降格の危機を乗り越えると、2004-2005シーズンは6位になりUEFAカップ出場権を獲得し、活躍の舞台を欧州まで広げた。2007年、ボルトンと結んでいた10年契約を解除し、ニューカッスル・ユナイテッドの監督に就任。この移籍の理由にタイトルの獲得を挙げており、不振に喘ぐ古豪ニューカッスルをどのように復活させるか手腕が問われたが、2008年1月、成績不振を理由に解任された。2008年12月、ブラックバーン・ローヴァーズFCの監督に就任。その後いくつかのクラブで監督を務めた。

2016年7月、イングランド代表監督に就任。ところがデイリー・テレグラフが仕組んだ囮取材でFIFAやFAが禁じている選手の第三者保有について「(禁止は)バカげたルールだ」とコメントしたことやロイ・ホジソン前監督やイギリス王室を侮辱したこと、加えて選手の移籍で架空契約を結ぼうとしていた事などが明るみに出て、わずか2か月で解任されている[3]

2016年12月、クリスタル・パレスFCの監督に就任[4]。2016-17シーズン終了まで指揮を執り、2017年5月に辞任と監督業からの引退を発表した[5]

しかし2017年11月30日、解任されたロナルド・クーマンの後任としてエヴァートンFCの監督に就任した。 一時は降格圏にも沈んでいたチームを建て直し、最終的にリーグ戦を8位で終え、シーズン終了後退任した。

人物編集

ロングボールを多用とした戦術を取る為、「古典的」「つまらない」と試合内容について批判される事も多いが、当時ディビジョン1に甘んじていたボルトンをプレミアリーグに昇格させ、UEFAカップ圏内に食い込むまでの強豪に成長させた。また、ジェイ=ジェイ・オコチャエル=ハッジ・ディウフイバン・カンポをはじめとする、不調に喘いでいる選手を安価で獲得して再生させる事でも有名である。

また、ダーツの腕前はプロ並と言われている。

所属クラブ編集

監督成績編集

クラブ 就任 退任 記録
試合 勝ち 分け 負け 勝率 %
リムリック (選手兼任)   2011年 2012年 27 14 10 3 051.85
プレストン・ノースエンド   2012年9月30日 2012年11月30日 12 3 4 5 025.00
ブラックプール   1994年7月19日 1996年5月29日 102 44 23 35 043.14
ノッツ・カウンティ   1997年1月16日 1999年10月14日 145 56 39 50 038.62
ボルトン・ワンダラーズ   1999年10月19日 2007年4月29日 371 153 104 114 041.24
ニューカッスル・ユナイテッド   2007年5月15日 2008年1月9日 24 8 6 10 033.33
ブラックバーン・ローヴァーズ   2008年12月17日 2010年12月13日 90 32 24 34 035.56
ウェストハム・ユナイテッド   2011年6月1日 2015年5月24日 181 68 46 67 037.57
サンダーランド   2015年10月9日 2016年7月22日 31 9 9 13 029.03
イングランド代表   2016年7月22日 2016年9月27日 1 1 0 0 100.00
クリスタル・パレス   2016年12月23日 2017年5月23日 24 9 3 12 037.50
エヴァートン   2017年11月30日 2018年5月16日 26 10 7 9 038.46
合計 1,034 407 275 352 39.36

タイトル編集

クラブ編集

個人編集

脚注編集