メインメニューを開く

サム・ジョーンズ (バスケットボール)

サミュエル・"サム"・ジョーンズSamuel "Sam" Jones 1933年6月24日 - )はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手、指導者である。プロバスケットリーグNBAボストン・セルティックスに12年間所属し、8連覇を含む、10度の優勝に導いた。1984年バスケットボール殿堂入りした。

サム・ジョーンズ
Sam Jones
Sam Jones, Boston Celtics, 1969.jpg
引退
殿堂 バスケットボール殿堂 1984年
ポジション(現役時) ポイントガード
背番号(現役時) 24永久欠番
身長(現役時) 193cm (6 ft 4 in)
体重(現役時) 97kg (214 lb)
基本情報
本名 サミュエル・ジョーンズ
愛称 ミスター・クラッチ
ラテン文字 Sam Jones
英語 Samuel Jones
誕生日 1933年6月24日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースカロライナ州ウィルミントン
ドラフト  

目次

経歴編集

カレッジ時代編集

ノースカロライナで生まれたジョーンズは、大学も地元のノースカロライナセントラル大学に入学した。殿堂入りしたコーチジョン・マクレンドンの下、得点力でチームを牽引し、在学中の4年間の成績はトータル得点1,770ポイント(ゲーム平均17.7ポイント)、トータルリバウンド909(ゲーム平均9.1リバウンド)という好成績を記録している[1]

NBA時代編集

ジョーンズは大学卒業後の1957年のNBAドラフトでボストン・セルティックスにピックアップされ入団する。ルーキーイヤーから数シーズンは、ボブ・クージービル・シャーマンの控え選手としてプレイ、ビル・ラッセルを擁し黄金期を迎えたチームを影から支えた。シャーマンが引退する頃には中心選手として活躍し、そしてクージーがチームを離れて以降はK・C・ジョーンズと「ジョーンズ・ボーイズ」を結成、サムは得点でチームを牽引し、勝負所でのシュートを次々と沈めていった。1969年のNBAファイナル第4戦では貴重な逆転シュートをブザービーターで決めて2勝2敗の五分にシリーズを戻しチームは7戦でファイナルを制した[2]

ジョーンズは8連覇を経験した数少ない選手の一人となり、優勝回数10回は、ラッセルの11回に次ぐ記録となった。

1969年に引退した後、1984年に殿堂入りを果たした。また1970年にNBA25周年を記念したオールタイムチームに選出され、1996年にはNBAの50周年を記念して選ばれた「NBA偉大な50選手」の一人にも選出された。

成績および受賞歴編集

通算成績編集

得点、リバウンド、アシストの成績は下記の通りである[1]

レギュラーシーズン (12シーズン) プレーオフ (8シーズン)
871試合総計 ゲーム平均 36分平均 154試合総計 ゲーム平均
ポイント数 15,411 17.7 22.8 2,909 18.9
リバウンド数 4,305 4.9 6.4 720 4.7
アシスト数 2,209 2.5 3.3 358 2.3

受賞編集

  1. オールスターゲーム出場:5回 (1962、1964-1966、1968)
  2. オールNBAセカンドチーム選出:3回 (1964-1966)
  3. NBAベスト50選手:1996年

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b Basketball-reference.com Sam Jones Statistics Collegeより引用。April 28, 2008。
  2. ^ Sam Jones' 18-Foot Jumper Over the Lakers”. bleacherreport.com (2010年11月8日). 2010年12月4日閲覧。

外部リンク編集

  • サム・ジョーンズ (バスケットボール) --- 略歴と生涯成績 --- NBA (英語),Basketball-Reference (英語)