サム・M・ルイス(Sam M. Lewis、1885年10月25日 - 1959年11月22日)は、アメリカ合衆国歌手作詞家

サム・M・ルイス
出生名 サミュエル・M・レヴィン
生誕 (1885-10-25) 1885年10月25日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク
死没 1959年11月22日(1959-11-22)(74歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク
職業 作詞家
共同作業者 ジョー・ヤングほか多数

経歴編集

ルイスは、サミュエル・M・レヴィン (Samuel M. Levine) として、ニューヨーク市に生まれた。ニューヨークのあちこちのカフェで歌うことからキャリアを起こし、1912年には、作詞を始めた。彼は多数の歌詞を書いたが、特にジョー・ヤング英語版と組んで数多くの作品を共作したほか、フレッド・アーラート英語版ウォルター・ドナルドソンバート・グラントハリー・ウォーレン英語版ジーン・シュワルツ英語版テッド・フィオ・リトジョン・フレデリック・クーツ英語版レイ・ヘンダーソン英語版ヴィクター・ヤングピーター・デローズ英語版ハリー・アクスト英語版、モーリス・エイブラハムズ (Maurice Abrahams) らとも組んで楽曲を作った[1]ブロードウェイでも、 『Squibs Wins the Calcutta Sweep』、『The Singing Fool』、『Wolf Song』、『Spring is Here』などのミュージカル作品にも関わった。 彼が書いた曲は、『ビッグ・フィッシュ』(2003年)や『ペリカン文書』(1993年)など、後の映画にも用いられている。サム・ルイスは、1914年米国作曲家作詞家出版者協会 (ASCAP) が設立された際の創設メンバーのひとりであり、後にはソングライターの殿堂英語版入りを果たしている。彼は、ニューヨークで死去した。

おもな作品編集

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集