メインメニューを開く

サヨナラは八月のララバイ」(サヨナラははちがつのララバイ)は、吉川晃司が1984年6月にリリースした2枚目のシングルである。

サヨナラは八月のララバイ
吉川晃司シングル
初出アルバム『LA VIE EN ROSE
B面 「フライデーナイトレビュー (sea-side version)」
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル ロック
アイドル歌謡曲
レーベル SMSレコード
作詞・作曲 作詞:売野雅勇
作曲:NOBODY
プロデュース 木崎賢治
小野山二郎
チャート最高順位
吉川晃司 シングル 年表
モニカ
(1984年)
サヨナラは八月のララバイ
(1984年)
ラ・ヴィアンローズ
(1984年)
LA VIE EN ROSE 収録曲
A面
  1. No No サーキュレーション
  2. LA VIE EN ROSE
  3. 「ポラロイドの夏」
  4. 「サイレントムーンにつつまれて」
  5. サヨナラは八月のララバイ
B面
  1. 「グッド ラック チャーム」
  2. 「Border Line」
  3. 「BIG SLEEP」
  4. 「She's gone-彼女が消えた夜」
  5. 「太陽もひとりぼっち」
テンプレートを表示

目次

解説編集

  • 前作「モニカ」に続く第2弾シングル。曲中の随所にガラスの割れる音がスクラッチされている。
  • 初回プレス版には、レコードジャケットに特製ピンナップが付随されていた。
  • 音楽番組『ザ・ベストテン』(1978年 - 1989年TBS系列)でこの曲を歌っているとき、サビの部分である「『はちがつの~』が『かちがつの~』と聞こえる」という投書の葉書が番組宛に送られ紹介されたが、本人は「その方がロックっぽく聞こえるので、そのように歌っている」と答えていた。
  • カップリング曲の「フライデーナイトレビュー」は、ファーストアルバムの『パラシュートが落ちた夏』(1984年)に収録されているものとは別音源となっている。ソロ活動休止前の1988年12月に再発売された8センチCD盤の他には、ベスト盤などに一切収録されておらず、音源の入手は困難となっている。同年に発売されたSMSレコード時代のベスト盤である『beat goes on』(1988年)には当初収録される予定ではあったが、結局収録されなかった。
  • オリコン発表の売上枚数は22.3万枚[1]

リリース履歴編集

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1984年6月1日 SMSレコード EP SM07-243 6位 初回プレス版のみ特製ピンナップ付属
2 1988年12月16日 SMSレコード 8センチCD MD10-2 -

収録曲編集

  1. サヨナラは八月のララバイ
  2. フライデーナイトレビュー (sea-side version)

収録アルバム編集

  • フライデーナイトレビュー (sea-side version)
    アルバム未収録

脚注編集

参考文献編集

  • スージー鈴木『1984年の歌謡曲』イースト・プレス〈イースト新書〉、2017年2月。ISBN 978-4-7816-5080-7

関連項目編集