メインメニューを開く

サラリーマン出世太閤記 課長一番槍

サラリーマン出世太閤記 課長一番槍』(サラリーマンしゅっせたいこうき かちょういちばんやり)は、1959年6月16日東宝系で公開された日本映画。カラー。東宝スコープ

サラリーマン出世太閤記
課長一番槍
監督 筧正典
脚本 笠原良三
製作 安達英三郎
出演者 小林桂樹
加東大介
団令子
柳川慶子
左卜全
音楽 松井八郎
撮影 遠藤精一
編集 岩下広一
配給 東宝
公開 日本の旗 1959年6月16日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 続々サラリーマン出世太閤記
次作 サラリーマン出世太閤記・完結篇 花婿部長No.1
テンプレートを表示

概要編集

シリーズ第4作。本作よりカラーとなる。

本作では、宣伝係長になった主人公・木下秀吉が自社の自動車「アトラス」の広告塔を建てようとするも、バーで警察に取り調べられたり、銀行の頭取の娘との縁談が破談になったり、悪徳新聞社「万一タイムズ」に嫌がらせを受けられたりとご難続きだったが、最後は「アトラス」を使ったレースに優勝して輸出課長になるまでを描く。

後年『社長シリーズ』で取引先の会長役を演じる左卜全が、本作では万一タイムズ社長・石川剛右衛門役と、珍しく悪役を演じている。

スタッフ編集

出演者編集

同時上映編集

参考文献編集

「演技者 小林桂樹の全仕事」(ワイズ出版) 400頁 1996年

関連項目編集