メインメニューを開く

サラ・デリマー・ナウス(Sarah DeRemer Knauss、旧姓クラーク(Clark)、1880年9月24日 - 1999年12月30日[1])は、1998年4月から1999年12月まで長寿世界一であったアメリカの女性[1]フランスジャンヌ・カルマンに次ぐ、確認された人類史上2番目の長寿を保った人であり、アメリカで最も長く生きた人物でもある。ギネスブックにも認定されていた。

サラ・デリマー・ナウス
Sarah DeRemer Knauss
生誕 Sarah DeRemer Clark
(1880-09-24) 1880年9月24日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州ハリウッド
死没 (1999-12-30) 1999年12月30日(119歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州アレンタウン
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

アメリカ・ペンシルベニア州生まれ。1901年に結婚。2000年まであと33時間と迫った12月30日午後3時、老衰のため死去。119歳と97日。死去した時、96歳の娘がいた。娘は101歳まで生きたという。

彼女の人生の間に、アメリカでは7つの戦争があり、23人の大統領がいた。

先代の長寿世界一であったマリー・メイユールの死去時には117歳と204日であり、最も高齢で長寿世界一になった人物である[1]

サラ・ナウスには1880年から1889年の間に生まれた兄弟がおり、1884年7月19日生まれ、1885年11月8日生まれであるが何れも幼児期に死去している。

エピソード編集

長寿世界一になったということで新聞の記事に載ったとき、彼女の食べ物好き嫌いについて公表された。それによると、チョコレートは大好きだが野菜は大嫌いだったという。また、長寿の秘訣について聞かれたとき「年齢を気にしないことと、嫌いな野菜を無理に食べないこと」と答えていたという(朝日新聞、2000年1月1日付より)。

出典編集

記録
先代:
マリー・メイユール
存命人物のうち世界最高齢
1998年4月16日 - 1999年12月30日
次代:
エヴァ・モリス
先代:
ウィルヘルミナ・コット英語版
  存命人物のうちアメリカ最高齢
1994年9月6日 - 1999年12月30日
次代:
マートル・ドーシー
先代:
ルーシー・ハンナ
  歴代のアメリカ最高齢
1998年5月31日 -
次代:
記録保持者