メインメニューを開く

サリ族(Salians)は、ゲルマンフランク人に属し、フランク王国建国の中心となった部族リプアリア族とともにフランク系の2大支族をなした。

目次

歴史編集

フランク族は元来ライン川ヴェーザー川の間(現オランダドイツ西部)に住む部族の総称で、サリ族はその北部にいたと考えられる。現在オランダのオーファーアイセル州にサラント(Salland)地方があり、アイセル川の古名もサラ(Sala)と言ったことから、これらの地名と関係があると考えられる。

358年、ゲルマン系諸族ガリア侵入に対抗するため、ローマ帝国の皇帝ユリアヌストクサンドリア(現在のオランダ南部からベルギー北西部)に領地を与えてサリ族を移住させ、軍への奉仕軍隊とした。サリ族はさらにローマ帝国の同盟者(フォエデラティ)の地位を獲得した。

440年、西ローマ軍がガリアから撤退し、トクサンドリアのフランク人は現フランス方面への南下を開始した。この頃クローディオ、次いで伝説的英雄メロヴィクスがサリ族を率いた。メロヴィクスの率いるサリ族の軍はトゥルネー(現ベルギー)を本拠とし、ローマ軍の傭兵的な地位を保っていた。451年、フランク族は西ローマ軍に従い、アッティラに率いられたフン族と戦いこれを敗った(カタラウヌムの戦い)。

フランク人ではその後、メロヴィクスの息子とされるキルデリク1世、さらにその息子クロヴィス1世が指導者として活躍した。クロヴィス1世はフランク王国を建国し、フランク族の慣習法などを基礎として法を制定した。これはサリの名に因みサリカ法と呼ばれ、中世・近世ヨーロッパに大きな影響を残した。

さらに、ヴィドー家神聖ローマ帝国ザーリアー朝もサリ族の系統と指摘されている[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 瀬原 p.142-143

参考文献編集

  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年

関連項目編集