メインメニューを開く

サルガド・フィーリョ国際空港

サルガド・フィーリョ国際空港(サルガド・フィーリョこくさいくうこう、ポルトガル語: Aeroporto Internacional Salgado Filho英語: Salgado Filho International Airport)は、ブラジルポルト・アレグレにある国際空港ブラジル空軍の初代大臣であったジョアキン・ペドロ・サルガド・フィーリョに因んで命名された。

サルガド・フィーリョ国際空港
Aeroporto Internacional Salgado Filho
Salgado Filho06.jpg
IATA: POA - ICAO: SBPA
概要
国・地域 ブラジルの旗 ブラジル
所在地 ポルト・アレグレ
種類 公共
運営者 Infraero
標高 3 m (11 ft)
座標 南緯29度59分38秒 西経51度10分15秒 / 南緯29.99389度 西経51.17083度 / -29.99389; -51.17083座標: 南緯29度59分38秒 西経51度10分15秒 / 南緯29.99389度 西経51.17083度 / -29.99389; -51.17083
地図
空港の位置
空港の位置
POA
空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
11/29 YES 2,280×42 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

2014年現在の年間利用者数は844万7380人、年間発着回数は9万2960回、年間貨物取扱量は2万9232トンとなっている[1]

歴史編集

1923年サンジョアン連邦空港として開港し、最初のフライトは同年の5月31日であった。1932年ヴァリグ・ブラジル航空が就航したが、旅客ターミナルが開設されたのは1940年の事であった。

1951年に現在の空港名になり、1953年に新しい旅客ターミナルが開業した。その後、航空需要の拡大に伴い1969年から1971年にかけて改装が行われた。

現在の旅客ターミナル(第一ターミナル)は2001年に開業し、第二ターミナルは2010年にそれぞれ開業した。

就航航空会社編集

旅客便編集

航空会社就航地
  アルゼンチン航空ブエノスアイレス(エセイサ)
  アルゼンチン航空
運航はアウストラル航空
ブエノスアイレス(アエロパルケ)
  アメリカン航空マイアミ
  アビアンカ・ブラジルフロリアノーポリスリオ・デ・ジャネイロ(ガレオン)サンパウロ(グアルーリョス)
  アビアンカ・ペルーリマ
  アズールブラジル航空ベロオリゾンテ(コンフィンス)カンピーナスシャペコフォス・ド・イグアスジョインビレロンドリーナリオデジャネイロ(サントス・ドゥモン)サンタ・マリアサンパウロ(コンゴニャス)サンパウロ(グアルーリョス)
季節運航:プンタ・デル・エステ(2015年12月17日より就航[2]
  コパ航空パナマシティ
  ゴル航空ブラジリアブエノスアイレス(エセイサ)カンピーナスクリチバフロリアノーポリスフォルタレザモンテビデオリオ・デ・ジャネイロ(ガレオン)サルヴァドールリオデジャネイロ(サントス・ドゥモン)サンパウロ(コンゴニャス)サンパウロ(グアルーリョス)
季節運航:サンティアゴ
  TAM航空ブラジリアクリチバリオ・デ・ジャネイロ(ガレオン)サンパウロ(コンゴニャス)サンパウロ(グアルーリョス)
  TAPポルトガル航空リスボン

貨物便編集

航空会社就航地
  フロリダ・ウェスト・インターナショナル・エアウェイズマイアミ
  ラン・カーゴマイアミ
  トータル・リンハス・アエレアスサンパウロ(グアルーリョス)

アクセス編集

地下鉄編集

ピープルムーバーで、第1ターミナルからポルトアレグレ地下鉄の空港駅までアクセスできる。空港駅からはポルトアレグレの中心部まで行くことが可能。

脚注編集

外部リンク編集