サルゲントカズラ

サルゲントカズラ (学名: Sargentodoxa cuneata) はアケビ科[3]蔓植物の一種。中国原産の薬用植物である。

サルゲントカズラ
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: キンポウゲ目 Ranunculales
: アケビ科 Lardizabalaceae
亜科 : サルゲントカズラ亜科 Sargentodoxoideae
: サルゲントカズラ属 Sargentodoxa
: サルゲントカズラ
S. cuneata
学名
Sargentodoxa cuneata
(Oliv.) Rehder & E.H.Wilson[1]
シノニム

Sargentodoxa simplicifolia
S.Z.Qu & C.L.Min

和名
サルゲントカズラ[2]

特徴編集

落葉性蔓性低木[4]木本性で、茎は太さ10cmに、茎の長さ20-30mに達する例が希にある[5]。茎は表面が褐色になり、縦筋模様が入り、毛はない。短枝は濃い赤に染まり、また若葉も赤みを帯びる[5]。葉は互生し、3出複葉で長い葉柄があり、小葉は菱形状の卵形、長さ7-12cmになり、縁は滑らか、先端はやや尖り、基部はくさび形になっている。また側方の小葉が中央のものより大きくなる。頂小葉には基部に長さ1cmほどの短い柄があるが、側小葉にはない[5]。なお、希に単葉が出るが、株全体が単葉である例はほとんどない[5]

雌雄同株、希に雌雄異株[6]で、花期は3-5月。葉腋から単性の花を多数着けた総状花序をつけ、花序は垂れ下がる。花色は黄色。種子は卵形。 総状花序の長さは6-12cm程になる[7]。萼片は楕円形で長さ8mmで幅3mm、花弁はほぼ円形で長さ1mmほど。雄花には雄しべが6本ある。雌花では雌しべは多数あり、柱頭は長く伸びる。また仮雄しべがある。集合果を構成する液果は球形に熟し、長さ1cmの柄がある。内部の種子は1個のみ。

中国では大血藤、あるいは紅藤といい、これは若葉や短枝が赤く染まるからである[5]。各分類階級の和名は学名カナ読みのサルゲントドクサが用いられている例もある[8]

分布と生育環境編集

中国を中心に広く分布する。中国南部(安徽省福建省広東省広西チワン族自治区貴州省海南省河南省湖北省湖南省江蘇省江西省陝西省南部、四川省雲南省南東部、浙江省)のほかラオスベトナム北部まで分布している[9]

なお、本種と思われる種子の化石北アメリカ東南部の漸新世(3800万~2400万年前)から発見されている。それら地域の標高300-2700mの、雑木林の林縁や、斜面の疎林、道路沿いの低木林の中で見られる[10]

分類編集

APG体系ではアケビ科に分類される。Angiosperm Phylogeny Website英語版によれば、本種はサルゲントカズラ亜科(Sargentodoxoideae Thorne & Reveal)及びサルゲントカズラ属(Sargentodoxa Rehder & E.H.Wilson)の唯一の種であり、アケビ科の残りの種が属すアケビ亜科(Lardizabaloideae)の典型的な植物と幾つか異なる固有派生形質を持つが、科を分けるほどではないとされる[11]

以下のような点ではアケビ亜科の植物と共通である[12]

  • 蔓性の木本であること。(デカイスネア属除く)
  • 葉が互生で掌状複葉であること。(デカイスネア属除く)
  • 花序は総状で雌雄異花。
  • 花は放射相称、三数性をもち、雄しべ6本、心皮は3から複数、離性する。

旧来の分類では、近縁ではあるが、アケビ科から独立したサルゲントカズラ科(Sargentodoxaceae Hutchinson)とするものもある[13]。『朝日百科 植物の世界 8[5]』によると。雄花についてはホルボエリア属(Holboellia)に似ていることを特に記してある。ただし他のアケビ科のものでは雌しべは3個か、あるいは6-12個までの心皮からなり、それらが平たい花床の上に並ぶこと、また個々の心皮には胚珠が多数含まれるのに対し、本種では雌しべは多数心皮からなり、それらが突き出た花床に螺旋状に配置し、また個々の心皮には胚珠が1個しか含まれない。それらの点から、本種は進化の筋道が異なっていると考えられ、本種のみで独立の科を立てるのが認められるとしている。

利用編集

 
薬用とされる茎の乾燥品

茎がや容器を編むために使われる[5]

茎を漢方では大血藤といい、薬用とする[14]。8-9月に茎を採集し、日干しにした後に葉を取り除き、30cmほどに切って用いる。10-16gを煎じて服用し、清熱解毒、去風、駆虫薬として急性・慢性の虫垂炎、リウマチ、月経不順、打撲傷、回虫性の腹痛、小児の疳積などに用いられ、また臨床では慢性虫垂炎による虫垂膿腫、閉経による腰痛、胆道回虫症、リウマチ性関節炎、鉤虫症、胃腸炎による腹痛に有効との報告がある。成分としては約8%のタンニンが含まれ、アントラキノン類のエモジン、フィスシオンやダウコステロール、β-シトステロールが含まれている。また黄色ブドウ球菌、連鎖状球菌、その他球菌類、大腸桿菌、緑濃桿菌などに対して強い抗菌作用が見られ、特に白色ブドウ球菌には強い抗菌作用が知られる。

脚注編集

  1. ^ Sargentodoxa cuneata (Oliv.) Rehder & E.H.Wilson — The Plant List” (英語). The Plant List. 2019年1月26日閲覧。
  2. ^ 和名は揺れがあり、ここでは日中樹木・植物名リストに従った。日中樹木・植物名リスト 日中林業生態研修センター計画 (PDF)”. 中国国家林業局ジャイカ. 2019年1月26日閲覧。
  3. ^ APG体系による
  4. ^ 以下、主として岡田監修(2001),p.110
  5. ^ a b c d e f g 覃(1997),p.306
  6. ^ 覃(1997),p.306、ただし岡田監修(2001)では雌雄異株としている。
  7. ^ 以下、花に関しては覃(1997),p.306
  8. ^ 岡田監修(2001),p.110や覃(1997),p.306。
  9. ^ Wu 1994, p. 454.
  10. ^ 以上、覃(1997),p.306
  11. ^ Stevens 2001, Ranunculales Lardizabalaceae “Although Sargentodoxa has a number of autapomorphies (see above, also X.-H. Zhang & Ren 2008), there is no compelling reason to segregate it as a family (H.-F. Wang et al. 2009a).”
  12. ^ 園芸植物大辞典(1994),p.55
  13. ^ 新エングラー体系クロンキスト体系など
  14. ^ 以下、岡田監修(2001),p.110

参考文献編集