メインメニューを開く

サルモネラ症細菌であるサルモネラが原因でなる症候性感染症である[1]。最も一般的な症状は、下痢発熱腹痛嘔吐である[1]。通常、サルモネラ菌に曝露してから12時間~36時間後に症状が現れ2日間~7日間続く[4]。時に、脱水症状からより重度の疾患を招くことがある[4]。高齢者、子供、その他の免疫不全のヒトは重度の疾患になりやすいとされる[1]。特定の種類のサルモネラ菌により腸チフス熱パラチフス熱を発症することがある[1][2]サルモネラにはサルモネラボンゴリ(Salmonella bongori)とサルモネラエンテリカ(Salmonella entrica)の2種類があり、それらは多く亜種に分類される[4]。一般的な感染症経路はサルモネラ菌のついた食肉、卵、牛乳である[6]。その他にも、食品が肥料に接触することで感染経路になることがある[4]。多くの猫、犬、爬虫類、などのペットも感染源になりえる[4]。診断は検便によって判断される[2]

サルモネラ症
SalmonellaNIAID.jpg
Electron micrograph showing Salmonella typhimurium (red) invading cultured human cells
診療科 {{ Infectious disease }}
症候学 Diarrhea, fever, abdominal cramps, vomiting[1]
通常の発症 0.5~3日後[1]
継続期間 4~7日間[1]
原因 Salmonella[1]
リスクファクター Old, young, weak immune system, bottle feeding, proton pump inhibitors[1]
診断法 Stool test[2]
鑑別 Other types of gastroenteritis[3]
合併症 Reactive arthritis, irritable bowel syndrome[3]
予防 Proper preparation and cooking of food[4]
治療 Fluids by mouth, intravenous fluids, antibiotics[1]
頻度 1.2 million non–typhoidal cases per year (US)[1]
死亡者数 268,000 (2015)[5]

サルモネラ症の予防として努力するべきことは、適正な食品準備と十分な調理をすることである[4]。軽度の症状は一般的に、特別な治療を必要としない[4]。重度の症状は電解質不均衡の治療と点滴注射がなされる[1][4]。危険性の高いヒトまたは腸の以外に感染しているヒトには、抗生物質の投与が勧められる[4]

サルモネラ症は世界中で下痢を引き起こす最も多い原因の1つである[3]。2015年の非チフス性サルモネラ症による死亡者は90,300人であり、チフス性サルモネラ症による死亡者は178,000人である[5]。米国では非チフスサルモネラ症により年間約120万件の感染と450人の死亡が報告される[1]。欧州ではカンピロバクター症に次ぎ2番目によくある食中毒である[3]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Salmonella” (英語). CDC (2015年3月9日). 2017年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月7日閲覧。
  2. ^ a b c Salmonella Infections” (英語). MedlinePlus. 2017年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月7日閲覧。
  3. ^ a b c d Hald, T. (2013) (英語). Advances in microbial food safety: 2. Pathogen update: Salmonella. Elsevier Inc. Chapters. p. 2.2. ISBN 9780128089606. オリジナルの2017-09-10時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=qw10DAAAQBAJ&pg=PT6. 
  4. ^ a b c d e f g h i j Salmonella (non-typhoidal)”. World Health Organization (2016年12月). 2017年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月7日閲覧。
  5. ^ a b GBD 2015 Mortality and Causes of Death, Collaborators. (8 October 2016). “Global, regional, and national life expectancy, all-cause mortality, and cause-specific mortality for 249 causes of death, 1980-2015: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2015.”. Lancet 388 (10053): 1459–1544. doi:10.1016/s0140-6736(16)31012-1. PMC: 5388903. PMID 27733281. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5388903/. 
  6. ^ Salmonella”. World Health Organization. 2017年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月7日閲覧。

外部リンク編集

分類
外部リソース