メインメニューを開く

サレハ・ユーセフ・ファトヒーアラビア語: صالح يوسف فتحي‎ サーレハ・ユーセフ・ファトヒィ[1]1982年7月25日 - )は、エジプトの男子バレーボール選手。ギーザ出身。ポジションはウイングスパイカーエジプト代表

サレハ・ユーセフ
صالح يوسف
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍  エジプト
生年月日 (1982-07-25) 1982年7月25日(37歳)
出身地 ギーザ
ラテン文字 Saleh Youssef
アラビア語表記表記 صالح يوسف
身長 194cm
体重 90kg
選手情報
所属 エジプトの旗 ザマレクSC
ポジション WS
利き手
スパイク 348cm
ブロック 326cm
テンプレートを表示

来歴編集

9歳の時にテルサーナのクラブでバレーボールを始める。1999年、17歳の時にアル・アハリへ移るも、同年ザマレクへ入団。アル・アハリはザマレクとの契約前のほんの数ヶ月の在籍にとどまった[2]

ユースアフリカ選手権を2度制したのちエジプト代表に選出され、2003年アフリカ選手権で準優勝を経験、同年10月にナイジェリアで開催されたオールアフリカゲームズで優勝[2]。最年少19歳のサラーハに次ぐ若さで2003年ワールドカップ代表メンバーに選出された[3]

2005年アフリカ選手権では1983年大会以来22年ぶりのエジプトの優勝に貢献し、アフリカ王者として2005年ワールドグランドチャンピオンズカップに初出場。2006年世界選手権2007年ワールドカップのほか、2008年北京オリンピック出場を果たした。

2009年、ザマレクがアフリカクラブ選手権(アフリカンカップ)2連覇を達成し[2]、カタール・ドーハで19年ぶりに開催された世界クラブ選手権に出場[4]。同年アフリカ選手権3連覇を達成し、2大会連続ワールドグランドチャンピオンズカップに出場した。2010年ワールドリーグではエジプト代表のキャプテンも経験し[2]2010年世界選手権から大ベテラン・エルサフィの代表背番号1を引き継いだ。

球歴編集

所属クラブ編集

  •   ザマレクSC (1999- )

脚注編集

  1. ^ アラビア語ラテン翻字: Saleh Youssef Fathy
  2. ^ a b c d World League 2010 - Player's biography”. FIVB. 2010年9月18日閲覧。
  3. ^ Men's 2003 World Cup / EGY - Team Composition”. FIVB. 2010年9月18日閲覧。
  4. ^ FIVB Men's Club World Volleyball Championship / Zamalek - Team Composition”. FIVB. 2010年9月18日閲覧。

外部リンク編集