メインメニューを開く

サロニコス湾ギリシア語: Σαρωνικός κόλπος / Saronikós kólpos)は、ギリシャ中部にある、エーゲ海が形成するアッティカ半島、コリントス地峡アルゴリダ半島(ペロポネソス半島の一部)に囲まれている。

サロニコス湾
サロニコス湾の位置(ペロポネソス半島内)
サロニコス湾
サロニコス湾
サロニコス湾の位置(ギリシャ内)
サロニコス湾
サロニコス湾
Saronic Gulf map-de.svg
サロニコス湾地図(ドイツ語)
場所 エーゲ海地中海
座標 北緯37度45分 東経23度35分 / 北緯37.750度 東経23.583度 / 37.750; 23.583座標: 北緯37度45分 東経23度35分 / 北緯37.750度 東経23.583度 / 37.750; 23.583
ギリシャ

ギリシャの首都アテネは、湾の東北に広がるアッティカ平野の中央に位置している。

目次

名称編集

この湾は、サロニカ湾: Gulf of Saronica)やサロニック湾Saronic Gulf)、アエギナ湾Aegina Gulf)などの名称でも呼ばれる。

地理編集

この湾の北東角に位置するピレウスは、アテネ外港として知られる。湾の西北角ではコリントス地峡を貫いてコリントス運河が掘られており、コリンティアコス湾と水路で結ばれている。

 
ポロス島からのサロニコス湾眺望

下位の海域編集

  • ファレロン湾 (Phaleron Bay
  • エレフシナ湾
  • メガラ湾
  • ソフィコ湾
  • エピダヴロス湾

主要な島嶼編集

サロニコス湾には、サラミス島アエギナ島アンギストリ島ポロス島やそのほかの小島嶼が所在しており、サロニカ諸島と呼ばれる。

主要な流入河川編集

沿岸自治体編集

 
サロニコス湾

湾の北側はアッティカ地方、湾の西側はペロポネソス地方に属する。湾内のサロニカ諸島はアッティカ地方の所属である。また、湾の南側アルゴリダ半島のトリジナ(トロイゼーン)付近は、対岸であるアッティカ地方の飛び地となっている。

歴史編集

サロニコス湾周辺には考古学的な遺跡も多い。エピダウロスにある考古遺跡や、アエギア島のアパイアー神殿などである。

ペルシャ戦争の決戦として名高いサラミスの海戦は、この湾のピレウスサラミス島との間で繰り広げられた。

レジャー編集

セーリングは、サロニコス湾でも附近のアルゴリス湾でも同様に盛んである。夏季にエーゲ海諸島を北から吹くエテジアン(メルテミとも)という季節風は風力7にも達する激烈なもので、このシーズンにサロニコス湾はアッティカ本土からの一時的な避難所になる。

外部リンク編集