サロベツ原野

北海道の北部の豊富町と幌延町の海岸線沿いに広がる湿原

サロベツ原野(サロベツげんや)は、北海道北部(道北)にある豊富町幌延町の海岸線沿いに広がる湿原である。

パンケ沼と利尻富士。サロベツ原野の湖沼は泥炭地から滲出した鉄分を含み、赤く濁っている
サロベツ原生花園と利尻富士(2009年8月)

概要編集

独特の植生が豊富に見られることから、一部の区域は特にサロベツ原生花園と呼ばれることもある。200平方kmにも及ぶ広大な湿原で、2005年11月8日にはラムサール条約に登録された。

上サロベツ原野と下サロベツ原野に分かれ、後者は利尻礼文サロベツ国立公園の特別保護地区であり、ペンケ沼、パンケ沼といった沼地が点在する。泥炭性の低湿地であり、海岸砂丘とその背後にある宗谷丘陵によって阻まれた潟湖が、泥炭による長い堆積作用によって形成された。

また、国指定サロベツ鳥獣保護区(集団渡来地)に指定されている(面積2,560ha、全域が特別保護地区)。

観光施設として豊富町内にサロベツ湿原センター(みやげ物売場、食事施設併設)が、幌延町内に幌延ビジターセンター(近隣に無料展望台あり)がある。

日本の秘境100選の一つに数えられる。

地名の由来編集

アイヌ語の「サオペッ(サロペッ)[1]」もしくは「サオマッペッ(サロマペッ)[2]」、「サペッ[3]」に由来し、いずれも「原・にある・川」の意である[4]

湖沼編集

植生・植物相編集

その種類は100種以上にも及び、以下のような花が初夏〜初秋にかけて見られる。

動物編集

以下のような動物が見られる。

乾燥化の進行と自然保護編集

酪農の発展に伴う農地整備に伴い、乾燥化が進行し、クマザサなど乾燥性の植物が外部から侵入してきている。また、農地化に伴う泥炭地からの放水路の開削などに伴い、湿原の水位も低下してきている。

湿原保護の機運が高まり、放水路への地下水の流出を防ぐ取り組みが、地元や国の連携下、実施されるようになった[5]

自然再生事業が盛んに取り組まれているが、泥炭の形成は1年間に1mmという非常にゆっくりとしたものであり、湿原の再生には長期間を要する。

2020年には日本野鳥の会とNPO法人サロベツ・エコ・ネットワーク(豊富町)がシマアオジ保護地として原野のうち14.8ヘクタールを購入した[6]

サロベツ原野に関連する名称編集

愛称編集

ゆかりのある楽曲編集

交通アクセス編集

  • 鉄道…JR宗谷本線下沼駅豊富駅兜沼駅下車
  • バス…豊富駅より沿岸バスの稚咲内行きでサロベツ湿原センターへ行く事は出来るが本数は少ない。
  • タクシー・ハイヤー…豊富駅前及び幌延町市街に営業所がある。
  • 自転車…豊富駅に隣接した豊富町観光協会で自転車を借りることができる(有料)。

脚注編集

  1. ^ アイヌ語ラテン翻字: sar-o-pet
  2. ^ アイヌ語ラテン翻字: sar-oma-pet
  3. ^ アイヌ語ラテン翻字: sar-pet
  4. ^ アイヌ語地名リスト ゴ~シブ P51-60P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  5. ^ サロベツ・エコモー・プロジェクト上サロベツ自然再生事業(下部に環境省作成関連資料リンクあり)
  6. ^ 日本野鳥の会とサロベツ・エコ・ネットワークが「シマアオジ」の生息地14.8ヘクタールを購入 エキサイトニュース(2020年6月12日)2020年7月6日閲覧および『読売新聞』朝刊2020年6月17日北海道面「シマアオジの生息地 サロベツ原野を購入 日本野鳥の会など」。

関連項目編集