サロージ・カーン

サロージ・カーン(Saroj Khan、1948年11月22日 - 2020年7月3日)は、インド振付師ボリウッドで活動し、同映画産業の振付師の中でも指導者的な存在として知られていた[1]。40年以上のキャリアの中で2000曲以上の振り付けを手掛け、「インドのダンス/振付の母(The Mother of Dance/Choreography in India)」と呼ばれていた。2020年に入院先の病院で急死した[2][3][4]

サロージ・カーン
Saroj Khan
Saroj Khan
サロージ・カーン(2012年)
本名 Nirmala Nagpal
生年月日 (1948-11-22) 1948年11月22日
没年月日 (2020-07-03) 2020年7月3日(71歳没)
出生地 インドの旗 インド ボンベイ州英語版ボンベイ
死没地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ムンバイ
職業 振付師
配偶者 B・ソーハンラール英語版(1961年-1965年、離婚)
サルダール・ローシャン・カーン(1966年-2020年、死別)
テンプレートを表示

生涯編集

キャリア編集

 
ナショナル・フィルム・アワード最優秀振付賞を受賞するサロージ・カーン(2003年)

ボンベイ出身で、本名は「ニルマラ・ナーグパール(Nirmala Nagpal)」[5]。両親はインド・パキスタン分離独立後にパキスタンからインドに移住した。3歳から子役としてキャリアを始め、『Nazarana』で少女シャーマ役を演じ[6]、1950年代からはバックアップ・ダンサー英語版として活動した。サロージは仕事の合間にB・ソーハンラール英語版からダンスを学び、13歳の時に彼と結婚した[7]。結婚当時ソーハンラールは41歳で、すでに4人の子供がいた[7]。その後、サロージは振付師に転職して振付アシスタントを経て1974年に『Geetaa Mera Naam』で独立した振付師として製作に参加し、成功を収めた[7]。成功後は『Mr. India』『Nagina』『Chandni』でシュリデヴィの振り付け、『Tezaab』『Thanedaar』『Beta』でマドゥリ・ディークシットの振り付けを手掛け[8]、ボリウッドで最も成功した振付師の地位を確立した[6][9]

2005年にリアリティーショー『Nach Baliye』で審査員を務め、第2シーズンでも審査員を務めている。ソニー・エンターテインメント・テレビジョン英語版の『Ustaadon Ka Ustaad』にも出演している。2008年に『Nachle Ve with Saroj Khan』でホスト役を務め、『Boogie Woogie』ではジャーヴェード・ジャフリー英語版ラヴィ・ベール英語版と共演した。『Taarak Mehta Ka Ooltah Chashmah』でも審査員を務めている[10]。2012年にはPSBTと映画局が共同製作したサロージのドキュメンタリー番組『The Saroj Khan Story』が放送された[11][12]

死去編集

2020年6月17日にムンバイ・バンドラにあるグル・ナナク病院に入院し、7月3日に心停止により死去した[13][14][15]

受賞歴編集

出典編集

  1. ^ Ace choreographer Saroj Khan passes away due to cardiac arrest in Mumbai”. The Times of India (2020年7月3日). 2020年7月3日閲覧。
  2. ^ “Woman behind Bollywood's biggest dance numbers dies” (英語). BBC News. (2020年7月3日). https://www.bbc.com/news/world-asia-india-53274298 2020年7月3日閲覧。 
  3. ^ Shekhar, Himanshu (2020年7月3日). “Saroj Khan dead at 72, saroj khan Dies of cardiac arrest in Bandra Guru Nanak Hospital updates | Celebrities News – India TV”. www.indiatvnews.com. 2020年7月3日閲覧。
  4. ^ Saroj Khan passes away at 72: Madhuri Dixit, Akshay Kumar, Shabana Azmi, mourn choreographer's demise - Entertainment News , Firstpost”. Firstpost (2020年7月3日). 2020年7月3日閲覧。
  5. ^ Choreographer Saroj Khan passes away”. The Indian Express (2020年7月3日). 2020年7月3日閲覧。
  6. ^ a b Gulzar; Govind Nihalani; Saibal Chatterjee (2003). Encyclopaedia Of Hindi Cinema. Popular Prakashan. pp. 573. ISBN 978-81-7991-066-5. https://books.google.com/books?id=8y8vN9A14nkC&pg=PT597 2013年6月13日閲覧。 
  7. ^ a b c Birthday girl Saroj Khan married a 43-year-old man at the age of 13”. Orissa Post (2019年11月22日). 2020年7月3日閲覧。
  8. ^ 'Tamma tamma loge' got okayed in the 48th take: Saroj Khan”. Times Of India (2013年5月23日). 2013年6月13日閲覧。
  9. ^ Shoma A. Chatterji (2012年10月28日). “Diva of Dance”. The Tribune. 2013年6月13日閲覧。
  10. ^ Saroj Khan To Appear In 'Taarak Mehta Ka Ooltah Chasmah'” (English). Movie Talkies. 2020年1月28日閲覧。
  11. ^ “She’s the Dancing Queen”. Indian Express. (2012年4月1日). http://www.indianexpress.com/news/she-s-the-dancing-queen/931031/0 2013年6月13日閲覧。 
  12. ^ “The real 'Dhak Dhak' girl”. MiD DAY. (2012年6月15日). http://www.mid-day.com/lifestyle/2012/jun/150612-Mumbai-Guide-The-real-Dhak-Dhak-girl.htm 2013年6月13日閲覧。 
  13. ^ “Choreographer Saroj Khan passes away”. Indian Express. https://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/saroj-khan-dead-6473463/ 2020年7月3日閲覧。 
  14. ^ Saroj Khan Dead At Age 71: Famous Choreographer” (英語). EMEA Europe Middle East Africa Tribune (2020年7月3日). 2020年7月3日閲覧。
  15. ^ Suvarna, Joyeeta. “Ace choreographer Saroj Khan, 71, dies of cardiac arrest in Mumbai”. India TV. https://www.indiatvnews.com/entertainment/celebrities/breaking-saroj-khan-is-dead-at-72-mumbai-hospital-cardiac-arrest-631177 2020年7月3日閲覧。 
  16. ^ Desk, India com Entertainment (2020年7月3日). “Saroj Khan Passes Away at 71: Here's a List of Her Best-Choreographed Songs of The Dance Maestro” (英語). India News, Breaking News, Entertainment News | India.com. 2020年7月3日閲覧。

外部リンク編集