メインメニューを開く

サンウルブズSunwolves)は、ラグビーの国際大会「スーパーラグビー」において、2016年より参加している日本チームである。人材派遣会社のヒト・コミュニケーションズがオフィシャルチームスポンサーとなっており、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズHITO-Communications SUNWOLVES)と称している[1]

サンウルブズ
Sunwolves 2019a.jpg
秩父宮ラグビー場
(2019年4月19日撮影)
ユニオン 日本ラグビーフットボール協会
創設年 2015年
本拠地 日本の旗 東京都
グラウンド 秩父宮ラグビー場
シンガポール・ナショナルスタジアム
代表者 上野裕一
コーチ トニー・ブラウン
主将 クレイグ・ミラー
マイケル・リトル
最多キャップ 浅原拓真 (43)
最多得点選手 ヘイデン・パーカー (248)
最多トライ選手 セミシ・マシレワ (13)
所属リーグ スーパーラグビー
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
sunwolves.or.jp
ユニオンサイト
www.rugby-japan.jp
テンプレートを表示
一般社団法人 ジャパンエスアール
Japan SR Association
団体種類 一般社団法人
設立 2015年3月20日
所在地 東京都港区北青山2丁目2−5
法人番号 4010405013658
主要人物 業務執行理事 上野裕一
活動地域 日本の旗 日本
 南アフリカ共和国
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
オーストラリアの旗 オーストラリア
 ニュージーランド
活動内容 JRFUとSANZARとの間で締結したスーパーラグビー参加契約に基づく事業、試合の開催等(サンウルブズの運営)
テンプレートを表示


目次

歴史編集

スーパーラグビーは2016年度シーズンから参加チームが18に拡大するにあたり、ワールドカップ2019日本大会へ向けた選手のレベルアップを目標としてラグビー日本代表、及びそれに準じる代表候補の選手などで編成するチームを参加させる方針を決め、2016年度は「南アフリカカンファレンス第2組」(他に南アフリカ共和国から3チーム)のリーグ戦に加わる[2]

2019年3月21日、スーパーラグビーの主催団体は2020年度シーズンをもってサンウルブズをリーグから除外することを発表した。除外の理由については日本ラグビー協会からサンウルブズをスーパーラグビーに参加させるために財政的な支援を行う立場ではなく、またスーパーラグビーが日本代表の強化のための最善の策ではないと判断したしたためである。

チーム名称編集

この新チームの名称について、日本ラグビーフットボール協会2015年5月、チーム名を一般公募し、寄せられた愛称を、当時の日本代表ヘッドコーチ・エディー・ジョーンズらの意見を基に審査した結果、同10月5日、「サンウルブズ」とすることを決定した。チーム名は「日出ずる国」の日本を象徴する太陽と、小兵でも統率された群れで大きな敵に立ち向かおうとするオオカミを組み合わせたものとした[3]

ジャージ編集

サンウルブズがスーパーラグビーに参戦してからのジャージ

サンウルブスのジャージ
シーズン ホーム オルタネイト
2016
 
 
 
 
 
 
 
2016シーズンのホームジャージ
 
 
 
 
 
 
 
2016シーズンのオルタネイトジャージ
2017-18
 
 
 
 
 
 
 
 
2017-18シーズンのホームジャージ
 
 
 
 
 
 
 
 
2017-18シーズンのオルタネイトジャージ

成績編集

サンウルブズのシーズン成績
年度 試合数 得点 失点 順位 スローガン コーチ キャプテン
2016 15 1 1 13 293 627 18チーム中
18位
Break the Line マーク・ハメット 堀江翔太
2017 15 2 0 13 315 671 18チーム中
17位
Rise as One フィロ・ティアティア英語版 エドワード・カーク
立川理道
2018 16 3 0 13 404 664 15チーム中
15位
5 FOR TOP 5 IN 2018 ジェイミー・ジョセフ ヴィリー・ブリッツ
流大
2019 16 2 0 14 294 584 15チーム中
15位
WE ARE THE PACK トニー・ブラウン クレイグ・ミラー
マイケル・リトル

グラウンド編集

2017年シーズンまでは全15試合のうち、ホームゲームをそれぞれ2016年に8試合、2017年に7試合を主管し、そのうちの3試合はシンガポール共和国で、残り4~5試合は秩父宮ラグビー場で開催された。
2018年シーズンは全16試合中8試合をホームゲームとして行い、そのうち6試合が秩父宮ラグビー場、1試合がシンガポール共和国、1試合が香港で開催された。
2019年シーズンは全16試合中8試合をホームゲームとして行い、そのうち6試合が秩父宮ラグビー場、2試合がシンガポール共和国で開催される。

日本 東京 シンガポール カラン英語版
秩父宮ラグビー場 シンガポール・ナショナルスタジアム
収容能力: 24,871 収容能力: 55,000
   

チーム編集

2019年の選手編集

※国内所属、キャップ数はシーズン終了時(2019年6月15日) ※SR=スーパーラグビー、SW=サンウルブズ

コーチ編集

2019シーズンのコーチ

名前 役職
トニー・ブラウン ヘッドコーチ
コーリー・ブラウン アシスタントコーチ(アタック)
スコット・ハンセン アシスタントコーチ(ディフェンス)
マーティ・ヴィール アシスタントコーチ(スクラム)
大久保直弥 アシスタントコーチ(フォワード)

個人記録編集

脚注編集

注釈編集

関連項目編集

外部リンク編集