サンカヨウ(山荷葉、学名:Diphylleia grayi )は、メギ科サンカヨウ属多年草

サンカヨウ
Diphylleia grayi Sankayou in Ninomine hakusan 2009-9-6-25.jpg
サンカヨウ(両白山地ニノ峰・2009年6月撮影)
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: キンポウゲ目 Ranunculales
: メギ科 Berberidaceae
: サンカヨウ属 Diphylleia
: サンカヨウ D. grayi
学名
Diphylleia grayi
和名
サンカヨウ(山荷葉)

目次

分布と生育環境編集

本州中部以北から北海道大山サハリンに分布し、深山のやや湿った場所に生える[1]

特徴編集

高さは30~70cm。花期は5~7月。茎の先に直径2cmほどの白色のを数個つける。大小2枚つくフキのような形をしており、花は小さい葉につき、葉の上に乗っているように見える。大きい葉には花がつかない。花のあと、濃い青紫色で白い粉を帯びた実をつける。実は食用になり甘い。

解説画像編集

花と葉
2006年07月・富良野岳

2006年8月・尾瀬
大小2枚の葉と花
2008年6月・帝釈山
群落
2011年5月・伊吹山

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本の高山植物』 山溪カラー名鑑〈山溪カラー名鑑〉、1988年8月、p.431。ISBN 4635090191